スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイザック・アシモフ(Isaac Asimov)

和書: アイザック・アシモフ
洋書: Isaac Asimov

ロボットの原則といえば。

第65回世界SF大会 Nippon2007、横浜で開催

 
アイザック・アシモフ

アシモフの雑学コレクション

発売日:
ランキング 8283 位  渋甘
商品レビュー   アシモフのとっておきの知識が網羅されています。  歴史、地理、科学、怪奇現象、偉人達の意外な生涯、大事件の発端、当時の常識など一つのテーマに固執しない、縦横無尽な雑学はもう驚いていることしかできません。一つ一つの項には、何々は何々だった、とだけあって解説も何もないのにそれらは感心させてくれるだけでなく、各テーマへの興味を引き立ててくれます。  私達の世界観をあっと言う間に変えてしまう、ここまで影響力の強い本を私は初めて読みました。  是非読んでみてください。この本一冊読んだだけでずいぶんと物知りになった気分になれます。
商品レビュー  深い解説どころか、簡単な説明も一切なしで、驚くべき事実が次から次へと書かれています。書店で見かけたら是非ページを開いてみてください。
商品レビュー   トリビアだとか雑学だとかってのがブームっていうかブームを飛び出して定着したっていうかそんな感じだから新しく刷られたんだろーな、という感じ。私にとってはそのへんどーでもいいのだけれど、とりあえずこの本は好きです。  本屋に並ぶ雑学本の半分くらいは、その情報のおもしろさに関わらず全然おもしろくない。つまり、語り方が下手だったり無機質すぎたりする。  その点、この本は、単純な記述で済まされている情報が並ぶ中で、ちょこちょこと茶目っ気をきかせた表現や情報の組み合わせ方が見られて、そこで「おもしろいな」と感じることができる。そういうおもしろさがきちんと出るように、訳者の星氏も注意を払って訳されたのだろう。  僕はこの本が大好きです。

