スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Roots(ザ・ルーツ)

The Roots(ザ・ルーツ)
The Roots

Things Fall Apart

発売日:1999-02-23
ランキング 42462 位  渋甘
商品レビュー  最初から最後まで心地よくききぬけられる。つうか終わるなぁて思うぐらい。要するに捨て曲はなし。jazzyに始まったか思たら3番でノリのええトラックにスキルフルなラップがよう合って、でまたjazzyになって心落ち着いて12番でディードルのかっこよさでまたノリ有名なYOU GOT MEのエリカバドゥのとろけるようなコーラスで締める…と非の打ち所がない作品になっとるね。聞こ!
商品レビュー  ボクはこれがTHE ROOTSの最高傑作だと思います。 アルバム全体を通してシリアスな内容の作品ですが、決して重すぎず、生音のグルーブとBLACK THOUGHTのラップが凄くかっこ良く気持ち良いです。 MOS DEF、COMMON、JAY DEE、D'ANGELO、ERYKAH BADUなどが参加しており、みんなヤバい仕事をしています。 COMMONの「LIKE WATER FOR CHOCOLATE」といい、SLUM VILLAGE「FANTASTIC, VOL.2」といい、この頃のSOULQUARIAN'S周辺の仕事はとても素晴らしいです(勿論、今も素晴らしいですが)。 オススメは【3】、【6】、【9】、【10】、【15】、【16】ですが、やっぱり全部良いです。 どの曲も紹介したいのですが、百聞は一見に如かず。聴いてない人は是非、聴いてみて下さい。
商品レビュー  ディアンジェロの傑作アルバムVoodooの製作過程で影響を受けたクエストラブが、それを見事に表現しえた作品。全体的に似たような曲が多いが、そのグルーヴに身を委ねるとただひたすら気持ちよく聴けます。しかもポップなので誰にでも聴きやすいときています。ヒップホップ好きな人以外にも受けそうなサウンドなので皆さん是非!!

The Roots

Organix

発売日:2006-11-28
ランキング 43960 位  渋甘
商品レビュー  フィラデルフィア出身、The rootsの1stアルバム。名盤と言われながら何度も廃盤と再発を繰り返し、入手困難な時期が続いていた。 Do you want more?!!!??!以降のようにサンプリングは使わず、生演奏のみで構成され、ジャジーな演奏と知性を感じさせるラップにどっぷりひたることができる。 続くEP、from the ground upも同じ路線を引き継いでいるので、Organixにはまった人は是非聴いて欲しい。
商品レビュー  ギラギラしていなくて、どこまでもオーガニックなトラックに力強い声。ジャジーでお洒落なだけはない。クールでとてもシンプルな音楽。無駄を省いた結果、骨組みのしっかりとしたトラックが無骨なまでに格好いい。これぞ名盤。
商品レビュー  LIVE SESSIONがいいね~

The Roots

亡國覚醒カタルシス

発売日:2006-05-24
ランキング 345 位  渋甘
商品レビュー  この曲のアリカさんの歌い方はアリプロの中でも特に好きです。 メロディが覚えやすくて洗脳されるけど、何回聴いても飽きる事のない良曲だと思います。 赤と黒で統一されたジャケット・歌詞カードもカッコ良過ぎです! 読み辛い漢字の多用と、意味のわかりにくい歌詞は好き嫌い分かれるかな。 でも私は飽きのこない要素の一つだと思います。 また、COLLECTION SIMPLE PLUS(通常版)に入っているorchestral crowd ver.とは全く別物で どちらも違った魅力があるので両方買っても損はないと思います。
商品レビュー  最近はネットでダウンロード販売の曲ばかり購入していたので、 パッケージものを買うのに多少躊躇してしまったのですが、 購入してまったく後悔ない、というか、もっと早く買えばよかったと、 逆の意味で後悔。(笑) この独特な世界観、一度聴けばハマること間違いなし!です。(^^♪
商品レビュー  初聴時、最近の蟻計画の曲にしてはゆっくりかなぁ、とテンポの速い曲が好きな私にはやや物足りない感じがしましたが、何度も聴くうちに案の定、此の曲の虜です。 相変わらずの短調を基調とした旋律、歌詞カードを見ても読めない詞には例に漏れず心奪われてしまいますが、今回その詞がやや聞き辛い感じがして一寸残念。こんな事書くとグランギニョルの時のようにアリカ様に怒られてしまいそうですが… 発売元の関係からか、久し振りにスリムケースでの発売になってしまった為、「禁じられた遊び」や「聖少女領域」と並べると変な感じですが、音楽自体の評価には直結しないでしょう。 勿論、カヴァー写真のアリカ様は相変わらずお美しいですよ。

The Roots

「.hack//Roots」O.S.T.

