スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super Furry Animals(SFA; スーパー・ファーリー・アニマルズ)

Super Furry Animals(SFA, スーパー・ファーリー・アニマルズ)
Super Furry Animals

ソングブック・ザ・シングルスVOL.1

発売日:2004-11-17
ランキング 54021 位  渋甘
商品レビュー  「SUPER FURRY ANIMALS」は嫌いじゃないけど、CD買うまで踏み切れないという状態が続いていた。 今回は、さすがにベストなので戸惑う事なく購入したが。 前作に含まれていた「HELLOSUNSHINE」が好きだった為、前作も買うか買わないか迷ったんだけどね。 さて、このベスト。 さすがにベストというだけあって悪くはないです。 「SUPER FURRY ANIMALS」は、捻くれたポップ感とストレートなポップ感を巧みに使い分けるバンドだけど、ベストとして聞くと、それが明確に伝わってくる。 といっても、次回のアルバムを買うかどうかはわからないけどw
商品レビュー  このベスト盤リリースに拍手。もうウェールズ同様にSFAが秘境なままで終わることはないのね。クリエイション在籍時代に出会い、硬派な現状認識を持ったバンドでありながら、あくまでも彼ら独特の優しさ、笑いのセンスを持って、愛情を込めた曲の数々がすばらしいです。私たちは胸に抱いた怒りもイロイロあるけれど、圧倒的勝利で音楽に囲まれた笑顔の時間がある幸せを感じる。SFAは、とぼけたふりしてちゃんと尊敬できるいまだ死ねずにいる「メッセージ性」をも含んだ現代の数少ない信頼のブランド。歌詞内容の深さ以上に、こんだけ色んなタイプの曲が入っていながらレイドバック気味な音の統一感でアタマからケツまで一気に聴いて踊れる、奇跡的ベスト盤。まさにSFA入門にもってこいな名盤。

Super Furry Animals

ファントム・パワー

発売日:2003-07-16
ランキング 69856 位  渋甘
商品レビュー  5th「リンクス・アラウンド・ザ・ワールド」よりも、ソウルフルに生音でやりたいという意志を感じる1枚。まとまりには欠けますが、その分1曲1曲個性的です。歌詞は今までで最も重くシリアスです。
商品レビュー  一聴した段階ではピンとこず、そのためしばらくほうっておいたのですが、時間をおいて聴いてみたらなかなか味わい深い作品であるような気がしてきました。前作「リングズ~」と比べるとキャッチ-さ、多彩さという点では後退しています。BECKは「ODELAY」よりも「MUTATIONS」という方にはお薦め。
商品レビュー   あれ? ってジャケを再び見なおす。 間違えないですね。 ファーリーズですね。 凄く落ち着いた、大人な感じです。 

