スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年2月11日 ジャンル不問、今、売れているDVD! #4

DVD-BOX

春のワルツ DVD-BOX 1

発売日:2007-02-21
ランキング 214 位  渋甘
商品レビュー  吸い込まれるような映像美、心が震える音楽、ドラマの切なさ、出演者たちの美しさ、丁寧に作り上げられた一コマ一コマ。四季シリーズの完結にふさわしい作品でした。シンプルかつドラマテイックな編曲でピアニストのチェハが弾く「いとしのクレメンタイン」が波のように私の心に何度も感動を運びました。彼の手から流れるクラシックの数々の名曲、チェハさん自身の歌う「FLOWER」がムード満点で胸が熱くなります。それにしても、4作品に必ず登場する「片思いの報われない男たち」の切なさは、筆舌に尽くしがたいですね。春のワルツでは、ピアニストでもあるかっこいいマネージャー、フィリップ役のダニエル・へニーのウンニョンを想う姿が、温かくて、優しくて、悲しくて。私なら、こっちの方にころりと参ってしまいそうですわ・・・。ユン監督作品では主人公の脇で織りなされる、もうひとつの愛が大切な要素になっていますね。私の大好きな韓国ドラマ、ベスト5に入る作品でした。皆様もぜひどうぞ。
商品レビュー  KBS放送で、全回見終えました。四季シリーズの中で、おそらく最も地味でしょう。でも、私は断然一番好きです。ユン・ソクホ監督がこのシリーズで伝えたかったことが、一番凝縮されている作品だと思います。他の3作品のように、グサッとくるものはありません。けれど、回を追うごとにひたひたとあなたの胸に迫ってきます。日常生活に追われ、大切なものを忘れかけている人へ・・・。映像・音楽もシリーズ最高だと思います。なぜ韓国本国で視聴率が低かったのか首をかしげますが、おそらく今回主役キャストに思い切って若手を起用したことが裏目にでたのか・・・でも観て下さい!このドラマはこの二人じゃないと駄目だと思うはずです。それほど素晴らしい二人の迫真の演技!10回を過ぎたら、涙の連続ですよ~!タオルハンカチをご用意下さい。最終回もシリーズ随一!絶対おすすめで~す。
商品レビュー  四季シリーズの最後を飾るドラマ、ガイドブックもノベライズ本も読みました。ドラマの内容をすべて知っても、どうしても映像(ドラマ)で観たくなるのが、ユン・ソクホ監督の四季シリーズです。 期待どうりのドラマで毎週の放送が楽しみで、すっかり主人公の2人の演技に引き込まれています。 私としては、字幕放送がメインで放送して欲しかったです。本人の声のほうがもっと感情が伝わってくるような気がします。放送の字幕は大事な映像が隠れてしまいとても残念です。DVDを字幕で観るのを楽しみにしてます。

DVD-BOX

ジョジョの奇妙な冒険 第3部 スターダストクルセイダーズ DVD-BOX

発売日:2007-05-25
ランキング 144 位  渋甘
商品レビュー  8~13話は音楽に余計なリミックスを施したDVD版より最初のLD版にしてほしいです。音声がLD版なら、バラでDVDを買った人も買う価値があると思います。
商品レビュー  北久保弘之監督が手がけた8話から13話は本当に良く出来ています(1話から7話は中古各980円以下コーナーで時々見かけます・・)。特に対ダービー、対DIO戦はお気に入りで10回以上は見ています。省略されてしまったオインゴボインゴ兄弟戦、イギー対ペットショップ、そして前半の法皇VS吊られた男、皇帝VS正義のエピソードは是非「北久保」演出で見てみたかったですね(ホルホースファンの方も多いと思います)。このBOXには飛呂彦先生へのインタビューも収録(まさか再録?)される予定との事ですのでそちらも非常に楽しみです。  余談ですが4部アニメ化の際には仗助(CV矢尾一樹)、億康(CV大塚芳忠)でお願いします(いつも連るんでいるのこの2人がとっても好きです。バイツァダストの件からラストへの怒涛の流れ、北久保監督なら再現出来るだろうなァ・・)。

