スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[NEWS]日本国内新車販売の減少が続く - 2007年4月分

2007年05月26日のニュース

日本の自動車大手7社がまとめたところによると、2007年4月の実績としては、日産の国内生産台数が前年同月比20.6%減。その他、トヨタ自動車、マツダ、スズキも、前年同月の実績を下回っている。

国内新車販売台数は、トヨタが11.7%減、日産が10.7%減と、不振が続いている。

トヨタ

トヨタ生産方式―脱規模の経営をめざして

発売日:
ランキング 5181 位  渋甘
商品レビュー  →「これ1冊がトヨタ方式の原典であり、全てです」と  先輩が断言するのは嘘じゃない! →第一章・第二章は、時代や自動車工業を感じさせる部分なので  他分野にトヨタ方式を適用するという目的で読むのなら  他のトヨタ本の方がわかりやすいかもしれません..  しかしながら、それを補って余りあるのは第三章の「系譜」!  ここに、まさにトヨタ生産方式の心がつづられています!! →1978年に第1刷が出、2005年7月7日で第83刷  著名なコンサルがボロボロになるまで読みこなし  今なお著作や学会での引用の絶えることのない本に   あなたも一度目を通してはいかが?
商品レビュー  すばらしき日本製造業・自動車産業。 今や、世界一目前となっているトヨタ自動車の大野耐一さんが書かれた名著。 製造業界の理論は、多くのすばらしいものが存在しますが、 この本を読み返してみるとそのほとんどが、この本に何かしらの形で 載っているといっても過言ではないように思います。 中にはトヨタ生産方式を模倣・模範としなくとも、いつのまにか似たものに なってしまったものもあるのだろうが、それだけこの著書・理論が 優れているからであろう。 文句なし!!!
商品レビュー  簡単にトヨタ生産方式を知りたいと言う人には不向き、もしくはもっといい本がたくさんあると思います。 しかし、しっかりとトヨタ生産方式を知りたいと言う方、なぜトヨタはあそこまで強いのか、どのように考えているのかを知りたい方にはとてもオススメの良書です。 ビジネスマンで管理・経営に携わっている人には自信を持ってオススメできます。 大野耐一さんの時代のトヨタは確かにドッグイヤー、マウスイヤーなどと呼ばれる現在の社会から見れば古いトヨタです。しかし、大野さんが確立したトヨタ生産方式は今なお、トヨタの中核をなしており、彼の確固たる理論が今のトヨタの急激な成長を支えていると言っても過言ではありません。 トヨタがなぜ「ジャスト・イン・タイム」を実現できるのか、「カンバン」方式は本来なんのためにあるのか、これらの用語を知っているが、この質問に答えられない人は是非読んでください。 ただし、正直この本は難しいので、まず他の簡単なトヨタ生産方式についての本を読んでおくことをオススメします。私自身まずは『トヨタ力』プレジデント社を読んだ上で読むことでとても理解が深くなったと自覚しています。