Super Furry Animals

Radiator

発売日:2005-04-12
ランキング 61574 位  渋甘

Super Furry Animals

Outspaced

発売日:2005-04-12
ランキング 57694 位  渋甘

Super Furry Animals

Love Kraft

発売日:2005-09-13
ランキング 53924 位  渋甘
商品レビュー  SFAはデビューから常に進化を遂げているバンド。 今回はとても愛のあるアルバムを作ってしまった。なんつーかすごい優しいサウンドが心に染みる。それにウェインの渋い声が重なり泣ける。 フジロックでAtomik Lustを聴いた時、自然と涙が出てきました。 それはまさにshow me magicであった。 その部分は変わっていない笑
商品レビュー  ウェールズ出身のSuper Furry Animalsの7枚目のアルバムです。全体的にまったり系な曲が中心。前作、前々作と比べるとかなり地味~な印象です。一度聴いただけで「うぉー、これだ~っ!」って感じの曲はないですが、聴けば聴くほどすっぽりとスーファリワールドに引き込まれてしまいます。流れるようなストリングスの音と電子音の絶妙な絡み、聴き手を飽きさせない絶妙な曲展開、ブリットポップ系の温かメロディと、奇をてらいながらもアルバム全体をマジカルでポップな雰囲気が包んでます。この奇をてらう姿勢がアルバムを彩り豊かな、飽きさせないモノにしているのだと思いすね。そして、今回のアルバムのコンセプトは、タイトル通り「Love」だそうです。前作は「戦争」がコンセプトということで、毎回明確なコンセプトを打ち出してるんですな~。何だがこのアルバムを聴いているだけで、不思議と幸せな気分になるような。しかし、毎回毎回違った質感のアルバムをポンポン送り込んで来るなんて、ホント天才集団だなぁ。全てのまったり系リスナーの方々にお勧めの一枚です!
商品レビュー  7枚目となる今作は間違いなく今年のベスト級のアルバムだ。「スーパー・ファーリー・アニマルズ」はブリットポップという枠があるのなら、それを完全に飛び越えている。プロデュースはベックやビースティでおなじみのマリオカルダートJr.が担当。そしておなじみのハイラマズのショーンオヘイガンがアレンジで参加している。様々な曲展開する今作だが、オケが効果的に取り入れられたりするからアルバム全体がスケールアップしている。

Super Furry Animals

THE NEW SOUND REDESIGNED

発売日:2005-06-11
ランキング 72644 位  渋甘

Super Furry Animals

リングス・アラウンド・ザ・ワールド

発売日:2001-07-18
ランキング 84846 位  渋甘
商品レビュー  縦横無尽なポップアルバムとしての性能はかなりのものである。メロディの好き嫌いはあるかも知れないが、グリフのソングライティングの力量はすごい。最近のUKロックのどこにも属さない音と言える。

