スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショーン・ビーン(Sean Bean) #1

ショーン・ビーン(Sean Bean) #1 ショーン・ビーン(Sean Bean) #2

ショーン・ビーンの出演作を集めてみました。
#1 #2 炎の英雄 Sharpe

ショーン・ビーン(Sean Mark Bean)は、1959年4月17日生まれ、英国・ヨークシャー州シェフィールド出身の俳優。 スーパーマーケットの販売員や溶接工などを経験したあと、俳優の道へ。ロンドンなどの舞台に立った後、映画・TVに進出。悪役、脇役が多いが、人気は高い。出身地のサッカーチーム、シェフィールド・ユナイテッドのファンでもあり、同クラブの役員も務めている。

Sean Bean

サイレントヒル アルティメット・ボックス

発売日:2006-12-13
ランキング 634 位  渋甘
商品レビュー  私はサイレントヒルのゲームもやり尽くすほど大ファンです。この映画を見た時は驚きとそしてハラハラしました。オリジナルも加えてますが、それも気にならないほど忠実に再現されているからです。ゲームで言う表世界と裏世界の変わりめでサイレンが鳴りはじめたらあのゲームの感覚が蘇って来て恐怖におののきました。映画スタッフも言う通り、ホラーなんですが違う意味のホラーです。人間の善悪を表しています。しかし豪華なブックレットもついてファンには堪らない一品でした。もちろんサイレントヒルを知らない方も物語の奥深さにいつしかハマッて行くでしょう。…影響しやすい方なら。
商品レビュー  ゲームが原作ですがイメージを壊さずお金をかけて丁寧に作られています。 ストーリーは賛否あるようですが(特にラスト)こだわりの映像だけでも見る価値はあるかと、 ちょっと気になるのはゲームではパッケージにもでかでかと、また実際の画面にもグロテスクな映像、スプラッタ表現の注意書きがあるのにDVDには何も書いてないこと、 帯のスミの方に小さくPG-12と書いてあるだけです。PG-12も適正か疑問ですがグロい部分があるので子供には見せないほうがいいでしょう。 本アルティメット・ボックスの売りはブルーレイですがそのせいで値段が高いですね、 いずれ単品のブルーレイもでると思いますが現時点ではこれでしか手に入らないのがちょっとアコギかと。(内容はDVD版とまったく同じ)
商品レビュー  原作は、日本製のホラーゲームだったらしいですね。 名前はCMか何かで聞いたことあったと思いますが、プレイしたことはありませんでした。 観たいと思ったのは、TVCMでの『ダーク感』が良かったため。 「ハズれててもいいや」という軽い気持ちで、観ていたのですが、これがどうしてどうして。 それなりに突き詰めれば、『粗』もあるのでしょうが、結構丁寧に作ってあって、 途中で飽きたりせずに楽しめました。 中でも、主人公の娘役(今回のストーリーの要)ジョデル・フェルランドがびっくりするほど、 可愛いかったのが印象に残りました。(『ハリー・ポッター』(2001年アメリカ)の エマ・ワトソンなんかより、ずっと可愛い。注:ロリコンではありません。) う~ん、娘に欲しいくらい。(これなら一目で養女にするわな。) テリー・ギリアム監督のファンタジー映画『ローズ・イン・タイドランド』 (2005年イギリス・カナダ )では主役に抜擢されてるようなので、こちらにも期待大。 (ただ、外人は成長すると大きく崩れる可能性高いからなぁ。) ストーリーも大枠では破綻が無く、細かい説明が無くても、十分世界観を理解できるし、 ラストシーンも納得。 監督が『ジェヴォーダンの獣』(2001年フランス)で一躍有名になったクリストフ・ガングなので、 スタイリッシュかつダークな雰囲気も満喫できます。 一部、デジタル映像特有のギチギチした画像処理があったりもするんですが、 『闇の者』特有の『異質な空間』と『脳内整理』してしまえば、逆に『説得力』になったりして、 気になりませんでした。 しかし、あんなに『男心をそそらないナース』は、『ブレインデッド』(1992年ニュージーランド) 以来だなぁ。(でもナイスバディでした。)