トヨタ

トヨタの口ぐせ

発売日:
ランキング 22013 位  渋甘
商品レビュー  生産・経営の方式としてのトヨタ式。トヨタが瞠目の業績を上げる中、注目を集め、数多くの書籍も出版されている。 そのような中で、この一冊は、トヨタ流を勤め上げ、現在、他社にトヨタ式を指導する人々が、現場での改善経験と、それを導き出す、自分たちが上司や先輩から教え込まれ、行動に駆り立てる洞察の結晶のような言葉が、口ぐせとして31掲げられている。 それぞれの口ぐせ、その背景にある考え方、そして、現場での経験が生きた言葉で記されている。31の言葉である。座右に置き、日々一つずつ反芻し、自分の持ち場で実行できることを実行に移してみる。そうしてみることで、トヨタ式のDNAを読者の実践の場で継承することにつながるのではないかと思う。 読みやすく、活用しやすい一冊である。
商品レビュー  最近、本を読むことが少なくなった私でも、東京から新大阪へ向かう新幹線の中で一気に読むことができた。 そういう意味では、よくできた本だろうと思う。 トヨタがあそこまで大きくなった要因の一つに人を育ててる風土があるが、 それがどういったことなのかということを、お手軽に教えてくれる。 昔、愛知県で働いていた頃、関連会社の方から厳しい指導を受けたことがあるが、 それがとても大事な事であると、再認識した。 自分でも知らず知らずのうちに、今の職場で後輩や部下たちへの接し方が、 その人から教えられたこと、叱られたりしたのと同じ事に驚かされる。 その人は(その会社では大変有名な方だったらしいが)、 この本の中に出てきた人とも面識があったと思うのだが、 会社が変わってしまった今となっては、確認する術が無い。 もし確認することができれば、この本の内容が如何に正しいかということを、 証明することができるのだが。 ただ、本の価格の割には、内容が少ないような気がした事、 実践の中身について、詳細に書いていないケースがある事、が気になった。 また、この本の書いていることを、そのまま『口で言った』ところで、 個人の行動として実践できなければ、全く役に立たず、 むしろ自分にとっても、周りにとっても毒になることを、忠告しておく。 本当の意味での実践は、非常に難しい。 併せて、大野耐一氏の書籍も読んでおくことと良いだろう。
商品レビュー  題名にひかれて購入しました。 トヨタのOBたちが、在社時に現場で上司から口をすっぱく聞かされた(上司として部下にいい続けた)「口ぐせ」を紹介しています。 といっても、言葉そのものは難しいことを言っている訳ではないし、特別に心に響く言葉ということはありません。トヨタのすごさは、このような当たり前のことを徹底的にやり続けることにあるんだろうと思います。 トヨタ生産方式を学ぶための、いわゆる「トヨタ本」としては物足りなさを感じますので星1つ減点、さらに編者であるコンサルタント会社のPR臭さが感じられたので星1つ減点とさせてください。 ただ、紹介されている言葉のそれぞれはいいこと書いていることに違いありませんので、トヨタ方式ということでなくても、一般論として自分の仕事の役にたつのではないでしょうか。

トヨタ

検証・地方分権化時代の教育改革 教育改革を評価する―犬山市教育委員会の挑戦

発売日:
ランキング 82157 位  渋甘
商品レビュー   7人の教育社会学者と1人の学校臨床学者が、2005年に実施した愛知県犬山市(石田芳弘市長)の教育改革のシステム評価を全国に発信するために、翌年に刊行した小著。犬山市では、市教委(瀬見井久教育長)主導で、現行制度の枠組みの中で、義務教育として果たすべき学校の役割を、市内全ての学校で、現場の教師の専門性を高めることを通じて、最大限地道に発揮する方向へと教育現場を支援し、方向付ける教育改革が、1997年以降行われた。それは行政の財政支援による市教委事務局の強化と、授業改善と学校運営の改善とを連動させた学校の自立(副教本づくり、少人数学級と学び合いの授業、二学期制等)を二本柱とする。著者達は、表紙裏にあるようなシステム評価プロジェクトによって、これらの改革の成果を数量データにより検討し、学び合い型授業が教育格差を縮小する上で一定の効果を持っていることを、明らかにする。また、改革の担い手意識(教師間の支え合いと関連)と改革対象意識という二つの因子を基に、教師を積極的関与層、改革逆説直面層、担い手意識希薄層に分け、それぞれの改革への評価をまとめている(総体として見ると比較的評価が高いが、改革の速さや負担への不満もある)。保護者も、少人数授業・TTは支持しつつ(この点で階層的な偏りは見られない=それぞれが異なる希望を読み込んでいる)、学習意欲の改善については厳しい見方をしている。更に著者達は、自らの評価法の在り方をも検討対象とし、調査項目とその並べ方の設定、個人の特定の是非、評価する者−される者という関係の逆転の可能性等について、ときに市教委との議論を繰り返しつつ、検討を加えている。それは著者達の提示する、ネットワーク型行政モデルに関連している。最後に、著者達はこの結果を昨今の教育改革の潮流の中に位置づけ、その課題をも探っている。