Super Furry Animals

Rings Around the World

発売日:2001-07-23
ランキング 115209 位  渋甘

Super Furry Animals

Fuzzy Logic

発売日:2001-01-15
ランキング 126863 位  渋甘
商品レビュー  英国はウェールズのカーディフ出身、10代の頃からバンド活動をはじめ、かの「Creation」レーベルと契約した「Emily」や、「Ffa Coffi Pawb」といったバンドのメンバーが集まって1993年に結成されたのがこのバンドです。結成当初はテクノ・ライクなサウンド指向を持っていましたが、徐々に同郷の「Gorky's Zygotic Munch」あたりと共通するスタンスの、スペーシーなサイケデリック・ロック的なサウンド・メイキングへと進化します。何故かウェールズはコズミック・サイケの土壌があるようですね。すぐに地元のインディ「Ankst」と契約し、シングルを2枚リリースします。これによって「Creation」レーベルのオーナー、Alan McGeeに見初められ、何とアルバム7枚という破格の契約を交わします。そうして1996年になってリリースされたのがこのデビュー・アルバムです。ストレートなパンク・ロックからスタートするこのアルバムですが、聴き進むにつれ、キーボードやストリングスの流れるようなサウンドと、微妙で奇妙な電子楽器のサウンドがない交ぜとなって、彼ら流のサイケデリック・サウンドが完成するといった具合。そしてこれまた奇妙にひしゃげた歌詞を歌うヘロヘロなヴォーカルと、確信犯的であるような、天然であるような、つかみどころのないサウンドが繰り広げられます。非常にユニークでありながら、微妙にポップな面をも併せ持った、他に類を見ない独自のサウンドの原点。名盤です。
商品レビュー  英国はウェールズのカーディフ出身、10代の頃からバンド活動をはじめ、かの「Creation」レーベルと契約した「Emily」や、「Ffa Coffi Pawb」といったバンドのメンバーが集まって1993年に結成されたのがこのバンドです。結成当初はテクノ・ライクなサウンド指向を持っていましたが、徐々に同郷の「Gorky's Zygotic Munch」あたりと共通するスタンスの、スペーシーなサイケデリック・ロック的なサウンド・メイキングへと進化します。何故かウェールズはコズミック・サイケの土壌があるようですね。すぐに地元のインディ「Ankst」と契約し、シングルを2枚リリースします。これによって「Creation」レーベルのオーナー、Alan McGeeに見初められ、何とアルバム7枚という破格の契約を交わします。そうして1996年になってリリースされたのがこのデビュー・アルバムです。ストレートなパンク・ロックからスタートするこのアルバムですが、聴き進むにつれ、キーボードやストリングスの流れるようなサウンドと、微妙で奇妙な電子楽器のサウンドがない交ぜとなって、彼ら流のサイケデリック・サウンドが完成するといった具合。そしてこれまた奇妙にひしゃげた歌詞を歌うヘロヘロなヴォーカルと、確信犯的であるような、天然であるような、つかみどころのないサウンドが繰り広げられます。非常にユニークでありながら、微妙にポップな面をも併せ持った、他に類を見ない独自のサウンドの原点。名盤です。
商品レビュー  英国はウェールズのカーディフ出身、10代の頃からバンド活動をはじめ、かの「Creation」レーベルと契約した「Emily」や、「Ffa Coffi Pawb」といったバンドのメンバーが集まって1993年に結成されたのがこのバンドです。結成当初はテクノ・ライクなサウンド指向を持っていましたが、徐々に同郷の「Gorky's Zygotic Munch」あたりと共通するスタンスの、スペーシーなサイケデリック・ロック的なサウンド・メイキングへと進化します。何故かウェールズはコズミック・サイケの土壌があるようですね。すぐに地元のインディ「Ankst」と契約し、シングルを2枚リリースします。これによって「Creation」レーベルのオーナー、Alan McGeeに見初められ、何とアルバム7枚という破格の契約を交わします。そうして1996年になってリリースされたのがこのデビュー・アルバムです。ストレートなパンク・ロックからスタートするこのアルバムですが、聴き進むにつれ、キーボードやストリングスの流れるようなサウンドと、微妙で奇妙な電子楽器のサウンドがない交ぜとなって、彼ら流のサイケデリック・サウンドが完成するといった具合。そしてこれまた奇妙にひしゃげた歌詞を歌うヘロヘロなヴォーカルと、確信犯的であるような、天然であるような、つかみどころのないサウンドが繰り広げられます。非常にユニークでありながら、微妙にポップな面をも併せ持った、他に類を見ない独自のサウンドの原点。名盤です。

Super Furry Animals

ラヴ・クラフト

発売日:2005-08-24
ランキング 89220 位  渋甘
商品レビュー  ウェールズ出身のSuper Furry Animalsの7枚目のアルバムです。全体的にまったり系な曲が中心。前作、前々作と比べるとかなり地味~な印象です。一度聴いただけで「うぉー、これだ~っ!」って感じの曲はないですが、聴けば聴くほどすっぽりとスーファリワールドに引き込まれてしまいます。流れるようなストリングスの音と電子音の絶妙な絡み、聴き手を飽きさせない絶妙な曲展開、ブリットポップ系の温かメロディと、奇をてらいながらもアルバム全体をマジカルでポップな雰囲気が包んでます。この奇をてらう姿勢がアルバムを彩り豊かな、飽きさせないモノにしているのだと思いすね。そして、今回のアルバムのコンセプトは、タイトル通り「Love」だそうです。前作は「戦争」がコンセプトということで、毎回明確なコンセプトを打ち出してるんですな~。何だがこのアルバムを聴いているだけで、不思議と幸せな気分になるような。しかし、毎回毎回違った質感のアルバムをポンポン送り込んで来るなんて、ホント天才集団だなぁ。全てのまったり系リスナーの方々にお勧めの一枚です!
商品レビュー  SFAの出す作品はほんとうによいものしかないと思う。これほどまでに自分を満たしてくれるバンドはいない。このバンドのよさは色々あると思うのがなによりもメロディのすばらしさだと思う。心に染み渡る美しいメロディは一度耳にしたら虜にさせられます。みなさんにも是非このアルバムを聞いて幸せな気分を堪能していただきたい。
商品レビュー  7枚目となる今作は間違いなく今年のベスト級のアルバムだ。「スーパー・ファーリー・アニマルズ」はブリットポップという枠があるのなら、それを完全に飛び越えている。プロデュースはベックやビースティでおなじみのマリオカルダートJr.が担当。そしておなじみのハイラマズのショーンオヘイガンがアレンジで参加している。様々な曲展開する今作だが、オケが効果的に取り入れられたりするからアルバム全体がスケールアップしている。

