スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本財務会計論

基本財務会計論

発売日:
ランキング 48336 位  渋甘

これに関係しそうな本は、こんなものがあります。
財務会計論

なぜ、金持ち会社は節税しないのか?―お金が貯まる会社を作る真資金論

発売日:
ランキング 5408 位  渋甘
商品レビュー  筆者独自の「温泉資金会計理論」によって 会社の借入金、税金、資金繰りの本質を分かりやすく解説しています。 資金会計理論の資金別貸借対照表の考えを独特な考え方でアレンジし より中小企業の実態に合わせているのが大きな特徴です。 「温泉資金会計理論」という例えは、とってもユニーク。 それを表紙にデザインしているのがなおいいと思います。 この理屈でいくと、金持ち会社は「源泉かけ流し」 貧乏会社は「水道水の沸かし湯」となります。 会計が苦手な人でも非常に分かりやすく、親しみやすい例え。 数字が苦手でも会計を学ばなければならない人にはおすすめです。
商品レビュー  タイトルからすると、「さおだけ屋」や 「ベンツ本」のような、会計初心者向けの本 のように見えますが、内容はかなり 骨太の資金理論となっています。 「温泉資金理論」と銘打たれた 資金別貸借対照表によって、 「いかにしてお金に困らない会社を作るか」が 書かれており、この本を読めば、 漠然と理解していただだけの 「資金の仕組み」がきちんと理解出来るはずです。 本気で「お金」について学んでみたい 中小企業オーナーに是非オススメしたい1冊です。

財務会計論

最も効率的に!誰でも理論暗記が可能になる本―税理士試験受験生のための税法と財務諸表論の理論暗記

発売日:
ランキング 57211 位  渋甘
商品レビュー  商法が廃止され、会社法が施行されたが、それに伴い本書も改訂版を出してほしい。 本書にとって、直接的な影響はないが、こういう本を読む人はわらにもすがる気持ちでという人が多く、会社法に対応していないとやっぱり不安である。 内容的には、この本に賭けてみるかと思わせるものもあるが、前述したように、こういう本を読む人は不安や迷いが生じてる人が多いため、もっと断定口調でこうすべきだと言い切ってほしかった。私の場合、ますます迷いが生じた。
商品レビュー  図表も多く、実践的な暗記方法のテクニックが紹介されてます。私は自分流の暗記スタイルが確立されていなかったので、なるほどと思うことも多く、参考になりました。暗記でつまづいてる人、答案の書き方に自信ない人に薦めます。読みやすいです。

財務会計論

財務会計論

発売日:
ランキング 90608 位  渋甘
商品レビュー   93年から改訂されていませんが、未だに財務会計の標準的なテキストとして評価が高い本です。昨今の会社法の改正、会計基準の見直しなどで対応できていない部分が出てきましたが、それは最新の財務会計のテキストに譲ることにしましょう。然し、このテキストが未だに多くの読者に支持されているのは、分厚い内容にもかかわらず分かり易いと言うことにあるでしょう。内容のレベルは下げずに高度な学習が出来ます。会計学の古典として位置づけるのであれば非常に高レベルな物と言えます。
商品レビュー  この本なくして私は会計を学ぶことはできなかったとおもいます。初めて会計学に取り組む方にはぜひ手にとって欲しい1冊。
商品レビュー  日本の財務会計の代表的教科書として長年に渡って利用されてきた良書だが、平成5年(1993年)を最後に改訂されていない。その後日本の会計は「ビッグバン」によって全くといっていいほど変わってしまった。従ってこの本に書かれている多くのことが時代遅れになってしまった。この本は「この部分は古い」、「この内容は現在は変更されている」ということが分かる人以外は使用すべきではない。この本を参考に公認会計士、税理士、簿記などの資格試験などを受験するのは大変危険である。しかし基本的な事項については現在でも参考になる内容は多く、日本の会計基準設定機関であるASBJの研究書などにもこの本が数多く引用されている。著者の飯野教授は85歳。長らく日本の会計学をリードしてきた一人だが、改訂版の出版は残念ながら不可能だろうか。アメリカや国際会計基準の波が日本を襲い、日本の伝統的な会計学も同時に役割を終えつつあるということかもしれない。