Sean Bean

007 ゴールデンアイ アルティメット・エディション

発売日:2006-11-22
ランキング 1864 位  渋甘
商品レビュー  この映画のゲームはとにかく素晴らしかった。では映画は? 前作から長いブランクも有り、かなり内容も大衆向けにされた感じです。全体としてはそこまで悪くはないのですが・・・音楽が酷いと思います。主題歌はアニメーションともに「なんじゃこりゃ?」ですし、ボンドのテーマもほとんど大事な場面でかかりません。とはいえ役者人は今思うとすごい。今回からM登板のジュディ・デンチ、元006ことアレックをショーン・ビーンにファムケ・ヤンセン、アラン・カミング・・・。 しかし「ワールド~」「トゥモロー~」を見る前に見ておきたい作品です。特にワールドで英雄的死を遂げるヴァレンティン初登場です。
商品レビュー  ピアースプロスナンに007はぴったりですね。 見ごたえもあるシーンが次々とでできていました。 銃撃戦はもちろんカーチェイスや絶壁から飛び降り たり、スパイ道具や最新ニューボンドカーなどもりだくさん。 おすすめです。もっともおすすめなのが007シリーズ1~20作目まで 入ったアルティメットエディションDVDボックスがおすすめです。
商品レビュー  ピアースボンド第一作。スマートでカッコ良い。敵のショーン・ビーン、彼もまたスマートでカッコ良い。しかし、彼らを差し置いて、一番目立っているのは、ファムケ・ヤンセン演じるONATOPPだと思います。歴代BGと違い、最期までボンドの魅力に魅入られず、敵であり続けた。タフさとセクシーさで言えば、彼女が歴代1位だ!街を破壊しながらの戦車のカーチェイス、アストンマーチン大活躍の冒頭シーンはカッコ良かった。MI6本部で、Mがボンドを見送る所は名シーンです。必見!

Sean Bean

フライトプラン

発売日:2006-05-24
ランキング 13148 位  渋甘
商品レビュー  ジョディ・フォスター主演、飛行機という密室でのサスペンス、非常に期待しながら見ました。 映画としては前半は、起こる事全てが主人公に不都合な事ばかり、「どうするよ~、ジョディ~」とハラハラしながら様子を見ます。中盤はというと、「で、これ、こんな事ばかりでどんなオチが付くんだろ~ まさか、全部アンタの勘違いっていうのだけはナシよ!」とちょっと油断した隙に、後半は、なぜこうなったかのからくりが少しずつ解明され、急に「アンタはスティーブン・セガールか?!」って突っ込みたくなるようなアクション映画さながらの展開となりました。 私も母親なので、子供がいなくなった!となったら、そりゃパニックでしょう。でも、他の全乗客の巻き込みぶり、そして、最後の場面も何だかな~っていう感じで、後味が悪かったです。はっきり言ってあんな人が同じ飛行機にいたら、マジで引きます!(当たり前?) でもアメリカ人は子供を守る為なら、あんな挙動は全然"You are a wonderful mother!"って感じなんだろうな~
商品レビュー  全て話で持っていくうまさに脅かされた。母親の強さ、人間の他人に対する興味のなさ、人間の深層心理をついた詐欺など全部伝わってきて面白かった。 最初はみな嫌がってたのに最後に「母親の見本だ」みたいな事を言ってた周りの人々の適当さも窺い知れたのも良かった。
商品レビュー  アメリカ映画にありがちな主人公は絶対に正しいという 強引なストーリーの運び方でした。 娘がいなくなった母親が抗議し、添乗員に制止されても 気にせず機内を探し続ける。ただそれだけの話です。 わざわざ映画にする必要はなかったと思います。 この映画はいったい何を表現したかったのか全然わかりませんでした。 正直時間を無駄にしました。