Super Furry Animals

Under the Influence: Super Furry Animals

発売日:2005-05-10
ランキング 163312 位  渋甘

Super Furry Animals

Radiator

発売日:2001-11-26
ランキング 177429 位  渋甘
商品レビュー   英国出身のロック・バンドの、’97年発表の2nd。  全ての楽曲の、メルヘンティックかつ上品なメロディは、まさに伝統的なブリティッシュ・ロックそのもので、クォリティも高い。  愛嬌のあるブリティッシュ・ポップ・ロックのサウンドと分厚いコーラス・ワークを軸にしながら、やんちゃなパンク風であったり、スケールの大きなプログレ風であったり、エキセントリックなサイケ風であったりと、応用自在な演奏で、表現力豊かに聞かせてくれる。  まるで、ブリティッシュ・ロックのいいとこ取りしたような内容だが、とってつけたような安易さは微塵も無く、丹念に作りこまれたのが良く伝わってくるし、そうかといって、それをひけらかすような押し付けがましさも無い。  そんなさり気なさやユーモアのセンスも含めて、間違いなく一級品のブリティッシュ・ロック作品だ。  

Super Furry Animals

Guerrilla

発売日:1999-07-13
ランキング 600015 位  渋甘
商品レビュー  英国はウェールズのカーディフ出身、「Emily」「Ffa Coffi Pawb」といったバンドのメンバーが集まって1993年に結成、当初はテクノ指向のサウンドでしたが、徐々に同郷の「Gorky's Zygotic Munch」あたりと共通するスタンスのスペーシーなサイケデリック・ロック的サウンドへと進化します。これは1999年にリリースされた3枚目のアルバム。ここら辺でちょっと原点回帰というか、初期のテクノ・ライクなサウンドへと再び取り組みますが、ここでも真のオリジネイターぶりを発揮、チープなテイストのオールド・スクール・テクノの手法を用いて、初期とはちょっと違うぞって所を見せつけられます。そして前作にも感じられた抑揚感のあるサウンドがさらに深みを増し、パンキッシュなテイストのストレート・エッジなサウンドから、ピコパコしたエレ・ポップ、奇妙な電子音が鳴り響くスペイシーなチューンまで飛び出します。そんな中で一番目立っているのが、牧歌的とも言える哀愁味溢れるレイド・バック!したサウンドで、ここら辺がバンドの個性となりつつある感じすらします。相変わらずの雑食性でもって多種多様な表情を見せるSFAのマジカル・ポップ・ワールド、ハマると抜け出せませんよ。傑作です!
商品レビュー  英国はウェールズのカーディフ出身、「Emily」「Ffa Coffi Pawb」といったバンドのメンバーが集まって1993年に結成、当初はテクノ指向のサウンドでしたが、徐々に同郷の「Gorky's Zygotic Munch」あたりと共通するスタンスのスペーシーなサイケデリック・ロック的サウンドへと進化します。これは1999年にリリースされた3枚目のアルバム。ここら辺でちょっと原点回帰というか、初期のテクノ・ライクなサウンドへと再び取り組みますが、ここでも真のオリジネイターぶりを発揮、チープなテイストのオールド・スクール・テクノの手法を用いて、初期とはちょっと違うぞって所を見せつけられます。そして前作にも感じられた抑揚感のあるサウンドがさらに深みを増し、パンキッシュなテイストのストレート・エッジなサウンドから、ピコパコしたエレ・ポップ、奇妙な電子音が鳴り響くスペイシーなチューンまで飛び出します。そんな中で一番目立っているのが、牧歌的とも言える哀愁味溢れるレイド・バック!したサウンドで、ここら辺がバンドの個性となりつつある感じすらします。相変わらずの雑食性でもって多種多様な表情を見せるSFAのマジカル・ポップ・ワールド、ハマると抜け出せませんよ。傑作です!