発売日:2006-06-28
ランキング 453 位  渋甘
商品レビュー   ALIPROJECTは大好きでしたが、「.hack//Roots」O.T.Sの曲でもっと好きになりました。  この作品の中で一番好きな曲は、「in the word」です。前作の梶浦さんの曲もよかったけれど、今回のもまた、いいです。「.hack//」シリーズのサントラにはずれはあまりないです。ぜひ、聞いて欲しいです。  
商品レビュー  かなり完成度が高いサントラです。どの曲も魅力的!アニメを見てなくても、インストゥメンタルが苦手って人でもすんなり聴けちゃいます!また、挿入歌もハズレなし!「亡國覚醒カタルシス」に負けないくらい人気のある「GOD DIVA」、壮大な歌詞と伸びやかな歌声がすばらしい「In The World」、切ない魂のレクイエム「白堊病棟」、憎む妬む恋うる欲す…ただひたすらに愛をうたう「殉教者の指」。ジャケット裏、そして歌詞カードの宝野アリカも何とも艶やか!これはアリプロファンじゃなくとも、.hack//Rootsファンじゃなくとも、音楽好きなら絶対気に入ります!
商品レビュー  注目点 ・GOD DIVが大目玉ですね アリプロの歌は初めて聴いたのですが、個人的にこのちょっと病んでる感がある歌詞が好きなので、気に入ってしまいました。 また、オペラな部分もまた大好き!歌い難さがカラオケチャレンジャー精神を燃やしてくれます(が、カラオケには入っておらず;) 残念 ・勿体ないのがSilly~と亡國覚醒~がTV verな事ですね。 良い歌なだけに、ロングにして欲しかったという思いがあります。 ただ、アリプロさんの歌の中ではちょっとSilly~は浮いているかもしれませんね。 Rootsは見ていないのですが、何となく曲調からこんな場所かな~と感じるトコロがありました。 歌と曲の雰囲気がとても近くて、聞いていてしっくりくる感じがしました。

The Roots

.hack//Roots O.S.T.2

発売日:2006-09-21
ランキング 511 位  渋甘
商品レビュー   まず商品を手に取って見てみますと、ジャケットの正面には.hack//Rootsの後半ですっかりおなじみになったハセヲの凶悪な顔が描かれていますが、裏を返しますと亡國覚醒カタルシスTOURで見た軍服姿の宝野アリカ様の写真が写っております。ちなみに中に入っている歌詞カードにもアリカ様の軍服とサラシ姿の写真がバックで入ってまして、多少ぼかしの処理が入ってますがALI PROJECTファンにとっては誠に眼福であります。  CDを再生しますと、最初からALI PROJECTによるボーカル曲「KING KNIGHT」が流れてきます。CMでも聴いたサビの部分は音楽も歌詞も勇壮で、これをアニメで聴いたら映像との相乗効果でどれほど興奮するだろうかと今から楽しみです。(このレビューを書いている時点では、まだアニメでは流れてません)他のボーカル曲「埋葬の森の黄昏坂」「汚れなき悪意」は一転してスローテンポですが、落ち着いた気分で聴いてみればこれもまた味わい深いものがあります。  このCDを買った目的の半分以上がボーカル曲なもので、それ以外の曲が二の次になってしまうのはご容赦願いたいのですが、これらも全曲ALI PROJECTによるもので、ボーカル曲では滅多に聴けない様々な雰囲気の曲が多彩な楽器で演奏されてますから、ボーカル曲が目当てで購入する方も、飛ばさず一通り聴いてみることをお勧めします。
商品レビュー  CMで流れていた曲が最初に始まり、やっぱり鳥肌が立ってしまいました。。。 アリカさんの歌唱力は衰えることなく、毎回より高みへ 向かっているのだと感じずにはいられません。 クラシック音楽の引用も曲とマッチしていて良かったです! 和歌が織り込まれた詩も素敵でした。 O.S.T1を買われた人はもちろんの事、アリプロ好きな方にも 是非お勧めしたい一品です(^^)
商品レビュー  ↑がやっぱ一番イイと思います!GOD DIVAの時と同じように最初にアリアを歌い、アリカ節の歌が炸裂♪収録歌が3つと少ないですが、その分片倉さんの音が炸裂♪アリプロ、そして.hack//Rootsファンにはたまらない必須アイテムです★

