スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WSH 書籍

和書 WSH
洋書 WSH
コンピュータに仕事をさせるには指示を与える必要がある。指示の与え方は大別して2通りある。ひとつは、人が直接指示する。 もうひとつは、予め書かれた手順によって指示する。かつては、直接的なヒューマンインタフェースを持つコンピュータのほうが珍しかったのだが、現在ではこっちのほうが主流になっている。 とはいえ、長期的に、効率的に、あるいは安定的にコンピュータを動かすためには、予め書かれた手順(スクリプト)での指示は欠かせない。 ということで、このWSHです。
WSH

WindowsサーバーHacks―管理者必携のテクニック&WSHスクリプト100選

発売日:
ランキング 22187 位  渋甘
商品レビュー  基本的にWindows2000 Server環境を中心に取り上げられているけれども、Windows Server 2003でも問題無く転用できる内容だと思います。 <br />複雑な作業、反復作業に関する、GUIに依らない、スクリプトなどを利用した効率化が本書のテーマです。ちょっと深いTips集と言ったところでしょうか。 <br /> <br />内容は、AD関連からIIS、セキュリティからパッチ適用、バックアップまで網羅された100のHACKSが紹介されています。それぞれの話題について、お馴染みのShellによるコマンド実行から、WMI、ADSIを活用したスクリプトとそのコード解説。あると便利、知っておくと便利なツールやサイトの紹介が中心です。 <br /> <br />社内SEとしてWindows環境の運用に携わっている人には有用な本ではないかと思います。おそらく、GUIでは操作できるけれども、スクリプトで自動化するにはどうしたら良いのか?と、詰まったところで開いてみる時に始めて有用となる本なのだと思います。 <br /> <br />読むと良いのではないかなと思うのはこんな人。 <br /> <br />1.職種転換などで、他の分野から運用へ回されたエンジニア。 <br />2.一通りの運用業務はこなせているけれども、何か物足りない人。 <br />3.スクリプトは書けるけれども、どんなスクリプトが運用に必要なのかさっぱりな人。 <br /> <br />かと言って、全く初めての人はダメ。例えば、新卒でこれから運用業務を担当しますよ、と言った人には向かない本でもあります。
商品レビュー  HACK本シリーズのWinサーバ版です。<br>本の紹介では特に明記はしていませんが、2000と2003が対象になっています。<p>通常の解説本やマイクロソフトの技術情報だと、<br>「単一の機能について」の「設定方法」<br>しか書いていないため、実際にサーバを管理・運用する上での具体的な方法がわかりにくいところがあります(ひどいものだと、画面貼り付けと設定手順を載せているだけです)。<p>しかし本書では、実際の運用で必要なテクニックやツール、サイトについて説明されています。<br>また、「このように使いたいんだけど、どのように設定すればいいのか?」といった場合に、いわいる「逆引き」的に本書を参照することもできます。マイクロソフトの技術情報を見ても、断片的・分散された形でしか提供されていなかったものが、本書ではHACKの1項目だけで一発で理解することが出来たのもあります(例:HACKの10、95など)。<p>HACKの大半がスクリプトのため、初心者には向きません。もちろん、サーバを扱うと言う時点で、初心者は少ないのかもしれませんが。<p>ただし、XPのHACK本同様の欠点があります。<br>1)日本語訳の不備<br>またまた直訳です。読んでいて元の英語の文章が想像できて笑いました。<br>2)日本語環境での検証不足<br>画面貼り付けこそ日本語ですが、URLやスクリプトは英語のものばかり。スクリプトは米国サイトからはDLできますが、日本語サイトにはありません。日本語サイトでもいいので、更新情報を掲載してほしいです。<p>なので、日本語版の欠点を差し引いて星四つです。
商品レビュー  初めてWindowsサーバーに触れる人には多少難しいかもしれない。<br>しかし、少しでも触れたことがある人、またWSHを少しでも覚えたい人には、<br>打って付けの一冊だと思います。<br>中に書いてあるWSHのコードは長いですが、オライリーのサイトからも落とせますので、<br>気軽に買ってみてはどうでしょうか?<p>特に新入社員で管理者の補佐をやってるような方、買いですよ!

WSH

WSHクイックリファレンス 第2版

発売日:
ランキング 26616 位  渋甘

WSH

Wshクイックリファレンス

発売日:
ランキング 157044 位  渋甘
商品レビュー  WSHはWindowsを自動化したり拡張するためのソフトウェア。 <br />VBScriptやJavaScript、PerlやRubyなど多彩なプログラミング言語でWindowsを操作するためのものです。 <br />他に特別な開発ツールは要らず、書いたらすぐ実行でき、プログラムのサイズも小さくできます。 <br /> <br />たかだかファイル名を変えるだけのプログラムがメモリを何メガバイトも使うことに納得のいかない人や、Windowsの操作を自動化したい人はWSHを使ってみてはどうでしょうか? <br />もっとWindowsを使いこなすことができるでしょう。 <br /> <br />WSHの書籍はあまり多くありません。 <br /> <br />その中で、この本はリファレンスとしての内容が豊富ですし、すぐに試せるサンプルはWSHをはじめる動機付けにもなります。 <br /> <br />日本語版の第二版が出版されました。 <br />マイクロソフトが提供しているオンラインヘルプも併用して、Windowsを本当の意味で使いこなしてみませんか。
商品レビュー  Windows系OS標準のスクリプトファイルと言えばbatファイルが有名ですが本書で解説されているWshは次世代のbatと考えてください。<p>本書で解説されている内容はWshで採用されているスクリプト言語であるJScript、VBScriptの文法から、Wshで何が出来るか、何に使えばいいか等幅広く解説されています。<p>また、batファイルを書いたことがない方やVB系やJAVA系の言語に触れたことがない方でも学びやすいように豊富なサンプルが紹介されており、出版社のサイトからダウンロードも可能な点がめんどくさい事が嫌いな私にはとても便利でした。<p>Wshをじっくり学びたい方も、手軽に学んですぐ使いたいという方まで使える一冊だと思います。

WSHで楽しむ!!Windows95/98/NT4.0版ウィンドウズ・スクリプティング入門 VBScript編―極楽プログラミングからWindows上のバッチ処理まで

発売日:
ランキング 774117 位  渋甘
商品レビュー  以前からWSHに興味があり、Windows上でもScriptでファイルをバッチ処理をしたいと思っていました。MSのサイトからリファレンスやWin98用のWSHをダウンロードして勉強していましたが、やはり本という媒体にはかなわないだろうと思いこの本を購入しました。<p>感想として残念ながら内容は古いと思われます。現在はXML形式でWSFファイルにJS及びVBSを書き込むスタイルになっていますし、肝心のファイル操作等が詳しく書いてありません。AWKやPerlの本の様にテキスト処理に特化した内容のものがほしかったのでがっかりです。

関連ページ:
渋甘: WSH

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

world model cars tram trams LRT freestyle Takei electric Maeda Tokyo 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。