スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50 Cent/justin Timberlake / Ayo Technology

50 Cent/justin Timberlake / Ayo Technology
(Interscope)
http://www.50cent.com

Ayo Technology

発売日:2007-09-17
ランキング 35902 位  渋甘

50 Cent/justin Timberlake

ティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリュー(期間限定特別価格)

発売日:2007-03-30
ランキング 17664 位  渋甘
商品レビュー  やっとTimbalandの時代が到来という感じですね。 Aaliyahの事故からしばらく出てこなくなって「あの人は今?」状態でしたが、眠っている間に才能を溜め込んでたんですね。 今回のアルバムでは、他の誰にもない自分の世界を作りたかったのかな、ジャンルも国も越えたあらゆる音楽の融合はまるでオムニバスを聴いてるよう。 なのですが、才能豊かなアーティスト達が参加していてどの曲も個性的でありながら、どれか一曲だけが突出することなく、全体的にTimbalandらしい統一感があるのはさすが。 彼にとってJustinとNelly Furtadoはかなり特別な存在のようで、これまでのPVでもそれが伺えますよね。 彼等のシングルカットされた曲のイメージが強かったせいで、(Omarionのもカッコよかったし) 初めてこのアルバムを聴いたときは「あれ?? 他人にいいとこ使い切ってしまったの?」と思ってしまったのが正直なとこでした。 が、3~4回聴いてる内にティンバ魔術にハマりました。 それからというもの、聴けば聴く程繰り返されるサウンドの輪郭がはっきりしてきて、毎回違う聴き方ができるので飽きない。 その上、痒いとこに手が届くような要所要所の懐かしいメロディとTimbalandの声がツボります。 まさしくショックバリュー、この価格は安すぎです。 これからどの曲をシングルカットしてきてもおかしくないし、どれもチャート上位にくいこむこと間違いなしでしょう。
商品レビュー  ただ新しい音が新しいわけではない時代に、音楽シーンに1つの潮流を作ったフーチャリスティック&エレクトロなティンバサウンドで最先端を提示してくれたようだ。 アルバムは徹頭徹尾ティンバサウンドで固められているが、幅広いジャンルから集まったアーティストたちの持ち味、特性すらも彼の楽器として曲を描いているため、ブレがない上にはっきりとした色彩のある作りになっている。この同じサウンドにも曲に合わせて色彩を持たせるあたりが、彼の天才たる所以か。そして、そこにティム自身のクセのあるヴォーカルでアクセントを効かせるといったところか。 特筆すべきは、Rock勢とのコラボレーションだが、単なるHipHopとRockとの融合ではなく、彼の音楽に昇華されている。良い。 "チープでクールなサウンド"そして、"ジャンルレス・ボーダレスな音楽"病み付きになること間違いなし。
商品レビュー  いやーマジいいっすよ 前半の曲はスペーシーな電子音でやられちゃいました。 中盤は主にラップ 後半はロックとヒップホップの融合。ピアノとの融合。 そしてゲストも豪華!ボリュームも最高! 自分にとっては殿堂入りアルバムです。 最初に聞いた時はインパクトは無いと思いましたが聞くたびに味がでてきます。 バックサラウンドに耳を傾けて!

ティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリュー

発売日:2007-03-30
ランキング 302753 位  渋甘

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

world cars freestyle Tokyo tram LRT electric Maeda Takei model trams 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。