Sean Bean

ナショナル・トレジャー 特別版

発売日:2006-07-07
ランキング 11033 位  渋甘
商品レビュー  映画を見終わって早速家にあった1$札調べてみました!これがまた妙な文が書いてあるんですね(^_^;“ANNUIT-COEPTIS”“NOVUS-ORDO-SECLORUM”ラテン語でそれぞれ 「神は我らの行為に微笑なされた」 「時代の新秩序」。ベンジャミンフランクリンの肖像の横には「宝の秘密を知る者」とも…。本当に独立宣言文の裏には何か書かれているのでは?(笑)子供みたいにワクワクしてもう気分はトレジャーハンターでした(笑)是非ご覧下さい!
商品レビュー  娯楽映画としてはパーフェクト。この値段なら買っても損はないかと思います。 一部の映画通を気取った人からはなんやかんやとケチをつけがちな映画だと思いますが、この映画はこれでいいと私は思います。 小難しい言葉を並べて批判してる人ってこの映画に何を求めてるんでしょうか?メッセージ性? そんな大層なもんじゃないですよ(こういっちゃ失礼でしょうが) 作ってる側もそんなうちに秘めたメッセージとか意識してないでしょうに。 ただ、単純に頭空っぽで楽しめるエンターテイメント。んなアホな、があるから面白いんですけどね。はっきりしてると思いますね。わかりやすくてとてもいい。 個人的にはジャスティンバーサが可愛くて可愛くて仕方ありませんでした。
商品レビュー  どっかの評論家が酷評してたの聞いて、敬遠してたんですけど、安かったから買っちゃいました。したら…面白いじゃないですか。アラを突けばおかしなところもあるんだろうけど、俺みたく単純な人間なら楽しめると思います。続編あったらまた観るだろうな。

Sean Bean

サイレントヒル

発売日:2006-11-22
ランキング 10163 位  渋甘
商品レビュー  私は映画はもちろんゲームもプレイしているけどまるでゲームで見た世界と変わらなかったのでびっくりしました。他作品では見たこともないなんとも奇妙なクリーチャー、さらに霧に覆われて先が見えない街はより一層と恐怖心に包まれ、強い不安感に襲われることと思います。ゲーム(サイレンヒル一作目)をプレイしていればより一層と楽しめるでしょう。が、ラストにある人間が火あぶりにされてしまうシーンがあるのですがそこはホラー好きな私でも拒否反応を示してしまうくらいキツイ描写を突きつけられます。そこの部分だけかなり悪趣味な映画となっていて少し残念と思いました。
商品レビュー  さすが原作ファンの監督!と思わせるネタがまんべんなく散りまべられていて、よくわかってらっしゃる。特に三角頭が出てきたとき涙が出るほどかっこ良かった。ただ「ジェヴォーダンの獣」に比べてエンターテイメント性に欠けるところが★1個減点か。内容が理解できなかった人も多かったと思われるが、ゲームをプレイした人でも多少補完できる程度だと思う。そもそも原作も不明瞭な終わり方をする場合が多いので、プレイしたことが無い人はサイレト・ヒルってこんなゲームなんだと思ってほしい。
商品レビュー  サイレンの前例があったので、ゲーム原作の映画化はちょっと心配だったんですが、結構評判が良かったので見てみました。 この映画、監督がゲームのサイレントヒルのすごい大ファンらしく、ゲームの雰囲気がバッチリ映像化されています。これは予想外に良かったです。 映像としてはホラーなのですが、全体としてオカルトの雰囲気も感じられて個人的にはかなり面白かったです。 この手の映画ではちょっと珍しい家族愛が全体のテーマとして描かれていて、妄信による魔女狩りが絡んでいたり、序盤はなんとなくイマイチな感じだったのですが、サイレントヒルに入ってからはどっぷりと引き込まれました。 あまり書くとネタバレになっちゃうので控えますが、あの人には助かって欲しかったというのと、ラストがラストとしてクローズしていないのが少し残念。あのラストは悪くはないんですが、いろいろ想像させられて続編を期待してしまいます。もし続編が出ないのであればフラストレーションが(笑)

