スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仕事で遊ぶナンバ術 / 矢野龍彦, 長谷川智・著

仕事で遊ぶナンバ術 / 矢野龍彦, 長谷川智・著

2007年(平成19年)05月30日(木曜日)、日本経済新聞(日経)夕刊のエンジョイ読書(書評)欄で紹介された本です。
星の数は、★★★

仕事で遊ぶナンバ術

仕事で遊ぶナンバ術

発売日:
ランキング 10989 位  渋甘

「ナンバ」で検索するその他の本

ナンバ

訪問しないで4年連続No.1!が明かす「売れる営業」に変わる魔法のトーク

発売日:
ランキング 38 位  渋甘
商品レビュー  前著同様、非常に読みやすい本です。 私は本を読むことは苦手なのですが、この方の本は抵抗なく読むことができました。 エピソードも多く含まれており、物語性があるので記憶に残ります。 この手の本は読んでもすぐに忘れてしまうのですが、この本はいいです。 本の内容ですが、お客様に話してもらう大切ということは非常に納得しました。 今までどんなに間違っていたかに気づきました。 私は個人的には前著よりこちらの方が好きです。 3作目も期待しております。

ナンバ

超地域密着マーケティングのススメ―小さな会社は当然。大きな会社もおさえておきたい、エリアNo.1に向けた戦略と戦術

発売日:
ランキング 370 位  渋甘
商品レビュー  最近のマーケティング本はテクニックだけのものが多いですが、 地域によってそれぞれのマーケティングを考える必要があると 真剣に考えさせられます。 私の職業も地域性が重要な仕事ですが、著者のように、真剣に 地域性といった部分を考えていませんでした。 メールマーケティングやクーポンなどのテクニックも、場所や やり方によっては逆効果になる事を本書で教わりました。 著者がマーケティングの本を多数読みあさったて実行した結果 がこの本なのだと、納得の一冊です。 これからの起業する人も今、会社の業績に悩んでいる社長も、 この一冊で、ヒントがみつかると思いますよ^^
商品レビュー  この本を読んでの感想は「そうだったのか!!」と再認識させられるものばかり! 著者の実体験が生生しく綴られて、とても感動しました。 マーケティングの視点として、古くなくとても新鮮に感じたのは私だけでしょうか? 地域密着という言葉ですが、地域密着でなくても使える方法が満載でした。 うーーん!素直に感動しました!
商品レビュー  よくある地域密着に関する本とは全く違うことに驚きました。 随所に有名な戦略論や社会心理学が散りばめられ、それを著者自身が 試行錯誤の末に実を結んだ実体験が書かれています。 机上の空論ではなく、現場におけるリアルな体験が述べられているので 参考にならないはずがありません。 さらなる成長を目指す中小・零細企業の経営者やお勤めの方は 読んで損はない本です。 逆に、この本から学ぶことがなければ、よっぽど成功されているか、 これから淘汰されていくかのどちらかでしょう… まだ20代という著者の平岡さんが、地域密着、地域活性のために ご活躍される姿がひしひしと伝わり、とてもいい刺激をいただくことができました。 このような方が日本からたくさん輩出されることを願いつつ、 私自身もそのような人間を目指そうと誓った一冊でした。 文句なしの満★です!

ナンバ

マーケティング戦争 全米No.1マーケターが教える、勝つための4つの戦術

発売日:
ランキング 46904 位  渋甘
商品レビュー  たまたま書店で見かけ、購入しました。かなり前に書かれた本だと知り、がっかりしたが、クレウゼヴィッツ『戦争論』をビジネスに使う本だと知り、興味がわいた。日本では、よく『孫子』をビジネスに使うといった類の本が出ているが、そのアメリカバージョンみたいな感じだ。 本書では、戦術を防衛戦、積極攻撃、側面攻撃、ゲリラ戦の4つに分類して、ビジネスに使う方法を紹介している。なんだかなあと思うところもあるが、おもしろい。 また、実例もとりあげ、「ウェストライン攻防戦」といった、まるで戦争のようなネーミングがあるのも、おもしろい。

