スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBoss 書籍

和書 JBoss
洋書 JBoss
JBoss

楽しいJava・オープンソース JBossでWeb+DB開発してみませんか?

発売日:
ランキング 97764 位  渋甘
商品レビュー  これからJbossでWebアプリケーション開発をするという初心者の開発者なら、迷わず買いだ。 例題サンプルも豊富に掲載されており読み応えがある。例題の解説、環境構築方法なども丁寧に詳説されていて、動かしながら勉強できる。
商品レビュー  オープンソースのアプリケーションサーバーJBossを使用したEJBによるWeb+DBのシステム構築の実践的な解説書。オープンソースでありながらホットデプロイなどのすばらしい機能をもったJBossの利点が解き明かされており、読んでいると自分も使いたくなってしまう。また、利点は多いが問題も多い技術であるEJBについて、本書はうまく利点を引き出す一つの解を提示してくれていると思う。Web+DBのシステム構築は時間とカネがかかる。企業がシステム構築する場合、ビジネスの中核となる外部向けWebサイト構築には十分な開発予算を割り当てることがでてきも、社内向けシステム構築は低予算で人的リソースも十分に割けない場合が多いだろう。また、システム構築は失敗するリスクもある。そのため、システム化されないまま、EXCELなどによる手作業に頼った非効率な運用を強いられている場合が多いのではないだろうか。本書は低予算で高機能なWeb+DBシステムの一つの構築事例の解説書としてかなり有用だと思う。本書を参考にすれば、新規のシステム構築を検討する際に強いられる調査と試行錯誤の手間がかなり削減できると思う。

JBoss

JBoss入門 オープンソース Java・EJB

発売日:
ランキング 43445 位  渋甘
商品レビュー  最近すごいですね。 JBossの力。 JBossってなあに? って方にもおすすめな入門書です。 JMXとはなんぞや? Microカーネルってなあに?って方にもオススメの良書です。 JBossを専門に扱った本は少ないですが これは、全体的に網羅されていて、おすすめなレベルになっています。 あ、ちなみに最新版のJBossはコードネームがZionなので ガンダムファンとしてはそそられます♪
商品レビュー  ejbを苦労しながらマスターした方がその理解した過程を自分の記憶の整理のために 覚え書きとして纏めたものから更に抜粋したもの というような印象の書物だと思います。 また、webで公開されている第一刷正誤表にあるような誤りが他にも沢山あるのではないかと思います。 「断片的」「唐突」「混乱」「疑念」という印象が常についてまわりました。 ejbの経験がある方が見れば「入門書としては盛りだくさんでツボをおさえてるな」という印象をもたれる方が中には いるかもしれません。 しかし、サーブレットやJSPをある程度経験し、次はEJBを始めて勉強したいと思っている方に対しては かなりの精神力を必要とする入門書だと思います。 本書で一通り学習し、その後であらためて本書の「はじめに」の「謝辞」を見て個人的に納得。 最初はどうであれ、混乱の中で途中から 「とにかく期限までに本を出版すること」が目的になってしまったのではないでしょうか? 入門者とは、ただでさえ「不安」だったり「手探り」だったりするものです。 入門者の立場に立った入門書の製作を期待します。 扱う対象が対象なのでしょうがないことかもしれませんが 「jboss入門書」or「jbossを使ったejb入門書」or「ejb入門書」どれなのか コンセプトがあいまいな気もします。
商品レビュー  JBossを使ってみたい人には、これで十分。EJBの概要も書いてありますが、物足りないと思います。EJBの概念を把握するため、「Mastering Enterprise JavaBeans」のような本を読んだ方がいいと思います。例の図書館システムを作りながら、JBoss・EJB・Ant・XDocletの勉強ができます。しかし、誤記が多すぎます。訂正は、その本のホームページで記述されていますが、実際にもっとあります!出版する前に、ちゃんとチェックしてほしい。CDに入っているソースも修正されましたので、技術評論社のホームページをぜひ参照してください。

JBoss

JBoss

発売日:
ランキング 294792 位  渋甘
商品レビュー  とても複雑なJBossシステムをたかだか150ページの書籍で理解させようという企画に無理がある。とりあえずJBossってなに?というのを知ることはできるが、JBossを理解するにはほど遠い。購入するときは必ず内容を確認してからの方がよい。アマゾンで買うと損をした気になる。

