スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社四季報 2007年 3集夏号

会社四季報 2007年 3集夏号

会社四季報、夏号、6月15日発売です。株式投資のための基礎情報として必須。

会社四季報

会社四季報 2007年 3集夏号 [雑誌]

発売日:
ランキング 位  渋甘

会社四季報

「会社四季報」練習帳―誰も気づいていない成長株・割安株・不人気優良株を見つけ出す

発売日:
ランキング 250 位  渋甘
商品レビュー  本書の真骨頂は、「変化」をいかに読むかを教えているくだりだね。極端な言い方をすれば、それだけを完全にマスターすれば、かなりのパーフォーマンスが得られると思う。そのためには、前提となる知識の整理が必要で、本書はそれを非常にわかりやすく提示している。この「要点整理」と「変化を読む術」で買いという本だね。先の「練習帳」二冊と同様にとても実戦的なので手元において繰り返し練習するのがよいだろう。実際、私もそうしている。ぱらぱらと読んでマスターできるほど株投資はやさしくなんてないもん。気分はちょっとした株式大学入学試験の準備みたいだね。
商品レビュー  会社四季報の使い方について、ここまで具体性を持って述べられた本は、これまでにありませんでした。 しかし、印象批評的な分析に止まっている事項が多いため、「バリュー投資」というには羊頭狗肉な本と言えましょう。 初めての本ということで、★は付けます。

会社四季報

週1回株スクリーニングで資産10倍をめざす本

発売日:
ランキング 3305 位  渋甘
商品レビュー  会社四季報CD-ROMを使ったスクリーニングマニュアルです。典型的な定量的簡易評価をするときの方法が簡潔にまとめられています。四季報CD-ROMをデータベースとして活用するつもりがあり、かつ、現時点でやりかたを知らない人なら全員買ってもよい本です。他にはバリュー投資の入門解説と個人投資家紹介(投資家インタビューの要約?)。ここは軽く読める読み物です。悪くはない。 四季報よりずっと安いので東洋経済の客にとっては非常に割安。そうでない人に対しては四季報の良い宣伝になっています。名前を連呼するような宣伝ではなく中身を伝えている上手で良心的な宣伝です。
商品レビュー  株といえば例のイノシシ社長がメディアでチヤホヤされた 頃から人気が出てきて、書籍も山のように出版されてますが、 所詮は何も生み出さしません。 金を動かしていくらもうけた、いくら下がったと一喜一憂しているのでは本当の金持ちにはなれませんし。 日本人は金の使い方がとても下手でして、 お金を持っても貯蓄に走る。 金持ちになりたいのであれば、独立が一番です。 株はお遊び程度がいいのでは。
商品レビュー  四季報CD-ROMを使い始めて、2006年はソフトウェアそのものの進歩がありました。またこの本のように使い方やスクリーニングの方法やスクリーニングから学ぶさまざまな投資判断はこのCD-ROMを用いて大変便利になります。これまで使ってきた方はもちろん、これから使おうと思ってる方もこのCD-ROMのイメージがこの本があればご理解できると思います。CD-ROMは値が張りますので、この本を一読してから買うのもいいかと思います。 東洋経済の企画力はすごいものがあります。

会社四季報

会社四季報 2007年 2集春号 [雑誌]

発売日:
ランキング 位  渋甘
商品レビュー  ニュースでわかる世界一わかりやすい株の本で紹介されていたので 初めて買ってみた。 これがあの有名な・・・四季報。 でも、ちょっと難しかったです。 詳しい解説が欲しい☆

会社四季報

就職四季報 2008年版

発売日:
ランキング 30047 位  渋甘
商品レビュー  就職活動には必須の本だと思う。 企業の雇用条件が詳しく数値データで示されているので、企業選びの際には非常に使えると思う。 自分の志望企業だけをチェックするのではなく、なるべく多くの企業のデータに目を通しておくと、業界ごとの雇用条件の全体傾向みたいのが見えてくる。
商品レビュー   有名企業の平均年収や勤続年数(離職率)、平均残業時間等が端的に載っています。学生、とりわけ大学生を対象にして書かれているように見えますが、転職を考えている人や、専門生、短大生が読んでも役に立つと思います。目安としてなんとなく見当をつけることが出来るでしょう。  載っていない有名企業もありますが、その企業が業界においてどの程度の利益をあげているか調べることができれば(順位等から割り出して)だいたいの予測をつけることが出来ます。(業界図鑑などの参照をおススメします。)  宣伝費を取らずに客観を保っていますが、反面、突っ込んだ解説などもなされていません。また、調べることが出来なかったデータに関する解説も一切無いので物足りなさも感じます。(大体でいいから載せてくれたらいいのにと思います。)  企業のホームページアドレスが載っているのでホームページ検索にも使えます。  大学の1、2年生も読んでおくときっと役に立つと思います。

会社四季報

株で成功するための「会社四季報」徹底活用法

発売日:
ランキング 3938 位  渋甘
商品レビュー  会社四季報に書かれている用語は、会計や証券に関することばかりなので、 聞いた事あるけど説明できないものが多いと思います。 四季報編集者が伝えたい意図を確実に読み解くためには、 使っている用語の意味、見方が分からなければなりません。 何千も上場している日本企業全てを知る事は不可能です。 正しく四季報を読むことができれば、相当な銘柄分析ができ選択肢を絞ることができます。 株式投資のためにひとまず四季報を購入している方や、 これから四季報を使って株式投資をしたい方の参考書用に 一度読んでおくことをお勧めします。 ただし、四季報上級者には必要ありません。

会社四季報

『会社四季報』がもっとわかる 株で儲けるための「会社の数字」の読み方―株式投資家のための会計知識

発売日:
ランキング 45111 位  渋甘
商品レビュー  「四季報解説本」といえば、四季報の編集部が出版しているものがあります。 しかし、一番重要な財務的な分析に関する記載が少なく、表面的な解説に留まっています。 この点本書は、公認会計士が著者であることから、非常に充実した記載となっています。 欲をいえば、ファイナンス的な分析(例えば、簡易な企業価値評価方法)も記載いただくと、より充実したものとなるのではないでしょう。 個人投資家のみならず、証券会社の新人にもお薦めできます。 是非、会計基準の新設・改正に合わせて改訂して欲しいものです。
商品レビュー   投資にあたっては、その企業の財務諸表に目を通すこともあるでしょう。・・というか、目を通すべきです。しかし、それらは数字の羅列ですので、その数字の意味するところを理解することができなければ財務諸表分析はできません。そこで、この本が役に立つと思います。  四季報掲載の実例を挙げながらの解説ですので、表のどこに注意すべきか、とか、数字の変化はどのように理解すべきか、とかいうような点がコンパクトにまとめられています。また、「四季報がもっとわかる」とのタイトルですが、EDINET等で得られる財務諸表に関する理解の助けにもなるでしょう。  しかも、最近の法改正も反映されていますので、株式投資の初心者は是非買うべきです。丁寧に読むことが出来れば、他の本は必要ないと思えるほどです。  井口秀昭氏は経済関係の雑誌記事などでも活躍されています。で、その説明はとても分かりやすいです。取り上げるトピックスもタイムリーですので興味深く読んでいます。制度改正ごとに再販されることを期待したいです。
商品レビュー  四季報を読むに当たって、これまでは何の疑問も感じなかったが、本書を読んで自分がいかに分かってなかったという事が分かった。B/SとP/Lの関係など大変わかり易く説明されており、投資家が決算書などを理解するための必読書でもあると思います。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

cars electric LRT trams model tram Takei Tokyo Maeda world freestyle 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。