The Roots

Silly-Go-Round

発売日:2006-05-10
ランキング 961 位  渋甘
商品レビュー  ゲーム「.hack」シリーズから興味を持ってこのアニメを見たのですがそのOP曲であるこの曲にドはまり。 もともと梶浦由記さんの曲は好きだったのですが、「.hack」シリーズを通して感情移入したこともあり、 それに、透き通ったYUUKAさんのボーカルと絶妙な音響を加える梶浦さんの音楽が、 自らのゆく手に迷いながらもひたむきに頑張るアニメキャラクターと合い重なって好きな1曲になりました。 アニメを知る人も知らない人もぜひどうぞ。素敵な曲です。
商品レビュー  私はYUUKAは、ガンダムシードの暁の車から聴いて知りましたが、この曲は、テンポ良い感じに仕上がってます!!.hack rootsのオープニングですが、曲として聴くのも良いです!!歌声も良かったです!!是非聴いてみてください!!
商品レビュー  アニメは見ていなかったのですが、たまたまこの曲を聴いて好きになりました。 元々、FictionJunction YUUKAの曲と歌声が好きだったので、発売されているのを 知った時は、嬉しく直ぐに買いに行きました!! 「Silly-Go-Round」のリズムが特に今までにない感じがしました。 後、カップリング曲の「angel gate」もオススメです。 切ない歌詞と心地よい曲調にぐっとくるものがありした。

The Roots

ドラマCD.hack//Roots

発売日:2006-08-30
ランキング 1264 位  渋甘
商品レビュー  【黄昏の旅団 ××な1日】 ギルドの@ホームに団員たちが集合。オーヴァンからの指示が出るまでホームで待機、 ということで雑談が始まります。オーヴァンの出番が少ないのは少し残念でしたが、 雑談の内容はなかなか面白いです。終盤のオーヴァンのセリフが気になります。 登場キャラはハセヲ、オーヴァン、志乃、タビー、匂坂、グランティ。 【Trust & Nimble】 俵屋がギルドメンバーにTaN結成の経緯を話す、というかんじです。 俵屋のリアルも少しだけ明らかになります。 前のトラックとはうってかわって、ややシリアスな内容です。 登場キャラは俵屋(藤太)、直毘、エンダー、TaNメンバー(アニメ19話「Violation」登場の獣人PC)。 【危険な片思い】 タビー、三郎、パイの雑談(?)がメインです。こちらもなかなか面白いです。 三郎の独特な比喩表現も良い感じでキマッてます。 タビー、パイのPC名の由来などが明らかになります。 登場キャラはタビー、三郎、パイ、八咫。 アニメを見て面白いと思った方なら勝って損は無いと思いますよ。
商品レビュー  購入してさっそく聴いてみました。 第一印象はかなり面白かったです! キャラが自分のリアルを語るのですが、普通のアニメと違って 「ああ、キャラにとっての現実世界がちゃんとあるんだなー」 と聴いてて新鮮な気分になりました。笑 少し欲を言えば、もう少しハセヲ君に活躍して欲しかったなー…と。 まあハセヲはシリーズ総合の主人公なので、他のアニメのみ(?)のキャラにクローズアップしてみたのだと思いますが。 なにやらこのドラマCDのみに含まれているキーワードもあるらしいので 聞き込んでみようと思います。 とりあえず、2の方も要予約!ですね(^^)
商品レビュー  今から発売がとても楽しみです。 まだ詳しい情報は入ってきておりませんが、文化放送日曜11:30~の.hack//G.U.レイディオで放送された社長ピロシ(ひろし)さんによりますと、このドラマCD.hack//Rootsはただアニメのキャラクター達がどんちゃん騒ぎをするだけではなく、 CDの中にしか出てこない重要なキーワードも入っているとのことです。 RootsはじめてのドラマCDなのでどのようなできになるかはわかりませんが、 きっととてもいいドラマCDとなってくれることを信じています!