Sean Bean

リベリオン -反逆者-

発売日:2003-10-24
ランキング 5352 位  渋甘
商品レビュー  設定は割りと細かく作られていると思います 感情を抑圧させるための薬、そしてガン=カタの派手なアクション 拳法の型と銃を組み合わせた大胆でありそうで無かった発想は素敵ですね 一番の見所なアクションシーンはぐいぐいと惹きつけられますがそのアクションが少ないのが残念 ライバルになりそうな男も数秒で殺される噛ませ犬に成り下がったのも残念 ストーリーはとても単純に洗脳国家に反逆するものです 中盤までの主人公の葛藤は分かりやすくていいです あまり深く考えず楽しむものだと思います
商品レビュー   アクションシーンだけを観ると、一瞬『マトリックス』の二番煎じに映ってしまうが、実は『リベリオン』と『マトリックス』には大きな違いが存在する。それは、単に素早く動いて敵の銃弾を回避している『マトリックス』に比べ、『リベリオン』では、集団戦における敵の動き、銃弾の射線を統計的に分析した「ガン=カタ」と呼ばれる戦闘テクニックを駆使している点にある。理論的には、敵の攻撃を見切る(予測する)ことができれば、ごくわずかな動きで回避可能である。このガン=カタは射撃術と日本の武道を融合させたもので、近接戦闘時には射撃ではなく、ガンのグリップでの打突で敵を倒す。主人公が大勢の敵と戦うガン=カタアクションは動きに無駄が無く、スピード感にあふれ、しかも破壊力抜群。実に、美しい!!  驚異的な能力を持ち、統制社会の番人「クラリック」としての使命を忠実に果たす主人公が、友人の死を契機に、人間性を回復していく物語は、緊張感と幸福感にあふれている。感情の起伏の乏しさゆえ、主人公は無表情だが、人間性を取り戻すにつれ、表情、特に目の輝きが出てくるところが良い。人間性回復というドラマがしっかりしているからこそ、激しくも美しいアクションシーンが映えるのだ。
商品レビュー  あまり話題にならなかったんだろうと内心悲しく思っていたこの作品。友達に薦めても、実際に観てくれる人もなく、隠れファンの一人を自認していたけれど…このサイトのレビューで絶賛されている方か多くて、すごく嬉しかった。だって本当に面白く、素敵な作品だから。掘り出し物とはこのこと。 一番の魅力はやはりカンフーと銃を合体させた無敵のアクション、ガンカタのかっこよさだろう。その速さと美しさは、華麗なる殺人舞踏を見ているようだ。しかし、この映画の魅力は断じてこれだけではない。 ストーリーは確かに多少無理がなくもないが、余計な枝葉をつけることなく一本筋が通っているので大層わかりやすく、あまり頭を悩ませずに話についていくことができる。それに、主人公や他の登場人物の内面が案外ていねいに描写できているので(役者も演技派を使っている)アクションのないシーンも退屈せずに感情移入しながら観れた。特にクリスチャン・ベールが感情を取り戻していく過程は、彼の内心の葛藤や緊張がよく伝わってきて、はらはらどきどきした。 中盤はアクションシーンがなく、最後の最後に炸裂するのも、物語の構成としては優れていると思う。静謐なシーンと過激なシーンのバランス感覚が秀逸だ。 大作でないがために日の目を見ないのは誠にもったいない素晴らしい映画。決してB級ではないと断言できる。未見の方は、一度観てほしい。

Sean Bean

アイランド 特別版

発売日:2006-12-08
ランキング 1558 位  渋甘
商品レビュー  最初はワクワクして見れたけど、後半になるにつれてこの映画の世界観が崩れたんなるアクションになった気がする。話のうまさがあまりなかったのが後に残る余韻の無さに繋がると思う。良くある話で終わってしまう。
商品レビュー  劇場公開時は酷評されていましたが、それほど酷くないと思いました。 納得出来ないところもありますが、(オリジナルの記憶が発生した説明がないなど) 総じてまあまあでした。 地下の秘密基地が簡単に崩壊するのも変ですが。 知能が15才程度て言っていましたがみなかしこいじゃん。 ユアン君がまだ童貞だ。て言われてたところは少し笑ってしまいました。 でも童貞喪失がスカーレット・ヨハンソンなら童貞守りとうすかな。
商品レビュー  ストーリーも面白くアクションシーンも派手でかっこいい。 「おいおい、やりすぎやろ」ってくらいいろんなものが破壊されまくりで、爽快感がありました。あまり近未来を舞台にした物語は好んでみるほうではなかったのですが、食わず嫌いを払拭してくれました。 いろんな疑問がストーリーを追うごとに解けていき、ハラハラさせられました。 俳優も私の好きな人ばかりでその点もよかったです。スティーブブシェーミはほんといい味だしてるし(顔気持ち悪いけど)悪役のショーンビーンもかっこいい☆ でもやっぱり一番の好きなところはスカーレットヨハンセンがキュートすぎなこと。かわいい!