トヨタ

全国学力テスト、参加しません。―犬山市教育委員会の選択

発売日:
ランキング 45969 位  渋甘
商品レビュー   2007年4月24に行われる「全国いっせい学力テスト」に不参加を決定した愛知県犬山市の教育委員会が緊急出版した本ということでさっそく取り寄せてみました。とてもいい本でした。  そこには、「教育」という営みは「競争」とは相容れないものだ、という確固とした信念が書かれていました。私たちは、子供を「競争」させれば学力が向上すると思いがちですが、それはまったく根拠のない話しなのです。「競争」はむしろ初期段階の子供たちを勉強嫌にし、子供が学ぶ楽しさを体得することに対して、マイナス作用しかもたらさない、とのこと。確かにその通りですよね。  また、戦後日本の公教育(学校運営)の主体は、地方自治体であり、文科省と方向が違った場合、自分たちが正しいと思う方向に進む権利がある、と語られていました。今回の学力テスト「不参加」の決定は、犬山市が「特別なこと」をしているのではなく、文科省や犬山市の小中校を除く、全国の99.96%(学録テストに参加する学校の率)の学校の方が、戦後教育の原則から外れた「特別なこと」をしているのだ、ということがよく分かりました。

トヨタの正体―マスコミ最大のパトロン トヨタの前に赤信号はないのか

発売日:
ランキング 34816 位  渋甘
商品レビュー  トヨタの下請け企業は豊田市内だけにあるわけではない。トヨタの孫請け、ひ孫受け企業は全国各地に散らばっている。 品質においてクレームがつけば豊田市トヨタ町まで呼び出され、散々クレームをつけられたあげくに24時間以内に回答と代替え品の納入をも求めらる。 ラインが停まれば、当然のごとくライン補償を求められるが、片田舎の中小零細企業に補償などできるはずもないから、一睡もできなくても代替え品を持ってトヨタ町までトンボ帰りしなくてはならない。 これがトヨタかんばん方式(JIT)の恐ろしいところだ。 本書ではこういった協力企業間の主従関係はあまり取りざたされていないが、これがトヨタなんです。
商品レビュー   事情通なら誰でも知っている内容なので、「トヨタは素晴らしい車を作って社会に貢献している企業」と思ってらっしゃる方への入門書としては、最適。特に、4章「小泉圧勝劇を作った奥田会長」では、国家(あるいは政府)がグローバル企業の後見人に成り下がり、国家が乗っ取られていく様がよく見えてくる。  メディアが広告費惜しさで批判記事を控えること(原子力発電をやっている会社などに顕著)、公共事業(=税金)を利用した利潤獲得、利害が一致した政治家とのタイアップ戦略、など、トヨタに限った話ではない。日本でトヨタが突出しているだけで、儲かる会社というのはどこでも似たようなことをやっているだろう、と考えるのが普通だ。 印象に残った言葉を一つ、  「トヨタマンは元気いっぱいで知力も体力もあり、トップが決めた目標に向かって、一致団結して邁進します。しかし目標自体を疑うことはしない。目標が間違っていた場合でも、集団奈落の底に飛び込む恐れもあるのです。」(p42)  「クラウンオーナーは5年で買い換える。だから、5年もてばよい」と会長が発言した。私も技術者であるから、こんな言葉を真に受けたらクレーム多発の欠陥自動車しか作れないことは明らかで、まさかトヨタ技術陣がこの方針に従うことはいないだろうと思っていた。しかし、リコール率70%の現実を見れば、会社全体がその方向に動いているとしか思えない。まさに、“集団奈落の底に飛び込む”瞬間である。  以下、私見。  トヨタ社員の友人は、これからは落ちる一方だろうと予想していた。それは、多分に正しいと思う。バカでかい本社ビルを建てた時が、その会社の業績がピークであることは、歴史の証明するところである。また、機械は自然法則に従うものであり、人間の思惑とは無縁である。政治力やメディア操作に頼ったところで、欠陥車を作っていればボロは必ず出る。
商品レビュー  サクッと読めるボリューム、そして内容もサクッとしている。 それほど突っ込んだ内容ではなく、果たして「正体」を暴いているのかと いえば、答えは否であろう。尻尾の一部程は露見しているが。 しかし、本当に正体を暴くような内容であれば、それが出版物として流通 することはないんだろうなぁ、ということはこの本を読んでよく分かった。