The Roots

ドラマCD.hack//Roots Sound Form2

発売日:2006-09-06
ランキング 2175 位  渋甘
商品レビュー  【私にとっての彼女】 リアルのタビーがメインの話です。 内容はタビーが志乃と出会った頃のエピソード、そしてタビーと匂坂の電話など。 冒頭のタビーと友人の会話はゲーム「.hack//G.U.」内のニュースとも少し関係があるので ニュースを見ていない人は一度目を通しておくと良いかもしれません。 タビーと匂坂の会話では、ゴードに関する意外な話が聞けます。 登場キャラはタビー/リアルタビー、志乃、タビー姉、タビー友人、リアル匂坂など。 【それぞれの決意】 「私にとっての彼女」の続きです。 冒頭の志乃を支えるのがどうの、という会話はアニメ11話の会話ですね。 こちらはリアルのハセヲがメインです。ハセヲと友人の会話では「死の恐怖」が話題になります。 ハセヲとタビーのリアルがこの2話でかなり鮮明になってきました。 登場キャラはハセヲ/リアルハセヲ、タビー/リアルタビー、フィロ、ハセヲ母、ハセヲ友人など。 ドラマCD第一弾が全体的にギャグテイストだったのに対し、 こちらはほぼ全編シリアスな内容で出来ています。 アニメを見た方なら楽しめますし、ゲームもプレイ済みならなお理解しやすいです。
商品レビュー  前作から一週間という異例の早さでの発売ですが しっかり購入させていただきました(^^) おかげでお財布が…。笑 内容は前回はギャグ中心でかるーくリアルに触れる程度だったのに比べ、 今回はかなりキャラのリアルに迫っています。 といってもタビーとハセヲのみなのですが、 二人の本名、学校生活、家庭環境もうっすらと…。 一つだけ残念なのは前回よりも1トラック減ってしまったことでしょうか。 ですが一つ一つが長くなっているのでその辺は大丈夫…かな? 兎にも角にも二人のリアルが気になる人は必見ですね。 前回同様かなり聞き応えある内容なので買って損無し!です('v`*)
商品レビュー  前作からわずか一週間での発売! その展開の早さに少々ビックリ@@ 前作Form1が期待以上の内容だったので、 今作Form2にも期待をこめて、星5つ! やはり.hack//シリーズは様々なメディアで ひとつひとつ謎が明かされてゆくのが面白い!!

The Roots

アナザー・サイド・セブンティーズ

発売日:2004-06-23
ランキング 16982 位  渋甘
商品レビュー  ジョギングをしたり、ヨガしたりしている、CMの曲が気に入り購入したのですが、思ったとおりイイ曲で満足しています。その他の選曲も、70年代の懐かしくアップテンポな曲ばかりで通勤やジョギングの時に聴こうと思います。
商品レビュー  「気になる女の子」目的で購入しました。が、ほかにもなんか知ってる曲があるんじゃないかなとちょっと期待していましたが、残念ながら・・・でした。まぁ、生まれる前の曲だからしょうがないかな。しかも「アナザーサイド」だし。
商品レビュー  『気になる女の子』サイコーです♪CMで起用されてまた人気に火がついた感じですね♪アルバムも全体的に少し音がこもった感じが昔っぽくっていいです。友人も欲しいと言ったのでまた注文してしまいました(笑)

The Roots

Roots & Herbs

発売日:1999-12-06
ランキング 16538 位  渋甘
商品レビュー  なんと24bitマスター版であります。小粒ながらピリリと効いたショーターの楽曲は、音質のよさもあいまって、何故か上質感が漂う。これは超お得版かも。
商品レビュー  不思議かつファンキーな曲が山盛りである。題名は日本語訳すると、???なのである。すべてショーター作曲。いきなり「卓球:Ping pong」「後ろにすべる: Back Slider」??なんでしょうか?そんな曲タイトルは全く関係なくショーターもモーガンもブレイキー親分もノリノリである。同時期の「Free for All」の狂乱もすごいけど、「Roots & Herb」は、新しい感覚に満ちている。愛聴盤のひとつである。というよりブルーノートの隠れベスト!

