スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[NEWS]韓国初のイージス艦「世宗大王艦」の進水式

2007年05月26日(土)のニュース

大韓民国で初のイージス艦である「世宗大王艦」の進水式が、25日、同国の蔚山で行われた。これで、大韓民国は世界で5番目のイージス艦保有国となった。進水式には、盧武鉉大統領も出席した。

韓国の中央日報は、同社ウェブサイトで、「 韓日中の東アジア海洋戦略に巨大な変化が起きている。」と報じている。
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=87782&servcode=400§code=400

イージス艦

ディスカバリーチャンネル イージス艦建造

発売日:2005-07-29
ランキング 39063 位  渋甘
商品レビュー  ブロック建造方法が克明にドキュメントされており、なかなか上出来でした。進水式のために浮きドックに移動させるシーンや寝かせてつくったブロックを砂場で立て起こすシーンなど盛りだくさんだす。
商品レビュー  イージス艦の登場する書籍を見る機会が多かった事もあり、その各種システム、装備を含む開発建造過程を期待したのだが、いわゆる昔ながらの造船・溶接技術といったところに焦点を当てており、軍事機密に関するからなのか、そういった特殊装備の取付け映像が全く無かったのはチョット残念。でも造船屋のおっちゃん達が鉄板を切った貼ったして造って行く過程と試験航行でスタンダードミサイルが垂直発射されるシーンはチョット感動。

イージス艦

1/700 海上自衛隊 護衛艦 きりしま (イージス艦) #010

発売日:
ランキング 11694 位  渋甘
商品レビュー  近頃、中期防衛網 弾道ミサイルなどでこのイ-ジス艦が目立っています。イ-ジス艦が好きな人はもちろん。海自には興味ないけどイ-ジス艦には興味があるという人は、作ってみるとよいでしょう。ただマストや艦橋は作るのが難しかったです。でもどこかか目につく所に置くと眺め込んでしまいます。また日本海軍駆逐艦などと横に置いてみると迫力が生まれます。ちなみに塗料は別売りです。

イージス艦

1/700 海上自衛隊 護衛艦 みょうこう (イージス艦) #011

発売日:
ランキング 6656 位  渋甘
商品レビュー  初めて艦船模型に手を出して作ったのが、この「みょうこう」です。とにかく、パーツの細かさに絶句。特にマスト部分は、苦労しました。しかし、艦橋構造部は多少パーツの組み合わせに難はあるものの、組み合わせやすく、簡単に仕上げられました。ただ、艦首部の単装砲と2基のCIWSはこのスケールでは小さすぎてやや迫力に欠けるかも…。でも、ピンセットと瞬間接着剤で、ちまちま作り上げるのは久しぶりに楽しかったです。ただ、デカールには難あり。艦載ヘリが発着する艦尾部分のデカールは、一体化しすぎていて貼るのに大変苦労しました。分割して貼るようにしても良い気がします。モールド部分に貼る非常に細かいデカールもあったりと、この辺は手先の器用さが要求されるかもしれません。でも、組み上がった後は、なかなかのバランスの良さに満足。映画「亡国のイージス」で何かと注目のイージス艦ですが、ちょっと時間がある方には作るのをお勧めします。

イージス艦

イージス艦入門―最強防空システム搭載艦のすべて

発売日:
ランキング 72268 位  渋甘
商品レビュー  イージス艦って、そもそも何なのか、中はどうなっているのか、どう使うのか、なぜ凄いのか、どんなシステムなのか、いったいなんで必要なのか、世界にはどんなイージス艦があるのか、そして、金正日が危篤で弾道ミサイル警報が出たときにどんな活躍をするのか(シミュレーション)など、イージス艦にまつわる、雑多な話題が詰め込まれた読み物。JShipsで見たことのあるような写真や記事もあり、購読者にとってはだぶってしまいますが、まあ、ゆるせる範囲でしょう。
商品レビュー  ニュースで出てくるイージス艦とは何か?日本の安全保障に欠かせない存在のイージス艦の誕生から装備まで、解説。素人から玄人まで必見です。「3番艦みょうこうはテポドンを追跡し、世界を驚かせ、韓国のイージス艦購入のきっかけになった。」など、ニュース・新聞に載ってない情報が満載です。

イージス艦

現代大戦略 2005 ~護国の盾・イージス艦隊~

発売日:2005-11-18
ランキング 4355 位  渋甘
商品レビュー  評価が低めなようですが、私的には満足しています。 まず、兵器数が多いことにビックリしました。世界各国の兵器を操れるのはおもしろいです。 さらに、生産タイプを自由にエディットできるのもおもしろかったですね。日本に空母を生産させたり、色んな楽しみ方があると思います。 マップもシナリオ・キャンペーン・ノーマルなど、多彩なものがあります。特に、誰かが昔作ったノーマルマップはおもしろいものが多かったです(地球全体で戦争や、ラーメンが戦場など) ただ不満点は一つ、グラフィックがしょぼいところです。2Dにするにしても、もう少しリアリティがあっても良いとおもいます。
商品レビュー  このシリーズはキャンペーンが好きなのだが、新しいキャンペーンが少なく、というよりも2004版とおなじものがいくつ「も」ある!!新しいキャンペーンを期待していただけに損した気分になった。 もう少しマップを充実させても良かったのではないか。毎回購入するユーザーをなめているのか。手抜きといわれてもしょうがないぞ。 昔からのファンなだけに、残念だ。 過去の作品では「マップ集」まで出ていた。潜在的な力はあるゲームだと思うので悲しい。 でも、ついついはまってしまう 怖さのあるゲームである。
商品レビュー  如何せんAIが馬鹿なのでほとんどのユニットを自分で操作するはめになる。 そのユニットの数が余裕で100超すのでプレイ時間の9割はマウスをカチカチとクリックしてます。物凄い苦痛でした。 リアルファイトもヘボいので途中で飽きてくる。(いい加減変えた方がいいんでは?) 音楽も種類は多いものの大した曲はなくすぐに飽きてくる。 あとシナリオ中に出てくる作戦名がダサいというか痛いと思ったのは自分だけでしょうか。 韓国やその他の国々と仮想戦記を繰り広げて喜べる人 戦闘時のヘボグラフィックを脳内保管出来る人以外にはお勧めしません。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

model electric world freestyle Takei tram cars Maeda Tokyo trams LRT 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。