スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[News] 米国SCOが敗訴、UNIXの著作権はNovellが保有

[News] 米国SCOが敗訴、UNIXの著作権はNovellが保有

2007年8月10日(現地時間)、米国・ユタ地方裁判所は「UNIXの著作権はNovell社が保有している」としてSCO Groupの提訴を退ける判決を出した。

SCOは2004年1月、「NovellがUNIXおよびUnixWareの著作権を保有しているとの主張は誤りであり、これによりSCOが損害を被っている」としてNovellを提訴していた。

また、SCO GroupはIBM(International Business Machines)をUNIXソフトウエアのライセンス契約違反で提訴しているが、UNIXの著作権をNovellが保有していることが裁判によって確定されれば,この訴訟も根拠を失うことになる。



UNIX

Linux教科書 LPICレベル1 第2版 (Linux教科書)

発売日:
ランキング 8955 位  渋甘
商品レビュー  この本と別紙問題集と業務と自サーバー学習で101,102を取得しました。 実際試験では、まったく習わなかったものが5問ほど出てきました。 出題される部分を全て補ってくれないと勉強したくてもできないです。 この本は「超基本」を押さえておくべき為のものではないでしょうか。 次に問題集を繰り返し行い、コマンドや設定ファイルを記憶すること、 自サーバーを立てて理解力を高めることを行うことで合格点ギリギリライン だと思います。+αとして、私の場合は日々業務でLinuxを運用していたので、 それがプラス点となったと感じます。 この本だけ買われて勉強されるのは正直、お勧めできません。 +αをお勧めします。
商品レビュー  UNIXとLinuxの実務経験はありませんでしたが、これからLinuxに関わる仕事をしたいと思い、まずはLPIC Level1取得を目指してこの本を購入しました。 添付CDの実習環境を利用しながらこの本で勉強した後、模擬試験ソフトウェアで練習し、101、102試験とも1回で合格できました。学習期間はあわせて6週間くらいでした。 実際の試験には見たこともないような問題も出てきましたが、この本の内容を理解していればとりあえず合格ラインに届くのではないかと思います。 試験問題はすぐに更新されてしまうと思いますので、今のうちに受験するのであればこの本はオススメだと思います。
商品レビュー  LPIC レベル1に合格したい!Linuxを勉強したい!と 言うかたにお薦めの一冊です。 この本を教科書に、そして問題集を練習して問題なれを すればLPICは間違いなく取れます。 挑戦してみて下さい。

UNIX

The Art of UNIX Programming

発売日:
ランキング 1525 位  渋甘
商品レビュー   題名だけを見ると、UNIXのコマンドや使い方を解説している本なのか、と思ってしまうが、そうではなく、UNIXの思想・哲学を著したもの。  具体的な内容は、UNIXというOSの構造はどうなっているか、ファイルフォーマットはどうなっているか、等を、他のOSのそれと比較して数多くの実例を挙げ、UNIXの目指しているものを解き明かすものとなっている。これを読めば、何故UNIXがこれだけ長い間利用されているのか、UNIXのどこがすばらしいのか、が、理解できるだろう。UNIXが好きな人は、うんうんと楽しみながら読めるだろうし、UNIXなんて知らないという人も、OSの思想を知る、という意味で(またUNIXのすばらしさを知るという意味で)読んで損はない。というより読まなければ損な本である。  コマンドの使い方が列挙されているだけの安っぽいハウツー本に飽き飽きしているような人には、特にぜひ読んで欲しい。