JBoss

Javaオープンソース徹底攻略―Eclipse,JBoss,Tomcat,Strutsから最新のXML/WebServicesまで

発売日:
ランキング 210628 位  渋甘
商品レビュー  1.エクリプスのGUIプラグインがいくつかでているにも関わらず、一切書いていない。2.UNIX系ユーザーを完全に無視している。この2点以外は、他のレビュワーの方とほとんど同じ意見です。
商品レビュー  Java関連では、数多くのオープンソースプロジェクトが存在しています。これは嬉しいことです。しかし、どんなプロジェクトが存在し、どのように使用するのか…という事が分かりづらいのが現状です。そんな時におすすめなのがこの本です。オープンソースプロジェクトの1つであるEclipseをメインとし、それに関する数多くのプロジェクトを扱っています。しかも、図が多いので、簡単に理解することが出来るでしょう。ただし、数多くのプロジェクトを扱っている分、1つ1つの内容は薄い物となっています。この本で、興味のあるプロジェクトを探し、更に深く知りたい場合は自分で他の資料を調べる…という使い方がベストなのではないでしょうか。広く浅い内容のため、Javaやeclipseの入門者には最適な本です。これからeclipseを使ってみようと思う方は、持っていて損のない1冊です。
商品レビュー  ①Eclipse, J-Boss, Tomcat , MySQLでDBとの連携するWebアプリケーションを作る②CSV,JUnitの利用③Strutsを利用したWebアプリケーション④Xercesを利用したXMLプログラミング⑤Axisを使ってWebサービスを作るという内容が中心です。インストール、設定、ソースコードの説明です。その他のオープンソースについては、少々というレベルです。どれも「こんなことが、できるんだ!」という紹介レベル、入門レベルの内容だと思います。字も大きくて、読みやすし、わかりやすい本でした。

JBoss

EclipseによるJavaプログラミング詳解JBoss、Tomcat、PostgreSQL―オブジェクト指向の基礎からEJB開発まで

発売日:
ランキング 213878 位  渋甘
商品レビュー  Eclipse本の多くはWindowsでの解説しかなく、Linuxで使おうと思うと選択肢が限られてきます。この本もWindowsでの解説が中心ですが、比較的Linuxでの開発に触れられています。(ツールも一通り揃ってる。他の本では無いか不十分。) 著者はWindowsオンリーのユーザーにもLinuxでの開発を勧めてますが、それは少し敷居が高いようです。Eclipseの解説だけでなく、Java技術の話についても著者の視点で強く触れ、特色ある本です。サーバーサイトも含め、ある程度Javaをわかってないと読みこなすのはキツいと思います。使用例は十分こなせるでしょうが、それだけでは買う価値があるかどうか、、
商品レビュー  Eclipseの書籍はいろいろとありますが、この本はちょっと趣向が違います。私は、Eclipseを使うにあたって先に他書を購入したのですが、その本では使い方はある程度わかるもののうまく使いこなせませんでした。それで、さらに丁寧に解説している本ということで本書を購入しました。読んでいくとわかるのですが、ねらっているところはEclipseの単なる解説本ではなく、Eclipseを使ってJavaをより理解しようというところに力点が置かれています。つまり、Eclipseはツールであり、一番大切なのはそれによってプログラミング出来ることであるというのです。事実、他書では複数の著者が担当されていてひとつの話としてつながっていませんが、本書は著者ひとりで書かれていて目的をもちながら先へ進んで行きます。結局、マニュアル的に使おうとした本書ですが、Javaの教則本という意味でとても参考になっています。Eclipseを使ってみたいというよりもJavaを勉強しようと思っている人にこそ最適だと思います。

JBoss

WEB+DB PRESS Vol.16

発売日:
ランキング 328167 位  渋甘

JBoss

EJB+J2EE入門―JBossとStrutsで作るWebアプリケーション

発売日:
ランキング 297411 位  渋甘
商品レビュー  JBoss+Strutsでの参考文献はほとんどないなか、この本を手にし、正直あまり期待はしていませんでした。しかし、EJBの基本(約束事など)がとてもわかりやすく基本から記述されており大変参考になりました。JBoss+Strutsについても欲しかった技術情報が記載されておりとても助かりました。EJBってよくわからない。と言う人や、EJB+Strutsの開発を行う人には最適な一冊だと思います。
商品レビュー  EJBってどんなもの?から、EJBの作り方(お作法)、EJBとStrutsで作るアプリケーションの例、EJBを使うとき必要になる知識(JNDIとかトランザクション管理とか、セキュリティ関係など)からなります。サンプルは、ショッピングカートの例がある程度です。ソースは、少ないです。その分、文章が多いです。解説は、ほとんどEJB部分だけです。副題にある、Strutsの話題は、ほとんどありません。EJBとどうつなぐか?が、パターンとして示してあるだけでした。JBossの話題もほとんどありません。話の部分が多いこともあり、JBoss知らなくても、なんとかなりました。Strutsも、知らなくても、なんとかなると思います。JBossのインストール方法!など、インターネットでも見りゃいいよ!と言うレベルの話がほとんどなくて、良かったです。仕事で参照する本というより、EJBって何、どう使うの?という時読む本でしょうか?初心者にも、わかりやすかったです。

関連ページ:
渋甘: JBoss

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

world freestyle electric Tokyo Takei tram trams Maeda LRT cars model 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。