スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Access 書籍

和書 Access
洋書 Access
ソフトウェア Access

パーソナルシステムとしてだけではなく、ビジネスにも使われているMicrosoft社のリレーショナルデータベースシステムAccess。元々、金融系に強いといわれていたSybaseの流れをくむ製品である。
Access

Access VBAプログラミング開発工房 入門・基礎編

発売日:
ランキング 2646 位  渋甘
商品レビュー  仕事上、クエリや関数、マクロだけではどうしても処理できない複雑な集計をすることになり、AccessのVBAを勉強しようと一念発起しました。そして、(2000対応の)VBA入門書を数冊読みました。しかし、どの本も基本から優しく解説されてはいるものの、構文と簡単な例題の解説に終始していました。 まるで「歴史年表を機械的に覚えさせられている」かの如く、こちらの理解度などおかまいなしに進むので、優しく解説されている割に頭に残りませんでした。 ところが、この本では更に一歩踏み込んで、「If Then Else文、For Next文、Do Loop文でどんなことができるか」まで解説しています。その例題も、簡単なプログラムに少しずつ肉付けしながら、「どうしたら○○を実現できるか」を読者と一緒に考えていくスタイルなので、とてもわかりやすかったです。 例題は付録CD-ROMに収録されていますが、完成版ではないので、自分でプログラムを入力し、結果を確認しながら進められるところも気に入りました(人によっては面倒と感じるかもしれませんが)。 また、「なぜ○○するのか」という理由を丁寧に説明してくれるので、構文丸暗記型の他書とは理解度に大きな差が出ます。イミディエイトウィンドウの使い方や、「今開いているデータベースのテーブルを処理の対象にする方法」まで解説されている点も、他書に比べて現実的かつ実践的だと思います。 VBAについては本当に基本的な部分しか解説されていませんが、「初めてAccessのVBAを学ぶ方の取っ掛かり」としては、この本がベストだと思います。 一般的なパソコン書とは切り口が異なり、「VBAを日本語になぞらえて」解説している点も、わかりやすくてオススメです。
商品レビュー  書かれている内容量は多くありませんが,語りかけるような口調なので,これまで学習が中途半端に終わっていた人には再開のきっかけになる本です。少しだけでもAccessを触ったことがある人向きです。
商品レビュー  もともと、著者のホームページを何回も訪れて、スミズミまで見ていたので、すぐに買いました。やはり分かりやすく、初心者にも十分理解できます。

Access

Access VBAプログラミング開発工房 データベース構築実践編

発売日:
ランキング 2866 位  渋甘
商品レビュー  データベースには色々なパターンがありますが、この本では大きく次の三つに分けて解説しています。 (1)データ更新型(常に最新のデータを保持する)
(2)データ蓄積型(履歴を蓄積して計算によりデータを取り出す)
(3)データ取り込み型(外部からデータを取り込んで最新の状態にする)
どのパターンの解説を見ても、Accessデータベースを学ぶテキストとして優れていますが、私には特に(2)データ蓄積型が参考になりました。具体的には、消耗品の在庫管理データベースを作成して、毎年どの消耗品がどれくらい使われるか、どの消耗品にいくら支払ったかの統計を取って、予算管理に役立てようというものです。 商品販売業では、全社的に大掛かりなシステムが導入されていることと思いますが、業務上必要な備品や消耗品を管理する程度では、多額の費用を投入してまで在庫管理システムを導入する会社はないでしょう。 私の職場においても、今までは担当者がエクセルで在庫管理を行っていました。しかし、消耗品の種類や分類(電球や印刷など)が増えるとワークシート管理では面倒極まりないので、思い切ってAccessでデータベースを構築しようと思い立ちました。 何冊も解説書を読み漁りましたが、どれも「Accessを学ぶための事例」にすぎず、全然役に立ちません。そんなとき、この本を図書館で見て、紹介されている事例がドンピシャリ! まさに私の求めるものでしたので、即購入しました。 VBAの基礎を習得している必要はありますが、新しいレコードに移動すると自動的に管理番号を振ったり、用紙1枚が1レコードの横方向に伸びるテーブルを縦方向に伸びるテーブルに組み替えたりと、多くのTipsが掲載されています。 在庫管理、CD管理、見積書(請求書)作成、アンケート集計などなど、色々な事例が紹介されていますので、データベースを構築する際のテキストしても優れています。「本格的なデータベースを外部発注するほどの規模ではないけど、エクセルでは管理の難しい業務をデータベース化したい」という方にピッタリだと思います。 是非とも第2弾、第3弾と幅広い分野でのデータベース構築方法を紹介して欲しいですね。私にとって、Accessデータベース構築のバイブルです!