DVD-BOX

チェ・ジウの恋人 DVD-Box

発売日:2007-01-26
ランキング 484 位  渋甘
商品レビュー  チェ・ジウさんとサンウさんの大ファンで、天階ものはしっかり購入しています。 今回のは、いろいろなもので見たことがあるのがほとんどでしたが、日本語訳など 初めて見たものもあり、よかったです。 ジウさんの他の共演者との楽しそうな姿も見れて、かわいかったです。

DVD-BOX

西遊記II DVD-BOX I

発売日:2007-01-24
ランキング 589 位  渋甘
商品レビュー  猪八戒役は当時西田敏行は『池中玄太80km』の出演のためキャスティングは左とん平に替わりましたが、違和感はありませんし両方とも楽しめましたよ!やっぱ孫悟空役は堺マチャアキです!☆5つです!
商品レビュー   一番古いけど一番出来が良いのがこの西遊記。これ以後に作られた最近の西遊記とは「次元が違う」のだ。セットから何から一番古いはずなのに、その古さすら感じさせないものがこの西遊記には有る。三蔵法師ですら,夏目雅子が女性に見えないし、悟空役の堺正章も堺正章に見えないし、他のメンバーもそうだ。そして各話で登場する妖怪ですら、見ていて何の違和感も無くストーリーに入り込んでしまう。近年の作品では決して味わう事の出来ないテイストだ。また,この時期の作品は子供の情操教育にも持ってこいの内容だ。喜怒哀楽,「なぜ人が生きるのか」といったような意味の深いことまで上手く描かれてある。これを越える西遊記はもう出てこないのではないか。
商品レビュー  当時、猪八戒を演じる西田さんから左とん平さん変わることに抵抗がありましたがシリーズ1の雰囲気がそのままだったので楽しく毎週見たのを覚えてます。また、ストーリーがシリーズ1より、人物描写がしっかりと描かれているので、今見ても見応えありです。思わずホロッとしてしまいますよ。なので個人的にシリーズ2のほうが好きです。あと、ジェームス三木氏の書かれた脚本の回はどれもおもしろいです。(シリーズ1含め)後にジェームス三木氏の活躍を見れば納得といったところでしょうか。

DVD-BOX

相棒 pre season DVD-BOX

発売日:2006-10-06
ランキング 239 位  渋甘
商品レビュー  『相棒』が連続ドラマになる前に、『土曜ワイド劇場』で放映された長編3本をコンプリートしたBOX。私は今の連ドラになってからは実は見ていないのですが、この長編3本は見ていて好きだったので、BOX発売はうれしかったです。 こういうシリーズものは、途中でだんだんキャラ設定が変わってきたりすることもありますが、『相棒』シリーズについては、はじめから「右京・亀山コンビ」やその周辺にいる人のキャラに安定感があるので、見ていて安心します。ストーリーも面白いし、ミステリ好きの人にもオススメできると思います。 ★を1つなくしたのは、一部の音楽がTVの時と違ったから。使用権の問題かなにかだと思いますが、あの盛り上がりの場面の音楽が好きだったので、それが残念で1つなくしてしまいました。
商品レビュー  熱烈なファンというわけではないのですが、以前から、水谷豊さん主演のドラマは欠かさず見てます。水谷さん主演でがっかりした経験がなかったので、このドラマも迷わずチェックしてました。これまでのドラマも面白かったけれど、この作品はその中でもダントツだと思います。 脇役さん達もそれぞれ癖のある方ばかりですが、ちっともうるさく感じません。上手にドラマに溶け込んでいるので、彼らの掛け合いも見所の一つかと。
商品レビュー   相棒の根幹が伺える作品ですね。すでに独特の世界観ができており、今までの刑事ドラマとは異なる相棒のよさが出ていて非常に面白い。  右京さんの変人ぶりや偏屈さが今よりも顕著ではあるが刑事としての誇りを持っている姿や、亀山君のお人よしだが熱血でまっすぐな人柄など個性豊かなキャラクターも魅力的だ。また「特命係の亀山」と出てくる伊丹刑事や「暇か」と特命係に油を売りにくる角田課長などサブキャラクターも面白く、すでに特命係を覗いている刑事ふたりが登場しているのもファンとしては非常にポイントが高い。  相棒ファンは絶対買いの作品であり、また相棒を知らない人も相棒にはまっていくこと間違いなしの作品に仕上がっている。