UNIX

Linuxカーネル2.6解読室

発売日:
ランキング 8520 位  渋甘
商品レビュー  Linux kernelの内部構造について、かなり丁寧かつ詳細に書いてあります。高橋さん、小田さんの実力の高さは前々から存じておりますが、さすがだと。本としてまとめた場合の細かさは丁度よい感じ。これ以上細かく記述しようとすると、kernelの細かいバージョンごとの違いが出てきて、逆に正確さを欠く状態になります。 とは言え。Linuxの変化速度は3ヶ月単位でまとめてもパッチが120万行にもなる、いまだかつてソフトウェア業界が経験したことの無い早さです。この本だってそのうち時代遅れになってしまいます。Linux kernelの開発に興味のある人は、この本が時代遅れになる前に購入して一気に読んで内容を把握しましょう。でないと、再び道しるべなしでソースを読む羽目に…。
商品レビュー  Linuxカーネルの解説に関して、現時点では本書が世界で最も優れている本といえるでしょう。カーネルについて知りたいのなら、この本をまずは手に取るべきです。丁寧に図式化してくれているおかげで、カーネル初心者でも全体の構造を把握しやすい。名著といってもいいでしょう。これにO'REILLYのUnderstanding the LINUX KERNEL(3rd Edition)があれば、Linuxカーネルについての資料は完璧です。あとはソースコードをひたすら読む、読む、読む。がんばれ未来のカーネルハッカーたち。
商品レビュー  Linuxの2.6を、使う人なら辞書代わりに使うべき本。Linuxは、500万行以上あるが、それを500ページ程度で簡潔に説明している。カーネルの気になった部分を見るために辞書的に見るのもよし、カーネルの基本構造を理解するに教科書として使うのも良いと思われる。 この本でも、2.6.15まで理解することが出来る。しかし、この知識をベースにして、Linux Symposiumやlwn.netなどの論文や記事を追いかけていけば、最新カーネルの進展についていくことが出来るであろう。 個人的に、勉強になったのは、Linux2.6の新機能の章とブートプロセスの章である。新機能の章では、新機能を入れた背景などが書いてあり参考になった。そして、ブートプロセスの章では、initrdは、ディストリビューションにより、いくつかフォーマットに違いがあると知った。

UNIX

Linux コマンド ポケットリファレンス (ポケットリファレンス)

発売日:
ランキング 4999 位  渋甘
商品レビュー  Linuxとは・・・ディストリビューションとは・・・ というところから解説されているので、単なるコマンドリファレンス というだけでなく、大雑把にLinuxって何?ってところまでわかってしまう。 また表紙裏の「viショートカットキー一覧」はなかなか使える。 Windowsの操作に慣れてしまうと、viのキー操作は別世界。 キー操作が分からないというイライラがこれで軽減されるはず。 (背表紙裏には「Emacsショートカットキー一覧」も付いてます) もちろんコマンドリファレンスとしてもきちんとまとめられていて 最低限の説明しか書いていないが、 「とにかく使いたい」「仕事で使わなきゃ」という人にとっては 手元にあると非常に便利。 使ってみる→わからなくて詰まる→調べる→使ってみる・・・ のサイクルが非常にやりやすい。 章立ても「パッケージ管理」「ユーザー管理」などで分けられており 逆引き的な使い方もできるし、ABC順の索引で辞書的な使い方もできる。 よく出来てます。
商品レビュー  私はFedoraから入ったLinuxまだまだ初心者です。でも、この本はちゃんとABC順だったり行ないたいTIPSで纏めていたり、でも、それをこなせるのか不安になりますが、たくさん書いてあるのでかなり勉強になります。又、基礎知識の章もありますのでそこから読めば初心者にもすんなりと入れます。でも、特にCUIでサーバー立ててしまえば嫌でも覚えないといけなくなるしこの本のありがたみが分かります。
商品レビュー  結構いろいろなコマンドが収録されてるし、文字も見やすく引きやすい。サイズもコンパクトで持ち運びに負担がかからない。この手のリファレンスでは一番充実してるんではないだろうか。

