スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Java Spring 理工系 専門書籍

和書 Java Spring
洋書 Java Spring
Java Spring

Java・J2EE・オープンソース Spring入門 ~より良いWebアプリケーションの設計と実装

発売日:
ランキング 39598 位  渋甘
商品レビュー  うまくまとめられた良書。 読む前提としてServlet+JDBCの経験は必要だと思う。 StrutsやHibernateの入門レベルの知識があるとなお良い。 本書の特筆すべき点は、 Webアプリケーションの概論・レイヤ化・各レイヤに対するSpringの当てはめ方が、 入門書として過不足の無い情報量で1冊にまとめられている事。 Seasarの青本でも同様の事を説明しているが、このあたりの説明は本書の方が秀逸。 本書は入門書なので、SpringやWebアプリの全てをこの1冊で理解しきれるものではない。 が、さまざまな方向(各フレームワーク・設計・TDD・他のDIコンテナ等々)へ知識を伸ばす土台となる。 唯一の難点は、プレゼンテーションからデータアクセスまで、完結したサンプルが用意されていないこと。(-1の理由) 読破した後の総仕上げとして、各章で学んだ知識で1つのWebアプリを作ってれば、良い演習になる。
商品レビュー  最近、DIとかAOPとか、 Javaプログラマの間では流行語になっています。 そんなかでも有名どころは 本書が解説する「Springフレームワーク!」 この本は、Springと呼ばれる新種のJ2EEフレームワークに とどまらず、WEBサーバの構築方法に関する手段および 考え方を、いろいろ書いていてよかったです。 これから、ちょいとサーバを、おったててみるかにゃ!?と おもった一冊! モトとったナリ♪
商品レビュー  あちらこちらにSEとしての著者の理念がちりばめられているところに好感が持てる。これから一人前のSEを目指そうという人にはよい刺激になるだろう。 ただし本書は「Spring入門」だが、Javaの他のフレームワークを使ったことがないと、Springの有り難みが沸かないだろう。私のようにJavaは知っているけれど、J2EEやStrutsの様なフレームワークを使ったことがない人には「入門」とはいえ敷居が高い。ページ数が少ないわりには内容が盛りだくさんなので個々の記述がかなり簡素になっていて少々物足りない。入門ではあるが他のフレームワークを使用した経験がある人向けの入門書であるため、Java初心者は注意のこと。

Java Spring

はじめてのJavaフレームワーク―Struts/Spring/Hibernate対応

発売日:
ランキング 101714 位  渋甘
商品レビュー  ここに書いてある内容は、すべてサイトにあるような内容です。 むしろ、サイトの方が充実していますし、説明も親切です。 さわりだけを知りたくて、サイトよりも本が良いという人にはいいかもしれません。 ただ、仕事で使うレベルになるためには、個別の技術の本をさらに購入して 勉強する必要があるでしょう。 私なら、ここに書いてある程度の内容はサイトで調べてから、もっと詳しい内容の 本を購入すると思います。
商品レビュー  Javaのフレームワーク関係の書籍は色々と読みましたが、この本のように、サンプルコードがちゃんと動作する本は他にないと思います。 僕のような初心者でも、この本の通りにやったらウェブアプリが作れました。 最後の章の「中規模アプリケーションの開発」は、結構大変だったのですが、作っていて楽しかったです。 Eclipseプラグインの使い方も細かく説明されているので理解も出来たし、これなら仕事にも応用が出来る気がしてきました。 本のサンプルと同じようにコーディングしながら勉強して行きたい初心者の方に、ぜひおすすめしたい良書です。