DVD-BOX

西遊記 DVD-BOX 1

発売日:2006-09-27
ランキング 686 位  渋甘
商品レビュー  私は30半ばちょい超えですが、『西遊記』と聞けば無条件にこのシリーズが頭に浮かび、グッとくる世代です。 最初期の本品ですが、誰もが幼い頃に聞かされた話がいくつも含まれ、一番原作に近い雰囲気です。 パターンとしては、旅路の三蔵法師が悪い妖怪に捕まるも最後は悟空はじめ3人の弟子が助け出す訳ですが、三蔵は必ず自分の命を奪いかけた相手の妖怪を許します。如意棒を振り下ろさんとする悟空に許しを指示する夏目雅子の声が、力強くて神々しくさえあり、こんな時代に新鮮でした。ああ、自分は一体いつから人を許すという事が出来なくなったのだろうかと思わされました。 しかし一体、いつ?誰が?どうやって?三蔵役に夏目雅子を思い立ったのでしょうか?本当に。 最後に、我が家では82歳の祖母が大のお気に入りで何度も視聴しています。
商品レビュー  待ってました!堺悟空と西田八戒のやりとりの妙!そして夏目雅子さんの時代を越えた美しさ(というか可愛さ)!子供が出来たら子供にも見せてあげたい傑作ドラマです。
商品レビュー  夏目雅子、堺正章、西田敏行、岸部シローの演技が見ものです。 当時(1978年)、夏目雅子は21歳、妖怪3人は30歳そこそこです。こんなに自然な流れ、軽いテンポで時にはコントのようなアドリブ演技をできる俳優が、今の日本にどれだけいるのでしょうか。夏目雅子ほどの演技力を持った21歳がいるでしょうか。現在の20~30歳くらいの俳優は、円熟度がこの時代の俳優にはかなわないと思います。 この点だけ考えても、以後製作された西遊記は比べるまでもありません。 この西遊記が最高です。

DVD-BOX

エンジェル・ハートDVD Premium BOX Vol.4 (完全限定生産)

発売日:2007-02-28
ランキング 563 位  渋甘
商品レビュー  「リョウ」のいいパパぶりは「シティ-ハンタ-」からのファンなら予想通りでしょうあの頃から親子がらみの話になると「遊び人リョウちゃん」から完全に「おせっかいやきのリョウさん」になっていましたから「香ちゃん」との娘となれば「シャンイン」が関わる事は事件であろうがなかろうがご期待通りにシャシャリ出て切ない気持ちになりそうな話をホ-ムドラマのお父さんのように見事に明るくまとめてくれるさすがリョウセンセイ「親の死というのは親が子どもに伝える最後の人生観なのかもな」というリョウのセリフが最近のアニメで心にのこったセリフの一つですそれと並んで心に残っているアニメのセリフが「かいけつゾロリ」のなかで「ママはいつだって子どもの味方なんだ」というゾロリのセリフです「親への絶対の信頼感と親の生き方への共感がこの二つのセリフにこめられていると思いますいまの時代私を含めこの「ゾロリとリョウのセリフ」に心から頷ける人は幸せだと思いましたそしてそんな素敵なパパ.ママになって欲しいという両作者の願いがこめられた2作品だと思いますこんないいアニメ終わってしまい残念ですぜひ「エンジェルハ-ト2」も熱望します
商品レビュー  50話で最終回を迎えたが、CHと違い原作に忠実な設定なので、続くエピソードもアニメ化して欲しいものだが、少し年月が必要だろう。先ずは原作の18巻までの未映像化のエピソードから映画を製作して欲しい。1番の希望は連続殺人犯の遠山のやつ。これは特に映画向きの作りだと思う。
商品レビュー  とうとう最終回…約1年あっという間でした。ミキちゃんの海学級で起きたバスジャックの話がカットされたのは、残念でした。アニメで見たかったです。 最終話「ラストプレゼント」は、最終回にふさわしいストーリーだと思います。楊芳玉…再登場!!固まってひきつるリョウは、おもしろかったです。そして、シャンインへのリョウからのクリスマスプレゼントを渡したシーンには、とても感動しました。でも、原作ではあった最後のオチ…アニメで見たかったなぁって思いました。