The Roots

Game Theory

発売日:2006-08-29
ランキング 28692 位  渋甘
商品レビュー  Def Jamからのリリースということで少し不安はあったのですが…。Jay-Zの方針はアーティスト本位であるんだなぁ、とつくづく感じました。Ghostfaceの新作にしても振り切った内容でしたし。 イントロから入って2、3、4でいきなり圧巻。Black Thoughtのラップも相変わらずキレています。8、14なんかも良いです。 しかし、なんといってもこのアルバムの肝はドラムではないでしょうか。力強いドラムがドカスカと暴れ狂って(?)います。ドラムの音が大好きなボクにとってはなんともたまらない御馳走です。 ラストの13は亡きJay Deeへのトリビュート・ソングです。イントロで「My Men Dilla, Rest In Peace...」と言い、「Donuts」に収録されていたあのネタが入ってくるあたりで涙腺が緩んでしまいます。単に感傷的になるのではなく、前に進もうとしている姿勢が凄く良いです。 「やっぱり、The Rootsってカッコいいなぁ~」、と思える素晴らしいアルバムです。
商品レビュー  たぶん、今回も賛否両論でしょう。 一枚目、二枚目のファンはまちがいなくそう思う。 彼らはファンが期待してるものを作りたがらないらしい。 売るための曲を作るのがいやでjay-zのdefjamに行ったらしい。 それをjay-zが受け入れた形。 このアルバムを作るにあたって、いろいろ構想があったようで、 その一つにはニューオリンズのマーチングバンドを全面に押し出した アルバム。しかしカトリーナで連絡が難しくなってしまったとか。 相当かっこよさそう。聞いてみたい。 今回のアルバムの内容はおもに社会へのメッセージ。 テーマがまじめだけに音も難しい感じ。 babyは結構かっこいいけど。 でも、the rootsはライブバンド。前回のdon't say nuthin'も CDではいまひとつだったのに、ネットでひろったスタジオライブは まったく別物。 CDはライブへ行くための準備に過ぎない。 "The best live band in hiphop"

The Roots

「コラテラル」オリジナル・サウンドトラック

発売日:2004-10-21
ランキング 40391 位  渋甘
商品レビュー  この映画はBGM無しでもイケるっすよ!!・・だって、最初からかっけー音楽ばっか流すんだもん!!頭きちゃう!!。まっ!、こんなとこかなオレ個人の感想は・・あとはアンタら次第だ。
商品レビュー  映画館で聴いて、即行CDをゲットしました。カットごとの選曲がすばらしく、この場面にはこの曲しかないと思わせる。特に好きなのはファニング刑事が車で登場する時にかかっていたローリン・クランブリン!この曲をリピートしながらドライブするとクール。ちなみにジムでエアロビの曲にも使ってもらっちゃいました。
商品レビュー  とってもイイ!!  難しいことはいえませんが、一言で言うなら「COOOOOL!!!」ではないでしょうか。映画を何倍も引き立てたこの音楽は、これだけで聴いても最高です。”クールとか、カッコイイという言葉のよく似合う”サントラだと思います。

MY ROOTS

発売日:2005-07-14
ランキング 29765 位  渋甘
商品レビュー  青森から活動を出発した彼ら!その活動2枚目となるアルバム「My Roots」は、REGGAE、HIP HOPを基調にド真ん中JPOPや歌謡曲、果ては演歌まで取り込んだまさにジャンルレスなサウンドとポジティブなメッセージがギッシリ詰まった遊びの延長線にある『LOVE&PEACE』な音楽。バラエティー性にも富んでいるこのアルバムはずっと聞いていても飽きず、ずっと枕元においておきたくなる楽曲ばかり!新しい音楽を求め毎日努力の血と汗と涙を惜しまない彼らの音楽を知らずして、音楽は語れない・・・
商品レビュー  「My Roots」は彼らにとって2枚目のアルバム、でも完成度は高いです。エモーショナルなヒップホップが好きという方、特にケツメイシのファンにはすんなり入っていけると思います。オススメは「揺れる街’05」。ノリ、メロディ、しつこくないラップと非のうちどころのない仕上がりです。海岸沿いや深夜の高速をドライブする時には最適。シングルにすればいいのになぁ。というわけで★4つ!

