スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

債務者が主導権をにぎる事業再生 日経2007年06月13日 広告

債務者が主導権をにぎる事業再生 日経2007年06月13日 広告

経営者なら諦めるな! 日本経済新聞(日経)2007年06月13日(朝刊) 広告より

その他、関連してそうな商品(本)は、次の通り。

事業再生

産業再生機構 事業再生の実践〈第1巻〉デューデリジェンスと事業再生計画の立案

発売日:
ランキング 4359 位  渋甘
商品レビュー  産業再生機構の実務が明らかになるだけでなく、銀行間の債権調整や取引先の説得など、普遍的な事業再生の内容を扱うものとして、取り上げるテーマの洗練度という点で、他の本の追随を許さない高みにあると思う。随所にコラムや図表が効果的に配置されており、とにかく読みやすい。そして内容的に、アツイ。第2巻の金融機関同士の交渉を赤裸々に描いた章や、第3巻のターンアラウンドマネジャー選定の舞台裏を描いた章には、書き手の苦労と想いが横溢しており、引き込まれる。

事業再生

産業再生機構 事業再生の実践〈第3巻〉事業再生計画の実行

発売日:
ランキング 4973 位  渋甘
商品レビュー  機構の実務担当者が中心になって纏められた ようである。 第1巻でDD・事業計画策定、第2巻で債権買取 ・債権者調整、および第3巻で事業計画実行 とモニタリングという構成になっている。 ○流れがスムーズで、やはり実務的で読み易い。 ○機構案件で実際に使用したとされる各種管理  ツール事例や数値例がケーススタデイで披瀝  されている。 ○現場の細かい判断基準が明確化されているの  で機構案件での規範が共有できる。 ○金融機関との調整において、各金融機関の目  線が随所に紹介されており、参考になる。 間もなくその使命を終える機構には感謝したい。

事業再生

産業再生機構 事業再生の実践〈第2巻〉債権者調整と債権買取手続

発売日:
ランキング 4977 位  渋甘
商品レビュー  ・再生機構も店じまいに掛かっているが、折角「膨大な公的資金」を使用したのであるから「何をやったのか」を明らかにする責任が明確にされなければならない。 ・新聞や雑誌等で紹介されている部分は上辺のだけのものである。本書こそ「現場」が直面したした「血と汗と涙の結晶」を物語る書である。 ・過去「膨大な公的資金」を使用したプロジェクトは「総括」されることなく「だらだらと」継続していくという手段で国民に対する「情報開示」「説明義務」を先送りしてきた。 ・しかし、再生機構は期限を明確にして行動した稀なる「国策プロジェクト」である。この手法は今後も活かされなければならない。 ・処理した数字を残すだけでなく、本書にて現場の「ノウハウ」を残そうとしたことは「値千金」、まさに「暗黙知」の「形式知」化といえよう。再生担当者には一読に値する書である。

事業再生

プロフェッショナル 仕事の流儀〈1〉リゾート再生請負人・小児心臓外科医・パティシエ

発売日:
ランキング 13900 位  渋甘
商品レビュー  テレビ番組の書籍化 茂木さんがよく講演等で喋られる。この番組に出演される方は2ヶ月くらいカメラで追われ、4時間のスタジオインタビューを受け、そしてやっと放映にいたると。 僕は殆ど見たことがないので、本で読むことにした。 最初の本は星野リゾートの星野さん、小児心臓外科医の佐野さんそしてパティシエの杉野さんである。 非常に読みやすく、そして一流の人々の生き様がよく分かる。もちろん成功まで道のりは決して平坦で無い事が分かる。 しかし、成功した者は、その苦労が実は必須であった事を悟るのだろう。 おいらなどは、一生悟ることなく土に戻るのであろう(笑)
商品レビュー  リーダーとは、次のリーダーを育てることが一番重要な仕事になるはずです。 その点で、この本に出てくる3人は、三者三様です。 誰が一番正しいのか、というよりどの方法もO.Kです。 しかし、誰がついてくるのか? フォロワーがいなければリーダーにはなれないことを理解している人はこの中に1人しか見つかりませんでした。
商品レビュー  この番組は、好きで(再放送を)見ているが、番組ではサラッと流された所や割愛された 所が、この本では書かれていて改めてそれぞれのプロフェッショナルの深いところが 楽しめました。 特に、恐らく番組中割愛されたであろう、茂木健一郎とゲストとの対話と茂木健一郎のコメントが 「ああ、なるほど」と思わせられました。