アイザック・アシモフ

われはロボット 〔決定版〕 アシモフのロボット傑作集

発売日:
ランキング 32656 位  渋甘
商品レビュー  アイザック・アシモフの「われはロボット」はロボットSFの古典的名作であるとともに、現代の人間社会とは別のルールを持った世界で名探偵(役のロボット心理学者)が大活躍するSFジュブナイル・ミステリの雄編である。この本に収められたミスティックな9編には、科学博士アシモフの今なお古びぬ学術的エッセンス以上に、「人間」の行動原理に対する深い洞察が見て取れる。冒頭の「ロビイ」はロボットよりむしろ「友達」を欲しがる少女の心理にスポットを当てた純粋な児童向け小説であるし、「うそつき」のクライマックスで事件解決の鍵となるのは探偵役のキャルヴィン博士の歪んだ激情だ。「証拠」「災厄のとき」で示される不気味な機械文明の逆支配構造は、限りなく発展するテクノロジーに対して人類はいかなる態度を取るべきかというテーマを提示する(しかも明確な結論は示されない)。読者の注目は自然とロボットよりも彼らと付き合う人間に対して向けられる。現代のフィクションにおいても、ロボットは人間の姿見としてヒューマニズムを表現するための媒体に使われることが多いが、驚くべき事にアシモフは今から60年近くも前に斯様な現代的表現技法に着手していたことになる。本作がロボットSFの出発点にして原点と呼ばれる所以だろう。SFという形体を取りながら、アシモフのテーマは(当時主流であった)技術文明の礼賛よりも、時に暖かく、時に残酷に、人間達の複雑かつ奇妙な心の内を描き出すことにあったのではないか。いつの時代にあっても、人間を描くことに拘る物語は強いものだ。
商品レビュー  アイザック・アシモフの「われはロボット」はロボット小説の古典的名作であるとともに、現代の人間社会とは別のルールを持った世界で名探偵(役のロボット心理学者)が大活躍するSFジュブナイル・ミステリの雄編である。この本に収められたミスティックな9編には、科学博士アシモフの今なお古びぬ学術的エッセンス以上に、「人間」の行動原理に対する深い洞察が見て取れる。冒頭の「ロビイ」はロボットよりむしろ「友達」を欲しがる少女の心理にスポットを当てた純粋な児童向け小説であるし、「うそつき」のクライマックスで事件解決の鍵となるのは探偵役のキャルヴィン博士の歪んだ激情だ。「証拠」「災厄のとき」で示される不気味な機械文明の逆支配構造は、限りなく発展するテクノロジーに対して人類はいかなる態度を取るべきかという今日的なテーマを提示する(しかも明確な結論は示されない)。読者の注目は自然とロボットよりも彼らと付き合う人間に対して向けられる。現代のフィクションにおいても、ロボットは人間の姿見としてヒューマニズムを表現するための媒体に使われることが多いが、驚くべき事にアシモフは今から60年近くも前に斯様な現代的表現技法に着手していたことになる。本作がロボットSFの出発点にして原点と呼ばれる所以だろう。科学に対する楽天的な無批判さが糾弾される事も多いこの時期のSF小説だが、SFという形体を取りながら、アシモフのテーマは(当時主流であった)技術文明の礼賛よりも、時に暖かく、時に残酷に、人間達の複雑かつ奇妙な心の内を描き出すことにあったのではないか。いつの時代にあっても、人間を描くことに拘る物語は強いものだ。
商品レビュー  今回「決定版」と銘打たれて刊行された本書収録短編の内容についてはすでに旧版のレビューに書いてしまっているので省略。旧版との主な相違点は、会話部分を中心に、訳文の細かなところに修正が施されていることと、瀬名秀明による解説とアシモフの「ロボット/AI作品一覧」のリストが付されている点だ。このところロボット関連の著作が続いている瀬名の解説は、若干力みすぎの部分があるものの、ハーラン・エリスンが手がけた『われはロボット』の脚本や、石川英輔のロボットテーマの作品にも言及するなど、なかなか行き届いていて好感が持てる。本書の読後、アシモフのロボット作品に興味を持たれた方には、『鋼鉄都市』、『はだかの太陽』などの一連の長編や、短編集『コンプリート・ロボット』を、また、より広くロボット全般について知りたいという方には、瀬名が編者となり、ロボットをめぐる小説と識者のエッセイを大部な1冊のアンソロジーにまとめた『ロボット・オペラ』をおすすめしておきたい。なお、帯には「映画『アイ, ロボット』の原作」と刷り込まれているが、映画自体は(suggested by Isaac Asimov's book とあるように)、タイトルと登場人物の名前と「三原則」、そして収録短編中のあちこちからアイデアの断片をかき集めて刑事アクション映画に仕立て上げたもので、オリジナルとは別物と考えていい。いつかハーラン・エリスンの脚本による「われはロボット」を見てみたいものだ。