ナンバ

スコーレNo.4

発売日:
ランキング 10735 位  渋甘
商品レビュー   面白いという読物は巷に数多くあるが、心が震えるような作品と出合うのは、本当に稀。そんな奇跡が突然起こり得るから、本を読むということは止められない。    ひとりの少女がだんだんと大人になっていく、四つの章にそれぞれの人生の季節を描いた、連作短篇。まるで三島由紀夫の『仮面の告白』のような、自分が生まれたときに見た光景からはじまって、ずっと比較されている(というか、自分で勝手にしている)美しい妹の七葉のことが語られ(この少女が実体がなく、幽霊のように見えます)、どこか滑稽ながらも、実に真率で切ない恋物語が語られる。家族は古道具屋を営んでいる。何が美しく、何が美しくないかのせめぎあいの中で、自分が本当に愛しいと思うものを見出していく、彼女のそんな小さなお話。  個人的には、最初の「NO.1」に尽きます。少女は次第に大人になっていくのですが、最初にあった詩的情緒が失われて、文章だけではなく小道具や題材さえも、作品が一般的/現実的になっていくのは残念です。これは主人公が社会的になっていく証拠でもあるのだろうけれど、作品としての纏まりを敢えてつけようとする作為も仄見えて、長篇の魅力には欠けると思いました。  とにかく僕は最初に出てきた「水色」にやられた。最初の章に限るなら、この感動は鳥肌もので、きっと一生追いかけつづけていく作家だと思ったし、本当に愛しい作品を書く人だなと思いました。次回作にも期待です。作品にも出てきますが、ヴィクトル・エリセの映画が好きな方には大変お勧めだと思います。
商品レビュー  「日をつなぐ」以来注目しています。彼女の美点は、何と言っても人間が描けること。この長編でもよく表れています。多分彼女はこの主人公が好きなのですね。慈愛にも似たまなざしが主人公に注がれているようです。 長編としてのまとまりもいいようです。作者が一番書きたかったのはNo,3ですね。筆の運び、その滑らかさが際だっています。逆にそこへ向けて書いたのか、それ以前が伏線のための部分となってしまったきらいもあります。けれど、概ね大丈夫。破綻無く、宮下ワールドは健在です。欲を言えば、もっと妹のディティールを丹念に書き繋いで欲しかった位ですか。 宮下奈都の小説は面白いです。だって小説の楽しさが、ぎゅっとつまっているから、ね。
商品レビュー  家族の中や、教室や、職場、そして恋人といるときに「私ってあんまり かわいくないかも」「どっちかっていうとマイナーなほうかも」と 人知れずため息をついたり、特定の相手や何かに対して、最初から勝負に ならないしな、とひそかに負け判定を自分で下して静かに諦めたりした経験。 そういうときの些細な心のゆれを麻子の一人称という形で丁寧に描いているところが とても読みやすい。ドラマティックな展開はないのだけど、自分の日常も こうして語ればいろいろ物語があるなーと思ったりも、する。 初恋ラッシュで中学の同級生が浮かれて声が上ずって、みたいな雰囲気が 嫌いだった麻子も、初めてある男の子を好きになってしまい 妹の七葉に「もし私がくねくねしてたら、教えてくれる?」と頼む。 こういう麻子の頑固さがかわいい。くねくね、こびこびしたっていいのに、と 今の自分は思う。でも当時はやっぱりできなかった。 自分には「くねくね」が似合わない硬い部分があるような気がしていたのだ。 なんとなく。まあ、妹には頼まなかったけど、いつだって「私って今 ヘンじゃないかな?」と好きな人関連では試行錯誤を続けていた気がする。 麻子は、頑固だけど、欲しいものに対する握力が妹の七葉と比べて弱く、 恋愛に関しても不器用で、好きな男の子に対しても行動的になれないし、 会社でも希望のところに配属されないで悩みながら働くようになる。 こう書くと、とてもグチっぽくて暗い小説みたいだけど、麻子の一人称は とても落ち着いていて知的で爽やかなので、そういうさえない日常も「がんばれー」と 素直に応援しつつ読めるのだ。私もこんなことあったけどなんとかなったよ、 と話しかけたくなるような感じ。 要領がいいとは言えない麻子だけど、最後にはとても彼女らしい自然な感じで 幸福になって終わるので、読んだ後にすっきり元気になりました。 なんか自分っていまいちかも、と凹んでるときのデトックス本としてお薦めです。

ナンバ

コアラ社長の経営戦略―どうすれば地方でNo.1になれるか

発売日:
ランキング 22115 位  渋甘
商品レビュー  この本は、地方都市で起業を考えている人に向けて書かれていますが、それだけではないと思いました。仕事をしている人であれば当てはまるような事柄が随所に出てきます。著者である社長さんは10年間で40億の取扱高、6億の売上げを達成しています。ご自身でも苦労されているようで「任意売却を始めたもう一つの理由」のページを読んだ時には目が潤みました。どうすれば成功出来るのか?知っているようで気が付かなかった、そんな”ヒント”がぎっしり詰まっている内容だと思います。経営本というと難しい内容を想像しますが、私のような”シロウト”でも判りやすく読みやすい本でした。私自身は経営者ではありませんが、仕事に対する考え方がこの本を読んでとても前向きに変わったように思います。
商品レビュー  この本は、岐阜県多治見市で起業し、大成功したマルイ不動産の社長が書いた本です。 楽しく読み進めていくと、自然と経営に関する知識と感性が身につくと同時に、不思議と元気づけられるような気がします。 これから起業を考えている方、起業したものの今一歩と感じている方には、今後の方向性が見えてくる貴重な一冊になるのではないかと思います。

