スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linux (洋書)

Linux
Linux
Linux

Understanding The Linux Kernel

発売日:
ランキング 15849 位  渋甘

Linux

C++ GUI Programming With Qt 4

発売日:
ランキング 14892 位  渋甘

Linux

Ubuntu Hacks: Tips & Tools for Exploring, Using, And Tuning Linux (Hacks)

発売日:
ランキング 21671 位  渋甘
商品レビュー  Ubuntuを使いこなすための技が基礎的なものからトリッキーなものまで満載.USBメモリとLive CDを使ったインストール,WiFiカードの認識,ラップトップで使うUbuntu,マルチメディア,システム管理,パッケージ管理,エミュレータなどなどカバーしている分野も幅広い.手持ちのWindowsラップトップでUSBメモリ+Live CDで使っていますが,インストールから日常的な使用まで,たいていの疑問には答えてくれる本で重宝しています.

Linux

Linux Device Drivers

発売日:
ランキング 9908 位  渋甘
商品レビュー  1st Editionの日本語版を持っていますが、最新の2.4カーネルの情報を得るのに苦労していました。この2nd Editionでは、最新の2.4カーネルを中心に説明されており、2.2カーネルとの違いは各章の最後に説明する形式になっています。特にネットワークドライバは2.4カーネルで大きく変更されており、整理された情報は非常に有用でした。キャラクタドライバについては、必要な情報が分散している印象がありました。また、1stEditionの誤字が一部修正されていないのも気になりました。2.4カーネル対応のドライバを開発するには必須の本だと思います。日本語版の早期の出版も望みます。
商品レビュー  ソフトウェアといっても、デバイスドライバはカーネルと密接する、微妙で記述の難しいプログラムだとしられている。いざ、自分でデバイスドライバをプログラムしてみろと言われても、ドライバを書くときにはあまり資料がない。しかたなく、以前はソースコードをたどって予測したり、Linuxのバージョン遅れのドキュメントを引き引き学んでいた。しかし、この本さえあれば、もうドライバのソースコードを長々たどる必要も、1.xのソースしかかいてないドキュメントを当てにする苦痛から開放されるだろう。私が挙げたいこの本の長所は以下の3つである。1:カーネル内の知識がさほどなくてもソフトウェアデバイスなら書けるようになる。この本自体が、K&RのC言語を理解している程度のプログラマを前提にしているので、表現が平易でわかりやすい。2:デバグ手法用例が豊富。デバイスドライバを書くときに最も時間がかかる作業とされているのは、デバグである。この点に関しても一章を割いて、起動されたデバイスドライバからどのように情報を取得すればいいのか細かな提案が数多く記述されている。3:デバイスドライバ周りの基礎を学習できる。実際に、デバイスドライバを書かなくても、ただ、この本を読むだけでソフトウェアデバイスはどのように実現されているか学ぶことができる。実際に、私たちが行き詰まるのはこのような基本的事項の理解が足りないからということが非常に多いからである。短所としては、デバイスドライバとLinux自体が開発速度の速いソフトウェアであるために、この書自体が古くなってしまう恐れがあることである。

Linux

Lpi Linux Certification in a Nutshell (In a Nutshell (O'Reilly))

発売日:
ランキング 20327 位  渋甘
商品レビュー  英語は苦手ですが、適当にパソコンで翻訳しながら、書いてあることを<br>Linuxマシンで動かしながら勉強しています。LPI試験を受ける目的<br>で買いましたが、例題がいろいろとあって、Linuxのスキルアップを図る<br>目的でも十分に使用できると思います。<br>欲を言えば、和訳したものが早く出版されればよいと思います。
商品レビュー  現在のところ、4つほどのLinuxの資格が出てきています。<br>このLPIC、Red Hat's RHCE program,the SAIR-GNU Linux program と Linux+ from CompTIA
商品レビュー  今はまだ、メジャーな資格ではありませんが2~3年後は 必ず、シスコの資格についでメジャーになると予測します。 ITバブルが終わった北米では、すでにWindowsベースのプラットフォームので提供を放棄して、Linuxベースので提供を 行っているSI会社が出てきています。 無駄な投資をせずに、資産を有効に生かすことはビジネスを成功させる重要な要件です。 今後3年後の未来を考えた場合に、必ずやLinuxはシステムの提案での主流を示すものと思います。 そこで有効な資格というのはLPIでは無いか?と思います。 いかんせん洋書ではありますが、必要なコマンドに関する例題が豊富で、さすが、Nutshellという内容となっています。 日本語翻訳版を待つのもひとつの方法ですが、洋書をベースとして学習するのも、英語嫌いをなくす意味でも良い機会かと思います。 お勧めの一冊です。ぜひお試しあれ!!

Linux

Mastering FreeBSD And OpenBSD Security

発売日:
ランキング 13500 位  渋甘

Linux

Linux in a Nutshell (Linux in a Nutshell)

発売日:
ランキング 30311 位  渋甘

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

model Tokyo freestyle Maeda world cars Takei trams LRT electric tram 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。