鋼鉄都市

発売日:
ランキング 68509 位  渋甘
商品レビュー  未来の地球人はドームに覆われた鋼鉄都市に住んでいた。 ドーム都市に住むことで人々は広所恐怖症になっていた。 普通の人々にとってドームの外に出ることはとてつもない苦痛である。 そして、人類史で初めての「殺宇宙人事件」が発生する。 殺害現場はドームの外! 人間がドームの外に出ることは考えにくい。 犯人はロボットなのか? だが、ロボットに殺人なぞ出来る訳がない! ロボット工学の第一条 「ロボットは人間に危害を加えてはならない。またその危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない」 は、ロボットのポジトロン脳の中枢に組み込まれており、 人間を助けることが出来なかった場合でさえ、ロボットは機能不全に陥ってしまうのである! ニューヨーク市警C5級私服刑事イライジャ・ベイリが捜査することになるが、 ベイリにはロボット刑事R・ダニール・オリヴォーが相棒として付くことになる。 ロボット刑事の存在に戸惑いながらも、ベイリは事件の真相を見事に暴く! 漫画「究極超人あーる」の田中一郎にRが付いているのはこの作品が元ネタです。 半村良の「亜空間要塞」でも刑事の名前にRが付いているというギャグをやっていたっけな。 ギャグやパスティーシュの元になるぐらい「鋼鉄都市」はスタンダードな名作である。
商品レビュー   舞台は未来の地球。当時の地球は宇宙人(地球から宇宙へ移民した人々の子孫)たちの支配下にあった。また地球は極度の都市化・食糧生産の合理化・配給制度によって急激な人口増加に対応していたが、それも限界に達しようとしていた。宇宙人たちは地球を改善すべく、ロボット積極的導入政策を進めたが、かつての地球の栄光を懐かしむ<懐古主義者>たちの宇宙人やロボットへの反発は日増しに強くなっていた。  そんな中、ニューヨーク・シティに隣接する宇宙市(宇宙人居住区)で1人の宇宙人が殺された! 宇宙市に住む宇宙人の中には犯人はいなかった。しかし、地球人は原則的に宇宙市に入れないし、たとえ許可を得て入ったとしても<回廊>で武装解除されてしまう。  <回廊>を通らず荒野を横切って宇宙市に入る方法もあるが、地球人は長い<シティ>生活の結果、極度に自然を恐れるために不可能である。そしてもちろん、ロボットには人間を殺せない・・・  ニューヨーク・シティの警視総監・エンダービイはこの怪事件を重く見て、大学以来の親友で優秀な刑事・イライジャ=ベイリに捜査を命じる。一方、宇宙市側は初のアンドロイド(人間そっくりのロボット)・ダニール=オリヴォーを派遣。ここに人間とロボットの刑事コンビが誕生した……  人気のベイリ・ダニールコンビ初登場の作品。SF的道具立てをミステリのトリックに利用したSFミステリ(SFとミステリの融合)の傑作として名高いが、そういったアイディアとプロットの巧みさだけでなく、SFロマンに満ちあふれた世界観も魅力的である。
商品レビュー  鋼鉄都市はSFの世界を舞台にしたミステリーです。殺人事件は土壇場で真相が明らかにされますが、前半での登場人物の行動の矛盾や状況証拠、一見必要がないと思われるエピソードにかなりのヒントが隠されていますので、推理しながら読むと面白いと思います。

アイザック・アシモフ

アシモフの科学者伝

発売日:
ランキング 129465 位  渋甘
商品レビュー  アシモフの科学者伝 アジモフ博士による科学者達の伝記。この本で取り上げられているのはアルキメデスからゴダードまで人類に影響を与えた偉大な科学者30名である。その当時の科学常識・殻を打破った彼らを描くとともに、「誰が何をなした」だけではなく「なした何か」を解りやすく解説してくれている。 この本でも随所にアジモフ博士流のユーモアーが顔を出すので、それを見つけられたファンの方達はきっと北叟笑むことであろう。勿論、ファンでない方達にも一般教養を身につけるための本としてお勧めできる。