UNIX

新Linux/UNIX入門

発売日:
ランキング 1798 位  渋甘
商品レビュー  私は本当の初心者だったのですが、購入するにあたって、「Linux/UNIX」というタイトルに、どっちつかずな入門書のようなイメージがありました。 しかし、読んでみると、LinuxをベースにUNIXでも使える基本的な操作が書かれており、特定のOSに偏った専門書よりも汎用性がある実用的な本であると感じました。 実際私は、Linuxインストールするマシンを用意するまで、この本をMacOSXのターミナルで操作して勉強しておりましたが、後半までは問題無く学習できました。 お勧めできる初心者用入門書だと思います。
商品レビュー  著者の著作については各論あるようだが、 この書籍に関して言えば素晴らしいの一言だ。 全くUNIXがわからなかった自分だが、読み進むうちに確実に理解が深まるのを実感した。 とにかく説明が「見やすくわかりやすい」。 当然入門の域を出ないが、通常1利用者としてUNIXを扱う分には この本が一冊あれば十分であると思う。 厚いだけあって、それだけの内容が網羅されている。
商品レビュー  UNIX系OSを使う理由は人によって様々だと思います。サーバー構築やソフトウェアの開発から、会社や学校で使っているから仕方なくという人もいるでしょう。目的はどうあれ本書はUNIX系OSをこれから深く学びたい人、取り分けUNIX系OSの概念と基本操作を理解したい人向けの本です。内容的にはコマンド操作とその関連ファイルの解説に始まり、シェル・プロセス・エディタの操作という基本事項を中心に、シェルプログラミングやファイルシステムの解説、smabaを使ったWindowsとの共有設定までと、ディストリビューションに依存しない形でかなり広く取り上げられています。基本的にどの分野も無理に突っ込んだ記述はされていないので、初心者の方でも難なく理解できると思います。この本を読んだからといってサーバー構築やソフトウェアの開発が出来るようになるわけではありませんが、基礎をしっかり学ぶことがその後の大きな発展に繋がると思います。本書はその後のより専門的なレベルへとステップアップして行く上で大変参考になると思います。

UNIX

図解でわかる Linuxサーバ構築・設定のすべて

発売日:
ランキング 47082 位  渋甘
商品レビュー  情報量が多いと思います。ひとつの項目ごとに説明が適度にされており、紹介しているソフトの動作や設定等もよく理解できました。 本の内容は運用まで一通りやることを紹介しているので、初めてサーバを立てようとしている人も目を通しておくと後々役に立つと思いました。
商品レビュー  この本は少し価格が高いですが十分買う価値があります.内容的には偏りなくめぼしいサーバアプリケーションについて重要な点はすべて網羅した説明がなされています.誰にでも理解できるように分かりやすく基礎から説明しています.特に初心者が陥りやすい箇所等に対する指摘が鋭く,経験の浅いサーバ管理者でもほとんどの障害を避けて通ることができると思います.ただし,全くのLinux初心者には向きません.ある程度コマンドラインの操作に習熟している必要があります.
商品レビュー  どのような本を読めば安全なサーバーを構築できるだろうと思い色々探しました。そこでこの本を見つけ「小規模~中規模のサーバ構築を想定しつつ、大規模構築につながるノウハウを紹介」という一文を見つけこれなら安心できるかなぁと思い購入しました。中を見てみると設定すべきことが順序よく書かれていてとても見やすいです。Vine LinuxやFedora CoreといったそのOSに特化した内容ではないので本当の初心者には少々難しいかもしれません。しかし設定するのはBINDやApacheといったソフト自体なので出来るかと思います。このレビューを書いているのも始めたばかりの初心者です。

UNIX

入門UNIXシェルプログラミング―シェルの基礎から学ぶUNIXの世界

発売日:
ランキング 47814 位  渋甘
商品レビュー  普段は何気なく使用していたUNIXを少しカスタマイズしてみようと言ったような使い方から学べました。プログラミングはちょっと、、、と思っていた私でも勉強になることも多く、この本を見ながらこんなこともできないかな?などと思うようになりました。これからUNIXを触り始める人にもお勧めできるのではないかと思います。
商品レビュー  普段おまじないぐらいにしか思っていなかった "#! "や ":"の意味に関して、あたかも知っていて当たり前の如く明確な解説が展開されており、正に目から鱗でした。「shellスクリプトの知識が有る事、目的を実現するコマンドを知っている事、他人のプログラムを参考にする事」がshell programmingには必要だと冒頭にある通り、shellスクリプトの知識に終始することなく必要に応じてunixのコマンドを多数紹介、豊富なサンプルプログラムは多くの発見がありとても内容が濃い一冊です。サンプルは「プログラム(解説)のためのプログラム」ではなく非常に実践的、目指すべき達人技を目の当たりにして自分のレベルを再認識しました。長年csh系シェルを専ら使ってきて"UNIX C SHELLフィールドガイド"を幾度となく読み返してきた自分にとっても本書はとても参考になりました。
商品レビュー  内容はわかりやすいです。索引が充実しているともっと良いです。