財務会計論

財務諸表論の考え方

発売日:
ランキング 116089 位  渋甘
商品レビュー  財務諸表論は暗記科目ではないというのがこの本の主張のようです。別にこの本ではなくて、他の財務会計、財務諸表論の本を読めば大体同じ内容が書かれています。確かに、内容は丁寧ですルビがふってありますし、コラムで試験対策を教えてくれています重要な用語は太字で、何よりも書き方がわかりやすい論点をできるだけ絞って、その論点をわかりやすく掘り下げています更には、通説+田中教授のそれに対する批判も多々書かれておりそれがわかりやすいし、読みやすいしかし、わかりやすいと言っても、他にももっとわかりやすい本は多々あります。論点をわかり易くする為、できる限り視覚化した本も出ています同じ程度のわかりやすさでより論点を広げた本も出ています私も税理試験を受けた時は、この本に大変お世話になりましたでも、この本だけが財務諸表論を「考える科目」に変える力(魅力?)を持っているというわけではないようです。むしろ、そういった他の本へつなぐための最初の一歩を踏み出させてくれる本といった感じです
商品レビュー  財務諸表の背後にある「なぜそうなるのか」を教えてくれる本。会計の試験勉強のためにこの本を利用しました。実際に会計業務に携わっていないわたしにとって、財務諸表のルールを覚えていくのは困難というより不可能。そんななか、財務諸表のルールを説明するのではなく、「なぜそのルールがあるのか」という背景を平易な言葉で説いてくれる本です。会計のルールは最終的には暗記だと思いますが、「なぜだったかな?」という情報がこの本によって得られたことで、勉強がはかどりました。 なお、当初、図解などがすくないことで本の購入をためらいましたが、杞憂でした。全体を通じて、「話し掛けてくる」文調なので、図がなくても理解できますし、気軽に読めます。 財務諸表について、この本を通じて理解し、あとは問題集などを実際にといていく、というあわせ技が必要とは感じました。理想は高いですが、理解確認のための問題が最後にあれば☆5つかな。
商品レビュー   通常の財務諸表論の解説を読んだだけではなかなか理解できず、苦痛でしかないところを、「かなり」わかりやすく具体的に解説しています。おかげで重要な項目がどんどん頭の中に入ってきます。 本書を数回読めば、財務諸表論はかんり理解度が深まります。公認会計士、税理士受験生のみならずすべての財務諸表を学ぶ人にお勧めです。

財務会計論

国際会計論―国際企業評価にむけて

発売日:
ランキング 97973 位  渋甘

財務会計論

新財務諸表論

発売日:
ランキング 19886 位  渋甘
商品レビュー  自分は税理士試験を目指している者です。この本を読んだ感想は、専門学校の理論テキストを読むよりは、この本を読むほうが理論を理解しやすいと思います。でっかい本の割には余白が多くそれなりに読みやすい感じでした。しかし、近年重要視されている新会計基準については、ガッツリ書かれていないので、痒い所に手が届いていない感もあります。でもまぁ、なんだかんだでこの本を読まなくても専門学校の講義と教材で足りそうな感じがあるので星は3にしときます。
商品レビュー  税理士、公認会計士を目指している人にはお勧めの1冊です。難関である「財務諸表論」を楽しく勉強できますよ。一緒に「財務諸表論の学び方」を買うことをお勧めします。なにより公認会計士2次試験委員である先生の本を読むことは合格への近道ではないでしょうか?
商品レビュー   過去の会計士試験の試験委員としては、「はしがき」からして少々お粗末。『「第2版」の出版に当たって』にはこう書いてはる。「なお、2006年度の公認会計士試験・・・・・・・・では、新しい会社法・同施行規則等は出題の範囲とはされていません。・・・・・」私は、今年の会計士試験を受験したが、キッチリ、新会社法から出題されておりました。  この本は、棚卸資産会計・収益認識基準等、今では若干陳腐化したかな、と思われる論点は、これでもかというくらいに結構、詳しく書いてある。この点は、確かに重要ではあるが、税効果・減損会計等の最近の重要論点は、はたしてどこに書いてあるのやら・・・・・  唯一最近の論点としては、とってつけたように、「株主資本等変動計算書」と「注記表」のことが書いてある。ホント、とってつけたように・・・・  また、53ページと86ページは、内容が重複しているし、104ページの「91頁」というのは、「93頁」の間違いだし、152ページのstandardsは、principlesだし、・・・・だし、・・・・・だし、あれやこれやいろいろあって、読むのがいやになった私は、この辺で中断している・・・・ それにしても、この本をまともに全部呼んだ奴って、いるの?

財務会計論

財務諸表論の基礎

発売日:
ランキング 225116 位  渋甘

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

freestyle Maeda Tokyo electric model Takei LRT trams cars world tram 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。