The Roots

Home Grown! The Beginner's Guide to Understanding the Roots, Vol. 1

発売日:2005-11-15
ランキング 33177 位  渋甘
商品レビュー  曲目リストが不完全ですのでご注意ください! 以下が完全な曲目リストです。 【1】No Hometro / Proceed 2 feat. Roy Ayers 【2】Distortion To Static (Black Thought Mix) 【3】What They Do feat. Angela Slates 【4】The Next Movement feat. DJ Jazzy Jeff 【5】Good Music 【6】The Lesson feat. Dice Raw 【7】Star 【8】The Hypnotic feat. D'Angelo 【9】Silent Treatment feat. Cassandra Wilson 【10】You Got Me feat. Jill Scott & Eve 【11】Clones feat. Dice Raw & M.A.R.S. 【12】What You Want feat. Jaguar Wright 【13】Act Too (Love Of My Life) feat. Common 【14】Do You Want More ?!!!??! 【15】It's Comin' (Live) feat. Elo a.k.a. Myself & AJ Shine a.k.a. Joe Young 【16】Double Trouble feat. Mos Def vol.2よりこちらの方が好きな曲が多いのでこちらをオススメします。 今も昔もまだまだ珍しいバンド形態のグループでとかく色物に見られがちになります。一過性で消えていかず、今までやってこられたのは彼等の類いまれなる実力と創造性があるからだと思います。本当に素晴らしいグループだと思います。 オススメは【3】、【4】、【10】、【13】、【16】です。
商品レビュー  2枚一組のベスト版をついにリリース。その第一弾がこのアルバム。彼らの作り出すリズム、ベースは体が勝手に動いてしまいそうになります。洒落たボーカルもなんとも言えない。まさに天才集団です。彼らの音はクラブからカフェまで幅広く使えそうなものです。3曲目のNext Movementなんか最高ですよ。breakstra等が好きな人にはモッテコイデスね。ゲストも豪華です。commonもいます。洒落たヒップホップ、ファンク、ジャズあ~なんでもミックスしちゃったような彼らのセンス、その音を聴いて欲しいです。incubusの現在のベーシストは元々このバンドのメンバーだったとか・・・。今の似たもの同士のクラブヒップホップに飽きが来た人、the rootsで大人のヒップホップを聞いてみては?

SUPER ROOTS(9)

発売日:2007-03-28
ランキング 3693 位  渋甘
商品レビュー  ボアは結成当時からのファンでライブも何回も行きアイちゃんを大阪のレコ屋で何度も見掛けておりますが、いゃ~ほんと昔に比べたらメジャーになりましたね。最近はdjばかりしていますが相変わらずこの人の感性や感覚やモノの捕らえかたに興味があります。まだまだ目が離せない存在です。アイちゃんにはほんと影響受けまくり。これからも頑張って欲しいなぁ
商品レビュー  まだ試聴も何もできないので、はっきり言って何とも言えませんが……。またスゴい事してくれそうな気がしますね。大いに期待ッ!ヤマンタカカカカカカアアアアアッ!!!!
商品レビュー  でるんや~。OKFREDには年内にでるって書いてあったけど。エイベックス。ATR抜けたから二人かー。はやくもとのボアダムスにもどらないかな。VOREはきげんつきのはずやからいづれはもとにもどるんやろうけどな。山塚愛は早くあのDJブースからでてステージで自由にやってもらうに限るわw9どんなんか楽しみ!!

The Roots

スーナー・オア・レイター~グレイテスト・ヒッツ

発売日:2001-06-21
ランキング 39027 位  渋甘
商品レビュー  ペイン(恋の傷跡)収録されていないの?
商品レビュー   60年中期から70年代初頭に活躍したアメリカン・ポップスの代表的グループ、グラスルーツの入門編ベストが廉価盤で再リリース。シングル・ヒット・グループながらロックの時代にも人気を集めた「Wait A Million Year」「Temptation Eyes」のソウル・フィーリング、そして「Lovin' Things」「Sooner Or Later」といったシャープなポップス感は聴き逃せない!当時日本では、GSのテンプターズがカバーした「今日を生きよう(Let's Live For Today)」と、「Two Divided By Love」(邦題「恋は二人のハーモニー」)が大ヒットした。 尚国内盤のみ、後にあのボン・ジョビがカバーした「She Don't Know Me」のオリジナル・ヴァージョンが収録されており、ボン・ジョビ・ファンも必聴だ!