UNIX

ふつうのLinuxプログラミング Linuxの仕組みから学べるgccプログラミングの王道

発売日:
ランキング 13260 位  渋甘
商品レビュー  Linuxを使った開発を行いたいがLinuxをあまりさわった事が無い、という方には非常に良い本だと思います。使えない標準関数はばっさり切り捨てている内容に非常に好感を持てました。ただ、全体的に、浅く広く、といった内容となっているので割高感があります。なので星4つです。
商品レビュー  ファイルシステム、プロセス、ストリーム、ファイルやパイプの話からAPIの説明・サンプルと、独学Cレベルな私には非常に参考になりました。個人的にはコストパフォーマンスが非常に高いと思います。お気に入りの一冊です。
商品レビュー  「学校でC言語の基礎は習ったけども...」というレベルの方が、初めて実際のLinux環境上でC言語のソースコードを記述し、gccでコンパイルし、走らせるまでには最適の入門書と思います。 ただ、ある程度経験のあるプログラマーであれば、30分で読み通せるほど内容は平易で、ちょっと物足りないかもしれません。

UNIX

入門Subversion―Windows/Linux対応

発売日:
ランキング 35292 位  渋甘
商品レビュー  これからSubversionを使う人(使わないといけなくなった人)で、なんのことか さっぱりわからない、誰も教えてくれない、という環境の人にはぴったり!? 文中は非常に砕けてウィットにとんだ文なので、よほど興味がない人でなければ飽きることはないでしょう。 恐らく作者もそのあたりを意識しているかもしれませんが、硬い解説本になってしまわないように随所に気を配られているのが分かります。 その点、物足りなく感じるところもある部分が出てくるかもしれませんが、 それに関してはより詳しい解説本に手を出せばいいし、もしかするとこの本を読んで物足りないと感じる人は ネット上の情報だけで自己解決できる状態になっているかもしれません。 なんにしても「入門」書としては優秀な本だと思います。
商品レビュー  バージョン管理ソフトウェアを「バックアップ」をするソフトウェアだという冒頭の説明は、すばらしい発想の転換。この主のソフトウェアの必要性を説明するなどのシチュエーションで使えそうな言葉です。 本編では、比較的基本的な事柄を初心者にも使いやすいクライアントソフトを用いて説明しています。個人利用から同じオフィスで少人数で開発するプロジェクトでの利用までで必要となる事柄はカバーしています。とくにプロジェクトへの導入前にチョット自分で試してみる為の手引書としては最適です。 但し、複数のロケーションで開発する必要がある場合や中大規模での開発に関する場合には不十分です。その場合は、別途オンライン公開されている解説本を読むなどするとよいと思います。
商品レビュー  Subversionの概念を学ぶには適しているかもしれません。 でもSubversionというよりもTortoiseSVNの説明なので、 本当に初心者向きなのかもしれません。 自分はサーバとのやり取りが出来ると勘違いして大変なドツボにはまってしまいました。

UNIX

Linuxアドバンストネットワークサーバ構築ガイド HAサーバ構築編 (Network server construction guide series (13))

発売日:
ランキング 6801 位  渋甘
商品レビュー  いままで、仕事でミッションクリティカルなサーバの構築をしてきた。 OSはHP-UXだったが、Linuxでここまでできるとは正直驚いた。 ネットワークの冗長構成から、負荷分散、クラスタリングまで網羅している。 データベースのクラスタリングには高価な共有ディスクが必要かと思いきや、ネットワークミラーリングで代用している。 コマンドレベルでの実例が豊富で分かりやすい。 安価に信頼できる小・中規模のネットワークサーバのシステムを構築ができる。 これでオープンソースでも売れるシステムが開発できる、ありがたい1冊。
商品レビュー  高速で安定したシステムをLinux(RHEL,Debian等)で構築するためのノウハウ本。LVM,SNMP,Advance IP Routing,LVS,Keepalived,Pound、DRBDなど。LINUXで「売れる」ノウハウとは、この本のレベルが絶対に必要だと思う。 なお内容的には高度だが、説明はわかりやすい。密度が濃くお買い得感のある1冊と言える。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

tram Tokyo Takei freestyle LRT world electric Maeda trams model cars 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。