ナンバ

売れっ娘ホステスの育て方―「水商売」の成功マニュアル!

発売日:
ランキング 58073 位  渋甘
商品レビュー  2年前に読んでとても勉強になったので、最近は自分のヘルプにつく子には、必ず読んでもらっています。 理由は、知っておいてほしい基本的なことがたくさん書いてあることと、よくわかったという子は使えるし、あまりわからなかったという子はたいてい使えないから、レベルをはかるバロメーターになるからです。 心構えについて書いてあるところは、ほかのサービス業にも応用がきくし、会話については、人気のある子の会話術の素みたいなものがわかるし、女を売らずに夜働くなら、絶対イチオシです。
商品レビュー  新しくお店をオープンさせるので、勉強のためにも、水商売に関する本を読む日々なのですが、悪くないけど、実際にあるある!なるほど!と思うことがあまりなく、いかにも、コンサルタントさんが書いた本だなというものでした。男性にはいいのかも・・・
商品レビュー  私自身、最近伸び悩んでたので、この本を購入しました。読んでみると、「納得!」と思う事がタクサン!真似するべき芸能人やオーラの話などは、ホントに参考になりました。今後、この仕事を続けていく自信も持てましたね。これから水商売を始めようと思ってる人にはオススメの本です(●^∀^●)/

ナンバ

バラの庭づくり

発売日:
ランキング 45629 位  渋甘
商品レビュー  本屋で立ち読みしたときに、購入するつもりはなかったものの、ページをめくるたびに美しい庭の写真に見とれてしまい、値段に躊躇しながらも購入してしまいました。 さすが、数年かけて計算された庭だけあって、大変美しい! 庭の広さもハンパではないので凄い!としか言いようがありませんが、嫌味はなくナチュラルで素敵な本です。 なんといっても写真がすべて美しい! バラと引き立てあう植物の組み合わせのセンスの良さに大変勉強させてもらいました。 バラに力が入りすぎて、他の植物に目が行っていなかった私にとって、大変感化された本です。 バラ以外の地味な植物でも、バラと混植することによってお互い引き立て合う美しさ。 詳しく紹介されている草花・宿根草を私の庭にも取り入れてみたくなりました。
商品レビュー  なんといっても写真がとてもきれいです。3年近くかかって撮ったと書いてあるだけあって、本当にいろんな角度からバラと庭が撮影されていて、美しい!のひとこと。庭のないマンション暮らしの私にも楽しめます。まるでヨーロッパの素敵なお庭のような写真にうっとり、見てるだけでも楽しめるので、ギフトとかにいいかな、とも思います。
商品レビュー  マンション住まいの私にはバラの庭は遠い憧れ。でも、この本を見ているといつかはベランダででもバラを育ててみたいという気持ちになります。オールドローズ、イングリッシュローズ、つるバラ、どれもとても魅力的。難波さんの花色合わせのセンスのよさにも感服です。最後のおすすめ100種のバラは、ひとつひとつが最高の状態みたいで、本当に美しい! 何度も繰り返し眺めて楽しめる本です。

ナンバ

突然、足が速くなる―「ナンバ走り」を体得するためのトレーニング

発売日:
ランキング 48032 位  渋甘
商品レビュー   この本は読みやすくて、陸上の知識が多少あれば簡単に読み終えることができます。 ただし、内容を理解しようとすると初心者の方には少し難しいかも。 また、対談形式の文章なのでこの1冊でなんば走りの詳細を理解するのは困難なので、他の本との併用が必要だと思いました。
商品レビュー  足が速くなるならないは別として、 股関節活性のエクササイズや補強運動等は為になりました。 ただ、初心者には感覚的にイメージがわきにくい 少し難しい本でした。
商品レビュー  陸上選手なら参考になるのかもしれませんが、私にはおもしろい読み物程度といったところでした。なんとなく、背後に用品メーカーを感じるせいかもしれませんが。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

Tokyo electric Takei freestyle cars trams world Maeda tram LRT model 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。