スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hibernate 書籍

和書 Hibernate
洋書 Hibernate
Hibernate

HIBERNATE イン アクション

発売日:
ランキング 51341 位  渋甘
商品レビュー  この本は、HIBERNATEの解説書というよりは、HIBERNATEを題材としたORMの解説書ととらえて欲しい。日本語で読めるHIBERNATEの参考書としても秀逸だが、この本だけでHIBERNATEを使いこなせるわけではない。 ORMの議論に関しては、モデリング、継承、フェッチ、デザイン・パターンなど、ORMで課題となる、あるいは知っておかなければならない戦略について広く、そして深く掘り下げて丁寧に解説している。ORMを用いた設計パターンを学びたい人には絶対の自信を持って勧めたい。HIBERNATE以外のORMを使う予定であっても一読を勧める。良書である。 読者のレベルとしては、やはり初歩的なRDBの知識を持っていた方がよいと思うが、「SQLは見るのも嫌い。オブジェクトだけで永続化を使いたい」という人でも努力次第で何とか読破できる。 最後になるが、和訳も☆5つのレベルである。すばらしい。
商品レビュー  この本はHibernateの使用法だけではなく、ORMにおける問題点と それらに対するHibernateを使用した解決方法を提示しています。 たとえばJavaの継承関係とDBマッピングの問題、 関連に対する実装方法、パフォーマンス、バージョニング等 実開発における考慮すべきことをほぼ網羅していると思います。 Hibernateを使わなくてもWeb系開発者には必須の本だと思います。 問題点はこの本はHibernateを初めて勉強する人には 難しいかもしれません。 その場合は「Hibernate 開発者ノートシリーズ」を購入すると よいと思います。

Hibernate

はじめてのJavaフレームワーク―Struts/Spring/Hibernate対応

発売日:
ランキング 101714 位  渋甘
商品レビュー  ここに書いてある内容は、すべてサイトにあるような内容です。 むしろ、サイトの方が充実していますし、説明も親切です。 さわりだけを知りたくて、サイトよりも本が良いという人にはいいかもしれません。 ただ、仕事で使うレベルになるためには、個別の技術の本をさらに購入して 勉強する必要があるでしょう。 私なら、ここに書いてある程度の内容はサイトで調べてから、もっと詳しい内容の 本を購入すると思います。
商品レビュー  Javaのフレームワーク関係の書籍は色々と読みましたが、この本のように、サンプルコードがちゃんと動作する本は他にないと思います。 僕のような初心者でも、この本の通りにやったらウェブアプリが作れました。 最後の章の「中規模アプリケーションの開発」は、結構大変だったのですが、作っていて楽しかったです。 Eclipseプラグインの使い方も細かく説明されているので理解も出来たし、これなら仕事にも応用が出来る気がしてきました。 本のサンプルと同じようにコーディングしながら勉強して行きたい初心者の方に、ぜひおすすめしたい良書です。

Hibernate

Hibernate

発売日:
ランキング 112920 位  渋甘
商品レビュー  HiberNate2.xの解説としては問題ないが、既にHiberNateは3.xに バージョンアップしているので、一部内容が古いです。
商品レビュー  Java2 5.0 の新機能の説明ですが,説明の仕方が面白いです。翻訳家の文章力もあると思います。 「それではこれはどうか」という見出しがたくさんあります。こんな見出しを使うのは,見出しに意味がないということで掟破りです。しかし,書いてあることが面白いです。5.0 に興味がある人であれば,この本に書いてあることはとても楽しく読めるでしょう。
商品レビュー  物足りなさがある。Hibernateを使ってできることの半分も表現しきれていない感じである。もっと突っ込んだ使い方などの説明が欲しい。とは言え、この値段でこの薄さでは上記はまるで現実的でない希望だろう。初心者向けとしては割りとよく出来ていると思う。

Hibernate

Light Weight Java―JSF/Hibernate/SpringによるフレームワークでWebアプリケーションの開発効率向上

発売日:
ランキング 148549 位  渋甘
商品レビュー  とにかく平易で適切、論理的な日本語の記述がすばらしい。技術系の書籍でこれほど読みやすい本も少ない。 著者がJSFのフリー実装であるMyFacesの日本語化に関わっていることもありJSFの解説はすばらしい。ただし、全ページの半分がJSFの解説に当てられており、肝心のSpringに関しては20ページしか割かれていない。この本だけでJSF/Hibernate/SpringのWebアプリケーションが理解できるとはとうてい思えない。特に、それぞれをどのように連携させるかの記述が浅く、タイトルと内容が一致していない。 しかしながらJSFの入門書だと割り切れば、星5つだとおもう。
商品レビュー  JSF、Hibernate、Springなど、最近よく耳にはするJavaの最新技術・ツールについて、手っ取り早く概要がつかめる本です。私も含め、「流行(?)についていくために勉強しなきゃと思ってるんだけど、あまり時間がとれない・・・」という現場SE・プログラマに最適だと思います。また、個々のツールの解説が他の専門書よりも薄いのですが、それらをどう組み合わせてWebアプリを開発するかが解説されているので、実際の開発でそれぞれのツールを使うかが具体的にイメージしやすくなりました。「よしこれから使ってみるぞ!」という気にさせてくれました。さらに一歩踏み込んだ解説が必要であれば、専門書の方を合わせて読んだ方がよいと思いますが、最初の一歩はこの本で十分でしょう。そういう意味で、星5つとしました。
商品レビュー  この本は、JSF/Hibernate/SpringでのWebアプリの開発効率向上をうたっていますが、それぞれの技術を均等に解説しているわけではありません。本書の概要は以下の通りです。1.JSFの解説はかなり充実してます。これがこの本のメインディッシュです。2.Hibernateの解説では、Hibernateの基本部分をさらっと説明している程度です。が、DBスキーマからマッピングファイルやPOJOを生成するツール(middlegen)の使い方が載っているのは参考になります。3.Springの解説も、Hibernateと同じく基本をさらっと解説している程度です。JSFをメインに学びたい人にはお勧めしますが、SpringやHibernateを詳しく学びたい人にはかなり物足りない内容だと思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

world cars Tokyo model Takei trams electric Maeda LRT freestyle tram 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。