事業再生

連帯保証のカネは返すな!―企業再生屋と個人事業再生屋が書いた

発売日:
ランキング 15851 位  渋甘
商品レビュー  連帯保証制度がいかに理不尽な制度か説き、連帯保証で被った債務の圧縮方法やチャラにする方法などを書く。連帯保証人は自分が判をついてなくてもなりうることがある、など、現在連帯保証人で苦しんでいない人にとっても知っておきたい内容が結構ある。素人にもわかりやすく書いてあるため、借金で困っている人から連帯保証人になっている人、全く関係ないと思っている人まで一読の価値があります。
商品レビュー   最近、仕事がひと段落付いたので、前から気になっていたこの本を読みました。 はっきりいって、弱い立場の一般消費者の弱みに付け込んで、高利でお金を貸し出す銀行を始め、消費者金融やサラ金、ヤミ金は許せません。 完璧な人間など、この世の中には一人も存在しません。 いくら一流企業で安定した仕事についていようとも、いつ何時病気になって失業するかわかりません。ひょっとしたら交通事故を起こして刑務所に行くことになるかもしれないのです。 そんなとき、絶対に必要になるのがお金です。 弱い立場に陥った人間は、生きる資格がないというのでしょうか? お金がなければ、死ぬしかないとでもいうのでしょうか? 誰がこんな世の中にしてしまったのでしょうか。 お金、お金、お金。。。すべてはお金をいくら稼いでいるかで身分が決まってしまう世の中です。 この本は、今まで漠然と過ごしてきた、この矛盾した世の中を、真正面から見直す本となりました。 世の中、お金だけがすべてではないはずです。いや、お金など必要がないのだと思います。 もっと大切な優しさとか思いやりの方が、はるかに価値があると思います。
商品レビュー  題名のインパクトで衝動買いしてしまいました。「連帯保証人は金を払う」のが当然であると無意識に考えておりましたが、本書では連帯保証人という制度は日本にしかなく、金融機関は連帯保証人を人的担保と呼んでいるという恐ろしい内容が出てきます。本書を読めば読む程、日本の金融機関の暗部について考えさせられますし、連帯保証で苦しんでいる膨大な方々への同情を禁じ得ません。知識、智恵なくして根本的な解決はありません。また、「なんとかやってやる」という意識なくして、意識改革は進みません。連帯保証で苦しむ多くの方が本書を熟読し、知識、智恵を身に付け、生きる希望を見出して欲しいと切に願っております。