Java Spring

Light Weight Java―JSF/Hibernate/SpringによるフレームワークでWebアプリケーションの開発効率向上

発売日:
ランキング 148549 位  渋甘
商品レビュー  とにかく平易で適切、論理的な日本語の記述がすばらしい。技術系の書籍でこれほど読みやすい本も少ない。 著者がJSFのフリー実装であるMyFacesの日本語化に関わっていることもありJSFの解説はすばらしい。ただし、全ページの半分がJSFの解説に当てられており、肝心のSpringに関しては20ページしか割かれていない。この本だけでJSF/Hibernate/SpringのWebアプリケーションが理解できるとはとうてい思えない。特に、それぞれをどのように連携させるかの記述が浅く、タイトルと内容が一致していない。 しかしながらJSFの入門書だと割り切れば、星5つだとおもう。
商品レビュー  JSF、Hibernate、Springなど、最近よく耳にはするJavaの最新技術・ツールについて、手っ取り早く概要がつかめる本です。私も含め、「流行(?)についていくために勉強しなきゃと思ってるんだけど、あまり時間がとれない・・・」という現場SE・プログラマに最適だと思います。また、個々のツールの解説が他の専門書よりも薄いのですが、それらをどう組み合わせてWebアプリを開発するかが解説されているので、実際の開発でそれぞれのツールを使うかが具体的にイメージしやすくなりました。「よしこれから使ってみるぞ!」という気にさせてくれました。さらに一歩踏み込んだ解説が必要であれば、専門書の方を合わせて読んだ方がよいと思いますが、最初の一歩はこの本で十分でしょう。そういう意味で、星5つとしました。
商品レビュー  この本は、JSF/Hibernate/SpringでのWebアプリの開発効率向上をうたっていますが、それぞれの技術を均等に解説しているわけではありません。本書の概要は以下の通りです。1.JSFの解説はかなり充実してます。これがこの本のメインディッシュです。2.Hibernateの解説では、Hibernateの基本部分をさらっと説明している程度です。が、DBスキーマからマッピングファイルやPOJOを生成するツール(middlegen)の使い方が載っているのは参考になります。3.Springの解説も、Hibernateと同じく基本をさらっと解説している程度です。JSFをメインに学びたい人にはお勧めしますが、SpringやHibernateを詳しく学びたい人にはかなり物足りない内容だと思います。

Java Spring

Spring

発売日:
ランキング 304302 位  渋甘
商品レビュー  本の厚さにして1cm強の薄い本で気軽に読めます。Springで何が出来るのかをサラッと紹介している本です。逆に言えば実装技術を解説しているわけではありませんので、これ一冊で実装者になるのは不可能です。おそらく著者も、そんなことを意図してはいないのでしょう。その例を幾つか挙げてみます;1.DIの解説部分でSinglton属性の解説がありません。2.ですから当然のごとく、Webフレームワークのスコープ管理との違いも書かれていません。3.ORMの解説で、DataSourceの解説がありません。サンプルソースを見せているだけです。4.トランザクションの解説で「TRANSACTION_REQUIERED」が何かを解説していません。これもサンプルスースを見せるのみです。こんな感じなので、もしこの本を購入するなら「Spring紹介書」と割り切って購入すべきです。実装技術の取得は期待できませんので。個人的に面白かったのはSpringリッチクライアントの紹介でした。Springってこんなことまで手を伸ばそうとしているのですね。採点を辛口にしたのは、「期待したより内容が薄かった」という気持ちからです。以上。
商品レビュー  本の厚さにして1cm強の薄い本で気軽に読めます。Springで何が出来るのかをサラッと紹介している本です。逆に言えば実装技術を解説しているわけではありませんので、これ一冊で実装者になるのは不可能です。おそらく著者も、そんなことを意図してはいないのでしょう。その例を幾つか挙げてみます;1.DIの解説部分でSinglton属性の解説がありません。2.ですから当然のごとく、Webフレームワークのスコープ管理との違いも書かれていません。3.ORMの解説で、DataSourceの解説がありません。サンプルソースを 見せているだけです。4.トランザクションの解説で「TRANSACTION_REQUIERED」が何かを解説していません。これもサンプルスースを見せるのみです。こんな感じなので、もしこの本を購入するなら「Spring紹介書」と割り切って購入すべきです。実装技術の取得は期待できませんので。個人的に面白かったのはSpringリッチクライアントの紹介でした。Springってこんなことまで手を伸ばそうとしているのですね。採点を辛口にしたのは、「期待したより内容が薄かった」という気持ちからです。以上。
商品レビュー  本の厚さにして1cm強の薄い本で気軽に読めます。Springで何が出来るのかをサラッと紹介している本です。逆に言えば実装技術を解説しているわけではありませんので、これ一冊で実装者になるのは不可能です。おそらく著者も、そんなことを意図してはいないのでしょう。その例を幾つか挙げてみます;1.DIの解説部分でSinglton属性の解説がありません。2.ですから当然のごとく、Webフレームワークのスコープ管理との違いも書かれていません。3.ORMの解説で、DataSourceの解説がありません。サンプルソースを 見せているだけです。4.トランザクションの解説で「TRANSACTION_REQUIERED」が何かを解説していません。これもサンプルスースを見せるのみです。こんな感じなので、もしこの本を購入するなら「Spring紹介書」と割り切って購入すべきです。実装技術の取得は期待できませんので。個人的に面白かったのはSpringリッチクライアントの紹介でした。Springってこんなことまで手を伸ばそうとしているのですね。採点を辛口にしたのは、「期待したより内容が薄かった」という気持ちからです。以上。

関連ページ:
渋甘: Spring Java

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

model LRT Tokyo Takei electric world cars trams freestyle tram Maeda 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。