The Roots

UNITY ROOTS & FAMILY AWAY

発売日:2002-09-19
ランキング 20092 位  渋甘
商品レビュー  私はこのアルバムでGLAYファンになったので、かなり特別なアルバムです。 それまではGLAYのしっとりとした感じの曲を聞いたことが無かったので、 ギャップがすごかったです。(‘∀‘)ノ でも、TERUさんの美声に(笑)やられました(爆) 全体的にとてもきれいな曲だと思います。 私のおススメは「彼らのHOLY X'mas」です。 大人視点から見たクリスマスソングかな? ‘誰にも譲れない幸せがある’という歌詞が すごく好きで、ずっと聞いていました。 少しでもたくさんの人に聞いてほしいアルバムです。
商品レビュー  GLAYの作品の魅力は歌詞が言及している『愛』のジャンルの広さだと思います。このアルバムで特に私が好きな曲は、"Father&Son"です。この曲は家族_特にこの場合父と息子_の、また"卒業まで、あと少し"、"Friend of mine"は友への愛を温かいメロディに乗せて歌い上げています。家族や友人、そしてもちろん大切な恋人などと聞いてほしい1枚です。
商品レビュー  歌詞をよく見ると昔の暖かいGLAYがいてなんだかほっと安らげるアルバムでした。TAKUROのソロに近いGLAYのアルバムです。聴くとハイテンションになるのではなくリラックスできるアルバムです。疲れた時に、寝るときに、子守歌代わりになるようなそんな一枚ですよ。ロックに疲れたときお勧めです。

The Roots

Do You Want More?!!!??!

発売日:1995-01-17
ランキング 29962 位  渋甘
商品レビュー  Things・・・を聴いてROOTSに興味を持ったんですけど、 このアルバムはダラダラした曲想が多くて正直期待はずれ。 必ずしも生楽器がサンプリングよりも優れてるわけじゃないということが分かる。ATCQなんかはもっとエネルギッシュでユーモアがありますよ。
商品レビュー  巷に溢れるジャズチックなヒップホップ。大半は残念ながら耳障りが良く 甘いメロディ以外に何ら残るものがない、模倣に終わっています。 The Rootsはオーガニック・ヒップホップというスタイルを用いてメロウ なだけに終わらぬ、悲しみや怒りをも飲み込んだ強靭な音を作りだしています。 全体の完成度なら「things fall apart」を推しますが、瞬間に心に刻み付ける 印象はこのアルバムが一番強いように思います。 聞き込むたびにクエストラヴの乾いたドラムと、その間から流れ込む キーボードの柔らかな音色の虜になること請け合いです。 「mellow my man」「what goes on Pt. 7」「silent treatment」の様な 静かに淡々と紡がれるスタイルの曲が、やはり彼らの持ち味が最も活かされて いるように感じます。
商品レビュー  geffenから出す前にtalkin loudから出たlpにdo you want moreが入っていて 初めて聴いたそのときから毎年ライブに行くほど、はまりました サンプリング無しにhhはないという価値観を壊したのはrootsであるというのは間違いないと思います!essaywhumanを聴けばscrachもhhのドラムパターンもすべて忘れてエレピとブラックソートの掛け合いだけでこのアルバムを買う価値があると思います 純粋なjazzファンでも、いまの流行に便乗している似非jazz/hhにうんざりしている方がいるのであれば是非1度聴いて頂ければすべての音楽ファンに愛されている理由が分かると私は思います

The Roots

SOUNDS OF REVOLUTION

発売日:2006-07-12
ランキング 27364 位  渋甘
商品レビュー  INTROでサイモンの『大きな1歩よりも、小さな3歩』には感動した。 歌としてのはじまり、2曲めのMORNINGは今までなかった感じの曲なきがする。 FBのアルバムはいつも『なんか普通やなぁ』って思いながらも、何度も聞いてしまうのが不思議だ。 ってか、JUN 4 SHOT亀田に似すぎ。 ジャケの右に亀田がいるよぉ~(笑

The Roots

Super Roots, Vol. 7

発売日:2007-02-20
ランキング 34548 位  渋甘



関連ページ: The Roots(ザ・ルーツ)

Tag:shibuama 全員による大カヴァー(カバー)大会が、ライヴ(ライブ)の幸福感を満たしつつ、満面の笑みを呼んでくる。




コメント

非公開コメント

プロフィール

shibuama

Author:shibuama
Welcome to Shibuama !

全記事タイトルリストもご覧下さい。

渋甘web siteはこちら。

Computa館はこちら。

Tags:
* Music 
* Chart 
* UK 
* Singles 
* 英国 
* シングルチャート 
* BBC 
* Radio1 
* Shibuama 

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2ブログランキング

タグリスト

Tokyo electric Takei freestyle cars trams world Maeda tram LRT model 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。