商品レビュー  DB設計の解説本で出てくる「マスターデータとトランザクションデータ」「リソース系エンティティとトランザクション系エンティティ」などの概念をそのままDBのパターンとして章立てしてあります。 いままで概念解説だけでピンと来なかったDB開発のノウハウをACCESSの操作内容に合わせて細かく順を追って進んでいるので開発者にとってもとっつきやすい書籍だと思います。
商品レビュー  開発にはやはり経験が一番だと思うが、この本はその時間を最小限で経験させてくれると思いました。 データベースをパターン化して分類してある点は他の専門書にはない切口で、DB開発経験が少ない自分にとっては非常に解りやすかった。 テキストに沿ってDB構築していくなかで、色々な実践的なテクニックを学べる点もいいです。 AccessVBAは分かるがDB構築の経験がない方にはよいと思います!

Access

Microsoft Office Specialist問題集Microsoft Office Access 2003

発売日:
ランキング 4595 位  渋甘
商品レビュー  学生なのでデータベースソフトの使用経験はありませんでしたが、 Microsoft Office Masterを取得するためにアクセスを選択しました。 勉強方法は、テキストを見ながら実際に操作して基礎を覚え、 模擬試験を正解率が100%になるまで何回も解いて解法を暗記 しました。模擬試験をやっているうちに出題パターンがわかって くるのでこの本一冊で合格はできました。 悪い点を挙げると、この模擬試験では問題が事細かに指定され ているのですが、それに慣れすぎてしまうと本番では違いに戸 惑ってしまって問題の意味を理解するのに時間がかかります。 本試験では問題の意味がわからない部分が何箇所かありました。 それと、設定上の問題かもしれませんが、いくら模範解答 どうりに操作しても正解とならない問題がありました。 あとは、二色刷りで見づらい所がある点、参考書のサイズが 大きい点、模擬試験の成績の履歴が残らない点、CDを入れないと 模擬試験が起動しない点、すべてのアプリケーションを終了 しないと模擬試験ができない点でしょうか。 ただ、あまりに完成度が高いために出てくる不満ですので これらは出版社に対する要望のようなものです。 これらの不満を補って余りあるほど魅力的な参考書だと思います。 この参考書を選んでまず間違いはないと思います。 ぜひ購入を検討されてはいかがでしょうか。 最後に個人的な感想ですが、Microsoft Officeシリーズで 唯一このアクセスだけは模擬試験で最初のほうは時間切れに なっていました。回答スピードに気をつけてみてください。
商品レビュー  Accessの勉強は初めてでしたが、ひとつずつきっちりこなすことにより、試験対策はこの1冊で十分だと思いました。 この問題集では見たことがない試験問題は2問ありましたが、それでもじっくり考えれば解ける問題だと思いますので慌てることなく一つずつ潰していけば900点台は取る事は可能だと思います。 私自身は1日5時間×1週間の勉強で、模擬試験とこの問題集の問題を確実に押さえることで、969点で合格しました。 模擬試験で9割程度取れるまで繰り返し練習すれば本番でも最低8割程度は取れると思います。 特に凝った問題は出題されませんので、基礎を確実に押さえる事ができれば問題ないです。
商品レビュー  Microsoft Office Specialist対策のみならず、 Accessの操作を勉強する上でも、
-------------------------------------------
(1)Microsoft Office Access 2003 基礎
(2)Microsoft Office Access 2003 応用
(3)Microsoft Office Specialist問題集
-------------------------------------------
この3冊を仕上げれば完璧なまでに習熟できます。 CDの内容は試験にマッチしていますし、 「こんなことできない?」という初心者の疑問に対する回答にも、 的確に答えられるようになります。 敷居の高いデータベースソフトではありますが、 同シリーズのExcelを学んだ人であれば、大丈夫です。 講習会で使用されるテキストとして評価が高いのですが、 独習のテキストとしても十分に評価できる本です。