DVD-BOX

ダーマ&グレッグ シーズン1 DVD-BOX

発売日:2006-12-22
ランキング 292 位  渋甘
商品レビュー  とにかくオモシロイそれだけ。差別とか偏見、アメリカの社会問題などほとんどを包み込む温かさとユーモアで、明るい。それでいてシリアス。恋人どうしで見るのもよいのでは?個人的には、仕事のやりすぎ?で現実感覚がずれて絶妙なボケをみせるグレッグのお父さん。
商品レビュー  NHKで放送されてから、かれこれ8~9年くらい経つのかな?その間、「たのみ.com」のDVD発売希望スレが何度立ったことか。。。この程待望のDVD-BOXの発売である。しかも嬉しい事に、NHK放映時のオリジナルキャストでの日本語吹き替え収録である。雨蘭咲木子嬢のキュートでセクシーな「ダーマ声」がいつでも楽しめるこの至福!「んフフぅ」って可愛らしい笑い声から「ぶわァァあァ」とかいう凄まじい悲鳴まで、演じるジェンナ・エルフマンの肉声よりも「ダーマ的」であるところが素晴らしい。洋ドラ吹き替えの醍醐味だね。 あのゴキゲンなテーマ曲は日本独自のものらしく、DVDには収録されていないのが残念至極だが、ファンにとってはそれすらも些細な事と思えてしまう位、待たされました('∀`*) ヒッピーコミューンで育った奔放な女性ダーマと、エグゼクティブな家庭で育った地方検事のグレッグは、地下鉄で出会った瞬間、一目惚れして即結婚。まったく生き方の違う二人だが、ラブラブだから無問題。問題は、対立階層にある互いの両親だ。ダーマの素っ頓狂なライフスタイル(美貌の人妻が下ネタをゴンゴンかますドラマがNHKで!ってのが話題だったのよ)よりもむしろ、この「新しい家族たち」の反目が主な笑いドコロであるかと。 敵役ともいえる、全方位敵に回すスノビズムの権化であるグレッグの母キティ(「ER」で例えるなら、ロマノとウィーバーを足して二で割らないような性格 Σ(゚∀゚||))には、実は根強いファンが結構いたりする所にも、このドラマの面白さや人気の高さが伺えるかと。 グレッグが政界に打って出る第8話と、ダーマの魅力がエラい形でグレッグの平穏を突き崩す第23話が俺的にはおススメ。笑い死ぬ覚悟で観てね(w
商品レビュー  皆さん待っていたんですね。 喜びを共有できてうれしいです。 あの吹き替えで見れたことも感激です。 NHKで見てない人でも十分楽しめると思います。 この前、友人が何人か来た時に見てもらいましたが、みんな笑ってました。 結構大人向けです。 早く続きが出ないかなあ。(まだ全部見てないけど)