アイザック・アシモフ

聖者の行進

発売日:
ランキング 145664 位  渋甘
商品レビュー  とにかく、バイセンテニアル・マン!泣きました(;_;)まだ昭和だったころ。そして、ビデオレンタル店で映画化されているのを発見!さっそく借りて帰りました。家に届いたアンドリューが起動したときのキョトンとした顔……小説の結末が頭の中に蘇り涙が溢れて止まりませんでした(;_;)長編化されたほうは期待はずれになるのが怖くて読んでませんがこの本に収録されている「バイセンテニアル・マン」だけでも読んでみて下さい。少年の頃SF小説を読んでは大宇宙に想いを馳せた人達は邪念を捨てて中学生の自分に戻って読んでみて下さい(/_;)/‾‾
商品レビュー  全ての作品の前にアシモフの序文がついており、とても楽しい短編集である。 SF作家数々あれど、アイザック・アシモフを否定するSFファンはいない。 ハーラン・エリスンが言うように、もしアシモフを悪く言う奴がいるとしたら、 そいつは嘲笑する価値も無い程の愚か者である。 アシモフの魅力とは文章にアクがないことである。 アシモフの作品はすべて知的な論理に基いて書かれているのだ。 論理的思弁小説の面白さがアシモフの長所であり、 作品のムードやキャラに酔うのなんてお門違いである。 感性のみを求める人にはアシモフは物足りないかもしれないが、 小説は論理的にストーリーを展開させるものだよ。 アシモフを面白くないと言うことは、自分は考える頭脳を持ってない パッパラパーだと言ってるのと同じである。
商品レビュー   アシモフのSF短編集。 一番面白い話はやはり映画「アンドリューNDR114」の原作、「バイセンテニアル・マン」。映画はこの話が元になっていますが、僕はこの原作小説の方がずっと好きです。原作小説には恋愛的な話はありませんが、一人のロボットが「人間になる」事だけを望み、努力するストーリーが純粋に楽しめます。僕は映画よりも感動的なストーリーだと思います。 そのほか、「女の直観」はスーザン・カルヴィン博士が登場するロボットもの。女性型の知能を持った新型ロボットに関して起きた事件を、カルヴィン博士の推理が鮮やかに解決します。あまり読者が推理できる形式ではありませんが推理小説的で面白いです。 映画に使えるような小説を書いてくれと言う依頼に対して書いたと言う「ウォータークラップ」も、内容的に少し地味で映画になる事は無かったようですがつまらなくは無いです。一つの海底都市がテロリストによって壊滅させられようとしている危機を知恵の力で救うクライマックスは印象的です。 他にも「心にかけられたる者」「天国の異邦人」などのロボット物も収録されていて、ロボットものの小説が好きな人にもお勧めの一冊です。

空想自然科学入門

発売日:
ランキング 105522 位  渋甘
商品レビュー  何と言っていいのだろう。「空想自然科学」とは何なのか?完全に空想ではないものの、空想部分も含めた、自然科学。例えば第4部の「天文学」では、「太陽系の中で、生命の発見される可能性がいちばんある天体は、どれだろう?」一般的には「火星」となっているが、「木星」説が唱えれられている。それも、分かりやすい説明と説得力有る根拠で。これは読んでいて面白い。中には、難しく、理解不能な章もあるが、その思考回路は素晴らしい!としか言えない。素晴らしいと思うものの、引き続き「アシモフ」モノを読む気にはならないので(あくまでも個人的読書傾向が原因です)☆4つにしました。
商品レビュー  博覧強記の一言、アジモフのジャンルを問わない科学知識とその整理能力には只恐れ入るのみ、気軽なジョークを挟みながら、本当にわかりやすく根本的なところから説明してくれている。しかも雑誌からの出展なので割と少ない文章の集まりで気に入った処から読める。シリーズ第一巻