トヨタ

どんどこももんちゃん

発売日:
ランキング 16713 位  渋甘
商品レビュー  このシリーズは、赤ちゃんがとにかく喜びます。 絵柄がかわいいのもポイントですが、ストーリーに無理がなく、ももんちゃんという赤ちゃんの感情がダイレクトに伝わってきます。 シリーズにはももんちゃんがお母さんとスキンシップをする場面も多く、読んでいる大人も温かい気持ちになれるはずです。 筆者の子どもへの愛情がひしひしと伝わってくる名作です。
商品レビュー  絵がすごくいい。なごみます。 また、文章のリズム感もいいんです。 赤ちゃんへの最初の一冊でもあり、なが~く読める本だと思います。 シリーズですし(笑)
商品レビュー  表紙の絵をみて全然期待していなかった絵本でしたが、初めて読んだときジーーンとしてしまいました。 内容は超超簡単で、ほとんど言葉のリズムを楽しむような文。 1歳の娘の誕生日に買いましたが、最初に読んだときからスゴイ食いつき方。“ごっつんこ”が出来るので読みながら一緒に“ごちっ”と頭に手をやっています。その姿もかわいいし、毎日何度も読んでますが飽きません。 買ってとても満足しています。楽しい時間をもらって感謝しています。

トヨタ

トヨタ式自分「カイゼン」術―「カイゼン」「視える化」がおもしろいほどわかる!

発売日:
ランキング 60324 位  渋甘
商品レビュー  書店でふと手にとり、「漫画でざっくりとトヨタ式のことがわかるならいいかも」、と思って購入。 内容は単純なんだけど、それを日々きっちりと実践していくのがトヨタのすごいところなのだろうと思う。 一部の経営者が会社を引っ張るのではなく、現場の一人一人が頭を使って改善を重ねていく、まさにそれがトヨタ方式であり、グローバルな弱肉強食の世界においてもトップをひた走る強さにもなっているのだろう。 会社だけではなく、日常生活にも応用できそうですね。

トヨタ

トヨタの世界

発売日:
ランキング 93280 位  渋甘
商品レビュー  愛知の豊田から世界のトヨタにのぼりつめるまでに至ったトヨタの基本概念の一つであるkaizen(改善)の心を学ぶことができる。 また、現状に満足するのではなく常に今より上を目指すというトヨタをここまで成長させた心を学べ、世界の会社の一つとしての責任を果たす役割として、利益のみを追求するのではなく、同時に地域貢献などの社会貢献など、これからトヨタが目指す先なども綴られている。 その反面、トヨタに依存しすぎる現状が今後社会に悪化を招くのではないかという懸念、現場での過度の労働などの裏の側面も理解することができた。 この本はトピックスをいくつかに分けあるため、大変読みやすい本であった。
商品レビュー  買って一気に読みました。これまでのトヨタに関する本は経営ノウハウや企業論など理論に偏ったものばかりで正直、つまらなかったのですがこの本は末端の従業員を丁寧に取材し、まるでひとつの物語のようなおもしろさがありました。トヨタがなぜ強いのかどんな問題を抱えているのかを大変、理解することが出来ました。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

world freestyle electric Tokyo Takei tram trams Maeda LRT cars model 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。