Super Furry Animals

Outspaced

発売日:2001-01-15
ランキング 181610 位  渋甘

Super Furry Animals

Guerrilla

発売日:2001-10-29
ランキング 174488 位  渋甘
商品レビュー  SFA独特のさまざまな音楽要素の融合が見事に形になった作品です。これ以前の2枚のアルバム「Fuzzy Logic」「Radiator」という流れから生まれた傑作だと思います。ポップでメロディアスで革新的な曲の数々。各曲それぞれ強い個性を持っていながらもまとまりがあるのは、電気部門担当キアンの力量ではないでしょうか。これぞSFAのなせる技。「メインストリームに抵抗する音楽」として歴史に残ってほしい一枚です。
商品レビュー  英国はウェールズのカーディフ出身、「Emily」「Ffa Coffi Pawb」といったバンドのメンバーが集まって1993年に結成、当初はテクノ指向のサウンドでしたが、徐々に同郷の「Gorky's Zygotic Munch」あたりと共通するスタンスのスペーシーなサイケデリック・ロック的サウンドへと進化します。これは1999年にリリースされた3枚目のアルバム。ここら辺でちょっと原点回帰というか、初期のテクノ・ライクなサウンドへと再び取り組みますが、ここでも真のオリジネイターぶりを発揮、チープなテイストのオールド・スクール・テクノの手法を用いて、初期とはちょっと違うぞって所を見せつけられます。そして前作にも感じられた抑揚感のあるサウンドがさらに深みを増し、パンキッシュなテイストのストレート・エッジなサウンドから、ピコパコしたエレ・ポップ、奇妙な電子音が鳴り響くスペイシーなチューンまで飛び出します。そんな中で一番目立っているのが、牧歌的とも言える哀愁味溢れるレイド・バック!したサウンドで、ここら辺がバンドの個性となりつつある感じすらします。相変わらずの雑食性でもって多種多様な表情を見せるSFAのマジカル・ポップ・ワールド、ハマると抜け出せませんよ。傑作です!
商品レビュー  ひねくれたポップセンスとサイケデリックな感覚の3rdアルバム。これまでになくエレクトロニクスを積極的に導入しているが、それが彼等の最大の武器である優秀なソングライティングを全く損なうことなく、絶妙なバランスを保っている。なんとなく完璧なアルバムだ。「エイフェックスツイン以降のビーチボーイズ」と言っても過言ではないかも。おかしな音楽っ!!と思ってたら急に泣きそうなほどグッときたり。めくるめく音楽世界。

Super Furry Animals

Outspaced

発売日:1996-11-18
ランキング 563209 位  渋甘

Super Furry Animals

Mwng

発売日:2000-05-15
ランキング 512648 位  渋甘

Something 4 the Weekend

発売日:1996-07-01
ランキング 562384 位  渋甘

Hometown Unicorn

発売日:1996-02-08
ランキング 554802 位  渋甘

God! Show Me Magic

発売日:1999-07-11
ランキング 562382 位  渋甘


関連ページ: Super Furry Animals(スーパー・ファーリー・アニマルズ)

Tag:shibuama 全員による大カヴァー(カバー)大会が、ライヴ(ライブ)の幸福感を満たしつつ、満面の笑みを呼んでくる。


関連ブログ記事: KEMPIRE音楽詩集 

コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

world cars freestyle Tokyo tram LRT electric Maeda Takei model trams 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。