DVD-BOX

僕の歩く道 DVD-BOX

発売日:2007-03-07
ランキング 572 位  渋甘
商品レビュー  橋部敦子脚本、クサナギツヨシ主演という、このシリーズ最高のタッグ。 期待以上の作品です。 自閉症というデリケートな難しい役をクサナギツヨシが演じきっています。 「都古ちゃんへ」から始まる3行の手紙がほんわか温かいですね♪
商品レビュー  このドラマは1話1話、ゆっくりじっくりと物語が進みます。 時間の流れがゆったりとしていて、台詞もひとつひとつ、こころに染みてきます。 登場人物のひとりひとりに、いろんな葛藤と生きていく上での楽しさ・辛さが描かれます。 それはドラマの中だけにとどまらず、観ている我々にもいろんなことを問いかけているように感じました。 好きだと思って結婚した相手が全然思ってもいなかった冷たい人だったり。 基本的にはこころ優しいドラマです。 今はなにかと暗い話題が多い世の中ですが、こういうドラマを見るとほっとします。 色々と辛いことがあっても、生きていこう!っていう希望が見えてきます。
商品レビュー   「僕の‥」シリーズはふたつとも見ていてどちらもかなりの秀作だったので、今回の作品もおおいに期待してみ始めたのですが、満足のいく出来でした。 確かに一部の人たちが仰るように、メッセージが少々説教臭かったり、周囲の人間が主人公に簡単に感化されてみんないい人になっちゃうなどご都合主義的なところもありますが、それでも毎回オンエアが楽しみでした。低次元な煩悩を山のように抱えて鬱々としている私などは、見るたび「生きていくうえでのアドバイス」をもらっていた気がします。例えば自分の考えや行動が周囲に否定されて思い悩んでいる園長の問いに彼が答える場面。「できないことがたくさんあるのは恥ずかしいことじゃないの。できることを一生懸命やることが大切なの」と、彼はいつも母親から言われていることをそのまま口にするのですが、園長はその言葉に救いを見出して安堵します。与えられた仕事をいつも黙々とこなす主人公の姿を思い返し、私は思わず深くうなずいてしまいました。まあ私が単純なだけかもしれませんが、毎回そんなかんじで気付かされる、そして教えられることが多いドラマでした。  シンプルでケレンのない演出、草なぎ&長山親子の絶妙な呼吸も素晴らしかった。いまさら言うことでもないとは思いますが、スマップの中ではやはり彼がいちばんの役者なのではないでしょうか。彼主演の次回作がいまからとても楽しみです。

DVD-BOX

冬のソナタ DVD-BOX vol.2

発売日:2003-10-22
ランキング 282 位  渋甘
商品レビュー  一昨年年末、BSで完全版を観てハマり、 韓国語の学習を始め、韓国に旅行に行き(勿論冬ソナツアー)、 遅れながらもBOXを購入しました。 値段も下がってきて、送料がかからないアマゾンはお手頃です。 1巻ずつも販売していますが、 ヨン様&ジウ姫の綺麗な写真入りボックスや 名セリフ等の書かれた小冊子(今も付いている!?)のあるこちらが やっぱりオススメです。 内容は「1」で書いたので、ここでは短所を…。 ビデオは擦り切れてしまうのでDVDが良いですが、 このDVDは画像・音声は残念ながらイマイチです。 それに先に完全版を観てしまった私は、1時間に短縮してある このヴァージョンはちょっと…と思います。 BGMも若干違うので印象が変わってしまったものもあります。 それにハングルを勉強したかったので韓国語字幕もあると さらに良かったかな…と。 音声は勿論、ハングル・日本語ありなのでご安心下さい。
商品レビュー  心の奥の乾いた所まで潤います。涙を流して感動して冬ソナマジックを吟味できました。流れてくる全ての曲がじーんと体に伝わってきます。一人で観てボロボロ涙涙…。日本語と実際の本人の声と聞けるのも楽しかった。また何年もたってから見直してみたい。静かな時を挿入歌と共に楽しんでみては?
商品レビュー  僕が評価するまでもなく、誰もが知っている冬のソナタ。 日本での韓流ブームのきっかけとなった作品だ。 韓国ドラマではよくあるように、複数の人間による愛憎劇。 ユジンとチュンサン。サンヒョクとチェリン・・・ その4人の思いが複雑に絡み合って物語は展開していく。 最後が少し物足りなく感じるのは僕だけだろうか。 韓国ドラマは面白いのだが、結末がもっと面白くなると、もっといい作品に仕上がると思う。

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

cars Takei Tokyo LRT model Maeda world freestyle electric trams tram 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。