Sean Bean

炎の英雄 シャープ~新たなる挑戦~

発売日:2007-03-23
ランキング 11084 位  渋甘

Sean Bean

スタンドアップ 特別版

発売日:2006-06-02
ランキング 14858 位  渋甘
商品レビュー  自分が女性なだけに当然こういったセクハラ関連の映画は見ていて辛そうで、少し敬遠していたが、やっぱり辛かったしイライラもしたけど見てよかった。 特に割りと悪役が多いイメージのショーンビーンの役どころよかった。セロンの息子が母親への嫌悪(本当は愛があるのでしょうけど、思春期だし)を口にするシーンでのショーンの台詞はよかった。各キャラクターの表面とは違う心理や葛藤もわかる深い演技の役者が多くとてもひきこまれた。 実は私自身ヒステリックに男女平等を唱えるのはあまり性に合わない。 女性であることでの恩恵を受けるのに、自分の都合で男女平等を持ち出す考えの女性が多くいることも確かだし、そのへんの矛盾を感じることも多々あるからだ。 だからといってこういった問題は許されるものではないし、実際に勇気を持って、昔に比べると比べ物にならないであろう今の社会における私達の恵まれた立場へ大きな一歩を踏み出してくれた女性たちに尊敬の念を抱かずにはいられない。 綺麗ごとの理想論を承知で、男性女性関係なく皆がお互いを敬い尊重していける世の中になればと願わずにはいられない。
商品レビュー  史上初の職場でのセクハラ集団訴訟の本、「集団訴訟クラスアクション」を元に「映画化」という以上、完全なノンフィクションではないであろうが、それを差し引いても、尚、感動を呼ぶ作品だった。特典映像に出てくる女性達が語る真実が更に心に響いた。 パッケージのど真ん中にシャーリーズセロン。思わず観たという人たちが居たのではないか。かく言う私が、まさにそう。この手のシリアスドラマは一人でも多くの人々に観てもらわなければ意味が無い。汚れメイクでも隠せない「美しきセロン」では少々現実味を欠く気もするが、目をつぶろう。 「セクハラ」と共にもう一つ問題提起されていたテーマは「シングルマザー」。子供のためならどんなに苦しいことにも耐えてみせる「母性の力」と「母の愛」というものを改めて思い知った。 主人公の孤独な戦いが、一人ひとりと共感者が増えていく。法廷で、一人また一人と立ち上がる人々。あの「スタンドアップ」シーンがやはり一番の見所といえる。
商品レビュー  セクハラも人種差別もただの 「イジメ」 つまり、人間はこういう衝動や行動に関しては 小学生と50代、60代のオッサンとレベルが一緒 ということに気づかされる作品でした 観てよかった!

Sean Bean

ナショナル・トレジャー 特別版

発売日:2005-08-24
ランキング 14577 位  渋甘
商品レビュー  アドベンチャー映画として、スリルがあって 楽しめる娯楽だと思います。博物館から [独立宣言書」を盗むシーンは結構ドキドキ します。アドベンチャーとしては結構 楽しめる作品になっています。
商品レビュー  ダヴィンチ・コードに対抗して作られた映画、と聞いた事がありますが、個人的にはこちらの方が好きです。話の流れはおおむね似ていると思います。 ニコラス・ケイジ扮するベンが先祖代々探してきた宝を見つけようとするお話。 宝を狙うイアンに追われながら、目的の宝があると信じ、出てくる出てくる暗号を解いていきます。ハラハラドキドキもありながら、ライリーというキャラによって笑いもある。これぞ娯楽映画。 わかりやすい設定(人物・ストーリー)で、非常に楽しめる映画です。 ロケ地ににもこだわっていて、それが作品の厚みをだしています。 DVD特典は、 メイキング、未公開シーン、もうひとつのエンディング、暗号についての解説、テンプル騎士団についての解説、実際のトレジャーハンターについてのドキュメンタリー、 など、数は豊富。ですが、未公開シーンなどは2種類しかなく、それぞれのボリュームは少なめ。こんなものか といった感じです。
商品レビュー  宝物探しの「お約束」が一応全て揃った作品です。 ハラハラ、ドキドキの追いかけっこ、古代の遺跡、同じ宝物を狙う悪党、 美人でセクシーなヒロイン、頑固で優しいオヤジまで出てきて、この 作品はいわば「ミニチュア・現代版」インディ・ジョーンズといった ところでしょうか。 (スケールの点でずい分差はありますが・・・) それなりに楽しめますが、過大な期待は禁物です。 ハードルを低くして楽しめば、それなりに・・・払ったお金を損だとは 思わないでしょう。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

model Tokyo freestyle Maeda world cars Takei trams LRT electric tram 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。