ファウンデーション ―銀河帝国興亡史〈1〉 ハヤカワ文庫SF

発売日:
ランキング 33120 位  渋甘
商品レビュー   アシモフの面白さはSFとしてというよりミステリとしての面白さんだよね。このシリーズの2巻はミュールとは何者か?3巻は第2ファウンデーションとはどこか?という謎を最後に大どんでん返しでみせるという面白さなんだよね。  という意味で現代のSFからみるとSF的な面白さは少ないのですが教養として読んでおくのもいいかもしれません。  私はこれを20年以上前にほとんどはじめてSFを読むという状態で読んだので熱中できました。
商品レビュー  世界3大SF作家、アシモフの最高傑作。 4巻がヒューゴー賞受賞、1~3巻がヒューゴー特別賞を受賞し、刊行から現在に至るまで、延々と売れ続ける、オール・タイム・ベストです。 創元推理文庫からも銀河帝国興亡史というタイトルで1~3巻が刊行されています。また、シリーズは本編5作の他に、外伝的作品もあり、また、他の作者による巻もあり、非常に膨大なシリーズとなっています。 心理歴史学という人間は集団になればコントロール、予測可能である仮説を中心に据えていますが、作者が科学畑の方であり、非常に面白い視点だと言えます。 1~3巻は銀河帝国の混乱を短縮化するために、未来予定図を作成した天才科学者と死後のプランの活躍を描きます(歴史絵巻)。4~5巻は、プランの安全装置とも言うべき、あっと驚く二重構造の仕掛けを描きます(謎解き)。尚、この部分はロボットシリーズとの融合が深みを与えています。 3巻では、おおっ!と驚くどんでん返し、5巻では、「地球」を焦点に感動的なラストを配し、本当に飽きさせません。真の傑作です。
商品レビュー  こと「SF小説」と言う分野に限定すれば、 私にとっては他を大きく引き離してのダントツのベストだ。 何度読んでも一向に飽きない。 この小説については語りたいことが多すぎて、 私の文章力では簡潔にまとめられないことが口惜しい。 以下、思うところをランダムに。 「大きな母集団の行動は数学的に予測可能、従って未来予測も可能」 とする架空の学問「心理歴史学」は一見突飛に見えるが、 そのコンセプトは、現代の様々な学問で使われていると言える。 この小説の初出が1942年であることに注目。 その後の実世界で起きた、重厚長大な武断国家から スピーディな商業国家に覇権が移っていく様を小説内で予言している。 ある意味で「架空歴史小説」の分野にも入るのだろう。 有名なスターウォーズを初め「銀河帝国」の衰勢を扱った小説は多いが、 話の奥深さにおいて比較される小説は存在しない。 さすがの「未来学者」アシモフでさえも、1940年代時点では 「コンピュータは計算のためだけの道具」で、 「原子力こそ未来のエネルギー」としか予測できなかったことは ある意味興味深いところ。 (もちろんそれでアシモフの偉大さを貶めるものでは全くないが)

アイザック・アシモフ

ファウンデーションへの序曲(上)―銀河帝国興亡史〈6〉

発売日:
ランキング 171204 位  渋甘
商品レビュー  伏線の張り方がヘタすぎるので、 第一のどんでん返しは誰でも気付くだろうが、 そればかりにとらわれると、 第二(本質的には第一と同じ)のどんでん返しまでは予想できても、 第三のどんでん返しには目がいかず、ラストで感動できるかもしれない。 しかし、このネタを使うと、 見事に完結している1~3をまたひっくり返せる可能性もでてきて、 過去の感動がまた彼方へ吹っ飛ぶ惧れもある。 年代記的には最初のエピソードになるのだが、 これを読む前に「ロボットと帝国」と「電脳惑星シリーズ」を読んでおいた方がいいだろう。 「ロボットと帝国」で発見した第零条が本書にあっさりと述べられているので、 本書と「電脳~」を先に読んでしまうと、「ロボットと帝国」を読む楽しみはなくなってしまいます。 「翻訳の世界」の欠陥翻訳時評で「ファウンデーションの彼方へ」が 別宮貞徳氏に”いい加減のパッ訳”と評されたのに、 その後も岡部は日本語になってない文を平気で書いているが、 SFミステリとしての伏線と謎解きには影響ない箇所だろうから安心して諦めなさい
商品レビュー   銀河紀元12020年、惑星ヘルコンから銀河帝国の首都・惑星トランターにやってきた若き天才数学者がいた。その名はハリ・セルダン。トランターで10年ごとに開催される数学者大会で、セルダンは「心理歴史学」なる新学問を披露し、人類の未来が「理論的には」予言可能であることを数学的には証明した。  しかし、「心理歴史学」はセルダンの想像以上に人々の関心を呼び、それを利用しようと企む権力者たちに狙われるはめに合う。逃避行を続けるセルダンだが、最後に彼を待っていたのは衝撃の真実だった・・・!  ファウンデーション設立に至る内幕と若き日のセルダンを描いた作品。
商品レビュー  ~若き日のセルダンの心理歴史学の産みの苦しみと数々の冒険を描いた作品です。まだごく小さな芽が出たばかりの心理歴史学は多くの支配者の目にとまり、自分の側につけて利用しようと策略を巡らし、その結果セルダンはトランター中を逃げ回る事になります。そこで見たいくつかの異なる地区、出会う人々はとても興味深く、ラストで逃亡を援助したヒューミンの正~~体には驚かされました。~