Access

プロ中のプロが教えるAccessスーパーテクニック―ACCESS2000/2002/2003対応

発売日:
ランキング 16646 位  渋甘
商品レビュー  個人でプログラミングをしていると「こういう事をしたいのだがやり方がわからない」ということがよくある。それを解決するためにインターネットで探したり、書店で立ち読みして探したりするのだが、インターネットだと情報がありすぎてなかなかみつからない。書店で立ち読みして「あった」と思っても欲しいのは数ページ分の内容なのに1冊まるごと(それも専門書は高い)買うはめになったりする。この本はその「欲しい数ページ」がたくさん集められていて、アクセスプログラマーなら是非机の上に置いておきたい1冊だ。
商品レビュー   自らのHPでも色々なノウハウを提供している著者のテクニック集。各章はそれぞれテーブル、クエリーなどアクセスのオブジェクトごとにまとめられており検索しやすい。同じ筆者の「プロが作ったお手本データベース」と重複した内容もある。ただこちらは、技に焦点をしぼった内容となっている。内容的には満足だが、使用されているフォントが読みづらく、レイアウトも単調なので次回から検討していただきたい。パソコン参考書のほとんどが二色刷りがあたりまえの時代の受難か。
商品レビュー  3回目のアクセスの勉強に取り組んでいます。過去2回は挫折しましたが、過去2回に買った本に比べてこの本は非常にわかりやすく説明されてますし、これなら理解できるという気持ちになってます。

Access

Access マクロ&VBA 開発工房―2003/2002/2000

発売日:
ランキング 15694 位  渋甘
商品レビュー   ACCESSでは、クエリやマクロは使用しておりましたが、VBAを使用しておらず、そろそろVBAを使用できるようになりたいと思い、本書を購入しました。  内容としては、マクロやVBAを使用して、フォームやレポートに付加できる機能を、具体例・作成方法を示して紹介しています。例が具体的で分かりやすく、CD-ROMも付属していますので、実際に自分で作成して試すことができます。本書を読むと、これまでに自分が作ったツールにVBAを使用してこんな機能を付加したい、という要望がどんどん出てきて、VBAを試したくなります。  ただし、いざ自分で作成するとなると、この関数の使い方のことはどこに書いてあったかな?という風に探しづらい面もあります。あくまで導入所であり、リファレンスではありませんので(若干は付いていますが)、リファレンスは別途用意した方が良いかと思われます。

Access

できるAccess 2003 & 2002 Windows XP対応

発売日:
ランキング 44632 位  渋甘
商品レビュー  ACCESSは私の知る限りではWORD、EXCEL、POWERPOINTの中で一番使われていない、使いずらいプログラムだと思います。特に各フィールドを細かく設定したり、リレーショナルを持たせたりしていたらそれなりに時間を消費します。ACCESSはやったことないけど、どんなものか試してみたい!ということでしたらこの本は高すぎるので、本屋などに行って中身を確認したり、もっと安い本から手をつけたほうが良いと思います。ACCESSがある程度どんなことをする為のものかわかっている方には、この本はもってこいだと思います。「できる」シリーズとして長年やってきただけあり、基本機能の習得(または復習)から自然にデータベース構築へのステップが自然に身に付き、とてもフローが良くできていると思います。通常このような本は目的がないと苦痛になりがちですが(私だけ?)、本を手にとりながらスムーズに進みますので終わる頃には自分の中で思い描いていたデータベースがそれなりに出来るようになると思います。データベースを構築したい!という目的をお持ちでしたらこの本を読むことによりそれなりの成果は出ると思います。

Access

仕事に役立つExcel&Accessデータベース連携テクニック

発売日:
ランキング 63759 位  渋甘
商品レビュー  Excel VBAのADOに関する解説をしている書籍は、少ないので、この方面に関心のある人にとっては役に立つと思います。接続方法も3つ、載っています。はじめて、VBAを行う人には向きません。まず、入門的な書籍が必要です。
商品レビュー  Excelは日常の業務でよく利用されている。しかし、データ一元化を考えた業務改善を行うときに、次のステップとしてExcel+Accessの連携運用はとても有効な手段となる。本書はマイクロソフトも推奨しているADOを使った場合のExcel⇔Access連携DB構築を、とてもわかりやすく説明している。ADOを使ったDB連携の本は、他にもいくつか存在するが、その中でも、とてもわかりやすい。