事業再生

黒川温泉のドン後藤哲也の「再生」の法則

発売日:
ランキング 116245 位  渋甘
商品レビュー  黒川温泉内の旅館経営者達の間での嫌われ者であり、また黒川温泉再生の請負人である後藤氏の信念の強さには感服致します。 自分がやっていることが「再生」につながると確信し、どんなに敵が増えようと最後までやりぬいた後藤氏の姿勢と、またあえて「鄙びた日本の田舎」という一見観光地としては不利なように思える場所を、「都会の人たちを癒す鄙びた日本の田舎」として完璧に演出する事を思いついたその発想は、全国各地で集客に悩んでいる温泉の経営者の方々にとって大きなヒントになると思います。 私も是非、後藤氏が手塩にかけて作りあげた黒川温泉(特に後藤氏が経営する「新明館」)に行ってみたいと思いました。
商品レビュー   およそ20年ほど前までは地図にも載らないくらい寂れた温泉だったという黒川温泉。しかし今や人気ナンバーワンを誇る温泉となった。  由布院や別府など、近くに有力温泉が多数あるなかで、絶大な支持を受けている理由は何か。「山の宿新明館」と「山みず木」の2軒の旅館を経営する後藤哲也氏が明らかにする。  雄大な景色や派手な名物があるわけではない。そこにあるのは旅人を優しく包んでくれる山里の風景、それと調和した旅館やお風呂、もてなしの心である。  「山みず木」は木立の間の一本道をずいぶん登った先の一軒宿。その露天風呂は渓谷の岩場と一体となっており、人間も自然の一部であるということが実感できる最高級の温泉である。
商品レビュー  黒川温泉の街をあげての温泉地作りは余りにも有名。 その裏に後藤氏の大改革があったことを知る人はほとんどいないですね。私も当然知りませんでした。 本書に出会えて本当に良かったと思います。 自らの温泉のことを考えるのではなく、黒川全体を考えた街づくり。 全国の素晴らしい観光地を見尽くして、いきついた後藤氏の古里哲学は本当に素晴らしいです。黒川温泉の現在の飛躍振りがよく納得できました。 温泉に興味のある人にとどまらず、幅広く全ての人にお勧めしたい一冊です。

事業再生

事業再生要諦―志と経営力‐日本再生の十年に向けて

発売日:
ランキング 70092 位  渋甘
商品レビュー  人間、30才を過ぎると、読んだ本を受け入れられるかどうか、 個人のアンテナの差が非常に大きくなっていくと思う。 この本を読んで面白くないと思うひともいるでしょう。 誰もが共感できる本ではないと思う。 ただ、自分はこの本を読み終わって感動し、そしてがんばろうと 思うことができたことを、とてもうれしく、誇りに思う。 前書きにある、二人の父に捧げる、という表現。これは、この本を天 に捧げる、という意味に受け取りました。それだけの思いが詰まった、 本当に濃い内容です。この本を読んで驚くのは、読み終わって本を閉じ、 裏表紙をみたとき。税込1680円?はあ?安すぎる。この値段で何回感動 できるんだろう。本は安いね。
商品レビュー  事業再生のプロセスを大まかに表現すれば、(1)買う(出資・買収)、(2)育てる(再生・育成・発展させる)、(3)売る(投資資金の回収)であるが、とりわけ(2)の部分が成功の要諦であると著者は言う。事業再生を扱う専門家(弁護士・会計士等)はそこそこの頭数が居るが、(2)の部分を成功裡に導くのは企業経営力そのものであり、このプロセスを担える力量のある経営者が圧倒的に不足していると言う。これは換言すると、事業再生に最も必要とされているのは資金ではなく、「志」と「経営力」であるとのこと。 考えてみるまでもなく、再生機構やファンドが関与している事業でなくとも、事業そのものをターン・アラウンドさせなければいけない状況にある企業は多数あり、「経営理念」、「夢の共有」、「企業の再建」の前に「社員の心の再建」、「販売なくして再建なし」といった著者の言葉は、こういう企業の経営陣にとっても、原点に立ち戻って自省する良薬である。
商品レビュー  ・ドラッカー流に言うなら、「顧客創造」、「イノベーションとマーケティング」、「機会の拡大」、「組織を通して社会に貢献」等々これらを動かす技術としては「マネジメントの必要性」がある。 ・しかし、マネジメントだけで人が集合した「組織」が動くわけがない。 ・著者の越純一郎氏は、企業再生に関する実務経験から「志」の重要性を説いている。筆者も賛成である。 ・今や企業再生も「財務の再生」→「事業の再生」→「組織の再生」へとレベルアップしてきている。組織の再生には、やはり一致団結できる「志」が無いとパワーが結集できない。 ・ターンアラウンド・マネジャーは「お医者さん」であり、治療はする。しかし、患者である企業に「治ろうとする意志」がないと無駄な努力に終わる。 ・組織再生には「志」の力が必要なのである。事業を再生する力の源泉は「志」である。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

world cars freestyle Tokyo tram LRT electric Maeda Takei model trams 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。