はだかの太陽

発売日:
ランキング 166759 位  渋甘
商品レビュー  ベイリ&ダニイルもののSFミステリ。舞台はソラリアという遊星。ソラリア人は他人との接触を極端に嫌い、三次元映像でコミュニケーションを取る。そこで、死体とロボットだけが残された殺人事件が起こる。ロボット三原則によって、ロボットは犯人ではあり得ない。それでは犯人は ? 殺人事件の方は底が浅いので謎解きは難しくないが、ソラリア人の特質を活かした"解決法"は笑わせてくれる。それより本作がインパクトを持つのはその風刺性である。ソラリア人のコミュニケーションの取り方は現代の日本に似ているではないか。ソラリアにおけるソラリア人とロボットとの関係は容易に旧宗主国と植民地の関係を想起させる。また、ソラリア内部における保守と革新の対立もリアリティを感じさせる。そして、最後に語られる次の言葉は強烈である。「銀河系宇宙において、ソラリアに似ているのは地球だけだ」。 SF的設定でミステリの風味を味あわせ、更に辛辣な風刺を含んでいるアシモフの傑作。
商品レビュー  本格SFミステリだから、へたなことを書くと読む楽しみがなくなる。 これだけは言っても良いかな? 第一条には自明の理だから明文化されていない恐るべき盲点があったのだ! 巧く書けば「Yの悲劇」になった可能性もあったのに、アシモフ先生、少し手を抜いたという感じである。 イライジャが完全に主人公で、相棒のロボット刑事ダニール・オリヴォーの存在感が薄すぎる。 しかし、ラストのダニールのセリフをどう深読みするかが問題である。
商品レビュー  ~有史以来初の殺人事件が起きた惑星ソラリアに派遣されたイライジャ・ベイリ刑事は再び人間そっくりなロボットダニール・オリバーと組んで難事件に挑みます。ソラリアは人一人に対してロボットが1万台、人間同士の接触がほとんどなく、三次元映像で相手を直接“見る”のではなく、”眺める”という特殊な世界です。SFでありながら鋼鉄都市よりももっとミステリ~~ーの要素が強くなり、シリーズの今後の展開への含みも持たせた優れた作品だと思います。~

アイザック・アシモフ

ロボットVS.人類

発売日:
ランキング 120418 位  渋甘
商品レビュー  児童文学評論家の赤木かん子氏の編集による、SF小説の中の「ロボットもの」の秀作が7編収録されています。 解説にもありますが、どの作品も「SFロボットもの」の初期の作品です。「大人でも楽しめる」というよりは「大人だからこそ」読んでおきたい作品ばかりだと思います。 読み応えもありますし、値段以上の価値があると思います。



関連ページ: アイザック・アシモフ

Tag:shibuama 哲学者が哲学をする。作家が哲学をする。映画評論化が哲学をする。皆が哲学者であるが、昔ほど哲学する人が多いわけではない。実利的であることを哲学するのは良いとして、哲学することを放棄して実利的であろうとすることには、疑問が残る。放棄の時代である。


コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

tram Tokyo Takei freestyle LRT world electric Maeda trams model cars 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。