Access

よくわかるMicrosoft Office Access 2003 (応用)

発売日:
ランキング 68282 位  渋甘
商品レビュー  Microsoft Office Specialist対策のみならず、 Accessの操作を勉強する上でも、 ------------------------------------------- (1)Microsoft Office Access 2003 基礎 (2)Microsoft Office Access 2003 応用 (3)Microsoft Office Specialist問題集 ------------------------------------------- この3冊を仕上げれば完璧なまでに習熟できます。 CDの内容は試験にマッチしていますし、 「こんなことできない?」という初心者の疑問に対する回答にも、 的確に答えられるようになります。 敷居の高いデータベースソフトではありますが、 同シリーズのExcelを学んだ人であれば、大丈夫です。 講習会で使用されるテキストとして評価が高いのですが、 独習のテキストとしても十分に評価できる本です。
商品レビュー  「Access」については全く素人だった私ですが、「基礎編」と「応用編」の2冊を学習することで、基本的な作業を理解することが出来たと思います。このシリーズの良いところは、一つの大枠課題を工程に従いながら解き進むことで、知識の抜け落ちの少ない一貫した知識を身につけることが出来ます。とても丁寧な説明がある反面、学習するボリュームは少ないので「基礎編」と「応用編」をあわせて「Access」の基本が学べると、割り切ると良いと思います。
商品レビュー  本書は、Accessを少しかじられた方や本書の基礎編を終了された方に最適だと思います。学習の際に必要となるデータがCD-ROMとして付属しており、実際にパソコンで手を動かして学習することができます。細かな説明で、他書では見落としそうなところもしっかり学べると思います。しかし、テクニック的なものは少なく、実際にAccessを使用してお仕事をされている方には物足りなく感じられると思います。あくまでそれ以前の学習の段階の方にオススメです。

Access

Excel+Access[2000/2002/2003対応]データベース完全活用ガイド

発売日:
ランキング 55960 位  渋甘
商品レビュー  題名のようにメインはExcelからAccessに接続して、データ取得し、Excelで表示するというやり方で実現しています。実際、僕の職場でもAccessにアレルギー反応を起こす人もいるみたいで、Excelでないとやだというお客様もいるので、何とか考えているときにこの本と出会って購入しました。いまはまだ半分しか読んでいないですが、これからも役に立ちそうな本です。
商品レビュー  アクセスで情報まとめて、フォーム作って、アクセスに慣れていない人に渡しても、データ活用をしづらいようで不評。そんなとき、エクセルでDB整理してあげると、補足説明しなくてもどんどん活用してくれてアフターケアいらず。目からウロコのありがたい本です。
商品レビュー  と割り切って読まないと損した気分になりかねないですね… Accessをサーバテクノロジーに耐えるデータベース管理ソフトウェアとして扱うのが目的ならば 基礎はAccess2003データベース構築基礎(一週間でマスターする)の方で先入観無くデータベースに触れた方が確実なスキルになると思います ただ日々業務でExcelを使いこなしている方にはユーザインターフェイスの応用編として非常におもしろい洞察を与えてもらえる啓発の書でもあります ただAccessを併記する表題には疑問あり(アクセス応用もありますがいかが?位がちょうど良いと思います)

医療関係者のためのAccess活用マニュアル―診療データベース作成ガイド

発売日:
ランキング 49852 位  渋甘
商品レビュー  初心者の自分がこの本を手にした時は、こんなに薄くて大丈夫なのかと不安でしたが、読んでいくうちに大変貴重な本を手にしたことに気づきました。この薄い本を読むだけでAccessのデータベースがスイスイ作成できてしまうのです。Exelとの連携も図入りで大変分かりやすいです。この本に出会えてほんとに良かったと思っています。今では職場でもAccess名人です!

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

world cars Tokyo model Takei trams electric Maeda LRT freestyle tram 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。